セドリック・バワーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
セドリック・バワーズ
Cedrick Bowers
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 フロリダ州ゲインズビル
生年月日 (1978-02-10) 1978年2月10日(41歳)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
220 lb =約99.8 kg
選手情報
投球・打席 左投両打
ポジション 投手
プロ入り 1996年 MLBドラフト4巡目
初出場 NPB / 2004年6月26日
MLB / 2008年7月2日
最終出場 NPB / 2005年8月12日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

セドリック・ジェローム・バワーズCedrick Jerome Bowers , 1978年2月10日 - )は、アメリカ合衆国フロリダ州出身のプロ野球選手投手)。

横浜時代の登録名は、セドリック。楽天時代の登録名は、バワーズ。韓国球界での登録名は、세드릭

経歴[編集]

1996年MLBドラフト4巡目でタンパベイ・デビルレイズに入団。

2004年、シーズン途中にフロリダ・マーリンズ傘下3Aアルバカーキから横浜ベイスターズに移籍。入団時は山中正竹球団専務曰く「マイナー契約」での入団、専属通訳無しで寮住まいだった。登録名は「セドリック」(2001年 - 2002年シェーン・バワーズ投手が在籍していた為)。6月26日、対広島戦で初登板、2回無失点4奪三振のデビュー。7月17日、同じく広島戦で初先発、初完投、初勝利をあげた。最終的には吉見祐治スコット・マレンと共にチーム最多となる7勝をあげ、途中入団ながらエース級の活躍だった。

2005年も7勝5敗の成績を挙げたが前年より四球が激増するなど不安定な投球内容だったためシーズン終了後横浜を戦力外になり、楽天に移籍。登録名を「バワーズ」に変更した。横浜時代は2年間で通算14勝を挙げたが、これは横浜の外国人投手では歴代2位記録である。

2006年岩隈久志一場靖弘らとともに投手陣の柱として期待されたが、母親の看病のため帰国したため開幕一軍はならなかった。その後二軍で一軍昇格へ向け調整していたが、二軍の試合中に左肩を痛め、結局一軍に昇格することは無く9月中に球団から退団が発表された。野村監督は、「バワーズは会ったことない。街で会っても分からんな。サギや」とのコメントを残している。

2007年、韓国のハンファ・イーグルスと契約し、先発として活躍したが、不安定な投球内容が評価されず1年限りで退団した。登録名は横浜在籍時と同じ「セドリック」だった。

2008年コロラド・ロッキーズとマイナー契約。開幕メジャー入りは出来なかったが、7月1日にメジャー初昇格。7月2日にメジャー初登板し1回1安打無失点という内容だった。

2009年フィラデルフィア・フィリーズとマイナー契約。

2010年オークランド・アスレチックスとメジャー契約したが、シーズン後、自由契約となった。

プレースタイル・人物[編集]

しなやかなフォームから140km/h台中盤のストレートに加え、ナイアガラカーブと言う大きく曲がるカーブチェンジアップが持ち味だが、四球が非常に多く、攻撃陣のリズムを乱すほど。

専属通訳なし、寮住まいという、外国人選手としては異例の契約で入団し、初年は活躍を見せる。翌年、他の外国人選手と同等の待遇に引き上げられたが、成績が落ち、その後移籍した楽天でもほとんど活躍できなかった。

彼の母親の名前はグロリアであり、本人の名前(セドリック)も相まって日産自動車関係の話題が多かった(なお日産は当時の本社こそ東京都中央区銀座にあったが、横浜市が発祥地・現本社所在地である)。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2004 横浜 20 16 1 0 1 7 4 0 -- .636 453 104.1 102 13 39 1 6 90 6 0 47 41 3.54 1.35
2005 18 17 2 0 0 7 5 0 0 .583 492 112.2 104 14 66 1 4 96 4 0 57 48 3.83 1.51
2007 ハンファ 28 28 0 0 0 11 13 0 0 .458 714 158.1 143 7 104 4 10 140 11 0 81 73 4.15 1.56
2008 COL 5 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 33 6.2 11 2 5 0 1 5 1 0 10 10 13.50 2.40
2010 OAK 14 0 0 0 0 0 1 0 0 .000 62 14.0 12 4 6 1 1 18 0 0 9 7 4.50 1.29
NPB:2年 38 33 3 0 1 14 9 0 *0 .609 945 217.0 206 27 105 2 10 186 10 0 104 89 3.69 1.43
KBO:1年 28 28 0 0 0 11 13 0 0 .458 714 158.1 143 7 104 4 10 140 11 0 81 73 4.15 1.56
MLB:2年 19 0 0 0 0 0 1 0 0 .000 95 20.2 23 6 11 1 2 23 1 0 19 17 7.40 1.65
  • 「-」は記録なし
  • 通算成績の「*数字」は不明年度がある事を示す

記録[編集]

NPB投手記録
NPB打撃記録
  • 初安打:2004年8月15日、対読売ジャイアンツ22回戦(東京ドーム)、3回表に佐藤宏志から二塁バントヒット
  • 初打点:2005年7月30日、対広島東洋カープ12回戦(広島市民球場)、2回表にマイク・ロマノから遊撃適時内野安打

背番号[編集]

  • 50 (2004年 - 2005年)
  • 62 (2006年)
  • 26 (2007年)
  • 31 (2008年)
  • 57 (2010年)

登録名[編集]

  • セドリック (2004年 - 2005年)
  • バワーズ (2006年)

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]