セネガルの言語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
セネガルの旗 セネガルの言語
公用語 フランス語
国語 ウォロフ語フラニ語セレール=シン語ジョラ=フォニ語マンディンカ語ソニンケ語バランタ=ガンジャ語英語版ハッサニア語マンジャク語英語版マンカニャ語英語版ノーン語英語版

セネガルの言語では、セネガルの言語事情について記述する。

セネガルは多言語国家である。エスノローグのデータベースでは36の言語がリストアップされている。

セネガルはかつてフランスの統治下にあり、独立後も公用語フランス語のみである。フランス語は、主に行政、教育に用いられているが、一般的にセネガルではフランス語を理解する人口は多くはない。公用語とは別に、国語として位置づけられている言語は、 ウォロフ語フラニ語プラール語英語版)、セレール=シン語ジョラ=フォニ語マンディンカ語ソニンケ語バランタ=ガンジャ語英語版ハッサニア語マンジャク語英語版マンカニャ語英語版ノーン語英語版である。

ウォロフ語は、リングワ・フランカとして、セネガル全土で広く通用しており、母語および第二言語としての話者は、セネガル人口の80%以上をしめている。続いて、フラニ語が広く話されている。ジョラ語はカザマンス地方の主要言語である。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]