セバスチャン・ハーディー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
セバスチャン・ハーディー
Sebastian Hardie
Sebastian Hardie live Japan.jpeg
(2003年7月、初来日公演)
基本情報
出身地 オーストラリアの旗 オーストラリア シドニー
ジャンル プログレッシブ・ロック
シンフォニック・ロック
活動期間 1967年 - 1977年
1994年
2003年
2011年 -
メンバー マリオ・ミーロ
トイヴォ・ピルト
ピーター・プラヴシック
アレックス・プラヴシック
ほか

セバスチャン・ハーディーSebastian Hardie)は、オーストラリアプログレッシブ・ロック・バンド。

略歴[編集]

1973年にシングル・デビュー。当初はまだプログレッシブ・ロック色は薄かったが、マイク・オールドフィールドに刺激され、壮大なプログレッシブ・ロックを追究するようになる。

1975年、ファースト・アルバム『フォー・モーメンツ』を発表(『哀愁の南十字星』という邦題で日本でも発売された)。地元オーストラリアでは「Rosanna」がシングル・カットされ、インストゥルメンタル曲ながらヒットした。翌1976年、アルバム『ウィンドチェイス』をリリースした後に解散[1]

マリオ・ミーロとトイヴォ・ピルトは、後継のバンド「ウィンドチェイス (Windchase)」を結成してアルバム『シンフィニティー』(1977年)を発表するが、ほどなく解散[2]

マリオはソロ活動に転じ、また、オーストラリアのTV業界では売れっ子の作曲家となる。

1994年ロサンゼルスで行われたフェスティバル「PROGFEST」で、オリジナル・メンバーによる再結成ライブを行う。この時の演奏は、1999年に『ライヴ・イン・LA』というタイトルでCD化された。

2003年7月、初来日公演。前座はマリオ・ミーロのバンドであった。以降、再び活動停止。

2011年に再結成。35年ぶりのアルバム『ブループリント』を発表した[3]

音楽性[編集]

マイク・オールドフィールドの影響を受けており、ライブでもマイクの代表曲「チューブラー・ベルズ」を取り上げている。また、サンタナの前座バンドを務めたことがあり、作品にもラテン・ロックの影響が感じられる。

メロトロンシンセサイザーを多用したシンフォニック・サウンドを背景に、メロディアスなギター・ワークが主役として鳴り響く、という構造が多い。

大作をドラマティックに展開させる作曲能力に長けており、『フォー・モーメンツ』『ウィンドチェイス』の両方に、レコードのA面を丸々使った大作が収録されている(『フォー・モーメンツ』のA面には、4つの曲名があるが、実質的には1つの組曲で、ライブでも続けて演奏されていた)。

メンバー[編集]

セバスチャン・ハーディー

  • ジョン・イングリッシュ (Jon English) – リズム・ギター、ボーカル (1968年–1971年)、プロデューサー (1975年)
  • グレアム・フォード (Graham Ford) – リード・ギター (1967年–1973年)
  • アナトール・コノニュースキー (Anatole Kononewsky) – キーボード (1968年–1972年)
  • アレックス・プラヴシック (Alex Plavsic) – ドラム、パーカッション (1968年–1976年)
  • ピーター・プラヴシック (Peter Plavsic) – ベース (1968年–1976年)
  • マリオ・ミーロ (Mario Millo) – リード・ギター、ボーカル、マンドリン (1973年–1977年)
  • スティーヴ・ダン (Steve Dunne) – キーボード (1972年–1974年)
  • トイヴォ・ピルト (Toivo Pilt) – キーボード (ムーグ、メロトロン、ピアノ、ハモンド・オルガン)、ギター (1974年–1977年)
  • ダグ・ネザーコート (Doug Nethercote) – ベース (1976年–1977年)

※ピーターとアレックスは兄弟。

ウインドチェイス

  • ダグ・ブリー (Doug Bligh) – ドラム (1976年–1977年)
  • マリオ・ミーロ (Mario Millo) – リード・ギター、ボーカル (1973年–1977年)
  • ダグ・ネザーコート (Doug Nethercote) – ベース (1976年–1977年)
  • トイヴォ・ピルト (Toivo Pilt) – キーボード、ギター (1974年–1977年)
  • ダンカン・マグワイア (Duncan McGuire) – ベース (1977年)
  • ラルフ・クーパー (Ralph Cooper) – ドラム (1977年)

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

  • 『フォー・モーメンツ』 - Four Moments (1975年) ※旧邦題『哀愁の南十字星』
  • 『ウィンドチェイス』 - Windchase (1976年) ※旧邦題『風の唄』
  • 『シンフィニティー』 - Symphinity (1977年) ※ウィンドチェイス名義。旧邦題『夢幻神殿』
  • Rock Legends (1980年) ※コンピレーション
  • Four Moments of the Windchase (1990年) ※コンピレーション
  • 『ライヴ・イン・LA』 - Sebastian Hardie – Live in L.A. (1997年) ※1994年録音
  • 『ブループリント』 - Blueprint (2011年)

シングル[編集]

  • "All Right Now" (1973年)
  • "Day After Day" (1974年)
  • "Rosanna" (1975年)
  • "Glad to be Alive" (1977年) ※ウィンドチェイス名義
  • "Flight Call" (1977年) ※ウィンドチェイス名義

関連アルバム[編集]

マリオ・ミーロ
  • 『エピックIII』 - Epic III (1979年)
  • 『ヒューマン・ゲイムス』 - Human Games (1983年)
  • 『オーシャンズ・オブ・ザ・マインド』 - Oceans Of The Mind (2001年)

マリオはその他多くのサウンドトラックアルバムを制作。

Tramtracks
  • See (2007年)
  • Rain (2008年)
  • You (2010年)

トイヴォ・ピルトが結成したバンド。

脚注[編集]

  1. ^ Sebastian Hardie - 必聴ロック名盤資料室
  2. ^ Windchase - 必聴ロック名盤資料室
  3. ^ セバスチャン・ハーディー 3/25: 36年ぶりの復活作 - diskunionオンライン

外部リンク[編集]