セモヴェンテ da 75/34

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
セモヴェンテ da 75/34
Semovente 75 34.jpg
種類 自走砲
原開発国 イタリア王国の旗 イタリア王国
運用史
配備期間 1943年~1945年
配備先 イタリア王国の旗 イタリア王国
ナチス・ドイツの旗 ドイツ国
関連戦争・紛争 第二次世界大戦
開発史
製造業者 フィアット・アンサルド
製造期間 1942年~1943年
製造数 141両
諸元
重量 15 tonnes (33,069 lbs)
全長 5.04m
全幅 2.23m
全高 1.8m
要員数 3名(車長/砲手、操縦手、装填手/無線手)[1]

装甲 前面42mm
主兵装 75mm L/34砲
副兵装 8mm ブレダ Mod.38機関銃、1挺[1]
エンジン フィアットSPA 15TB M42 4ストロークV型8気筒液冷ガソリン
出力重量比 12.7hp/ton
行動距離 230km
速度 32km/h[1]
テンプレートを表示

セモヴェンテ da 75/34とは第二次世界大戦中に開発・使用されたイタリア自走砲である。本車は75mm L/34砲をM15/42戦車の車体に装備した。この車輌は1943年のローマ防衛で実戦投入され、また後にはドイツ国防軍イタリア北部バルカン半島で使用した。141両が戦時中に生産されており、この内60両は1943年9月のカッシビレの休戦の前に作られ、この後、81両をドイツが生産した。

開発[編集]

セモヴェンテ da 75/18の成功の後、より良い砲を搭載した自走砲の生産が決定された。これは対戦車能力を増強するためであり、75/18ではHEATの使用によってこの能力が与えられていた。

主砲のObice da 75/18 modello 34を野砲であるCannone da 75/32 modello 37へと換装し、M14/41戦車の車体を用いたいくつかの試作車輌が作られた[2][3]。 量産開始は1943年春である。結局、カルロ・アルマート P40の主砲と同型砲である75mm L/34砲をM15/42戦車の車体に搭載し、1943年9月のイタリア降伏までに60両ほどが生産された[4]

設計[編集]

以前のセモヴェンテから引き継がれたものがある一方で、本車はいくらか従来のものと異なっている。

21mm厚の2枚の装甲板を重ねる代わりに、前面装甲は42mm厚の1枚の装甲板で作られ、戦闘室のケースメート構造はより長い主砲を収められるよう改修された[1]。本車にはM15/42と同じ192馬力のガソリンエンジンが搭載され、最高速度38.4km/hを無理なく発揮できた[5]

作戦[編集]

イタリア陸軍による唯一の作戦投入例は、1943年9月8日から10日、不成功に終わったローマの防衛戦である。

カッシビレの休戦の後、イタリアは戦う側を切り替え、以前の同盟国であるドイツはイタリアの敵となった。12両ほどのセモヴェンテ da 75/34が「第135機甲師団アリエテII」の「CXXXV Gruppo」に配備された。数両のみが戦闘で破壊され、残余はドイツに接収された。ドイツ軍はこれらをイタリアとバルカン半島で使用した。1945年までに、ドイツの指示の下で約80両が生産された[6]

参考文献と脚注[編集]

  1. ^ a b c d Hall, David W. (2011). Blood and Guts: Rules, Tactics, and Scenarios for Wargaming World War Two. iUniverse. pp. 287. ISBN 978-1-4620-2554-1. 
  2. ^ Sgarlato, Nico (2006年6月). “Corazzati italiani 1939–1945”. War Set (10): 50. 
  3. ^ Cappellano, F.; Battistelli, P. P. (2012). Italian medium tanks : 1939–45. Oxford, UK: Osprey Publishing. p. 21. ISBN 978-1-84908-775-9. 
  4. ^ Bagnasco, Erminio; Castronovo, Valerio (1999). Storia dell'Ansaldo. Laterza. pp. 202–211. ISBN 978-88420-5928-8. 
  5. ^ Pignato, Nicola (2010). Semovente da 75/18 : tecnica e storia del primo semovente italiano. Parma: Albertelli. pp. 51–59. ISBN 978-8887372786. 
  6. ^ Cappellano & Battistelli (2012), pp. 32–33

外部リンク[編集]