セットバック (土地利用)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

土地利用におけるセットバック: setback)とは、街路または道路またはその他の水路または氾濫原、もしくはその他の防護が必要と見なされる場所から、建物またはその他の構造物を後退させる距離である。自治体によっては、フェンス造成地、浄化槽、および各種の潜在的危険物または有害物からのセットバックを義務付けている場合もある。一般にセットバックは、自治体の条例都市計画で定められている。国、州、連邦が建設・管理する道路からのセットバックが、国、州、連邦の法律で規定されている場合もある。

住宅に関しては、互いに接触して建てられないように、敷地境界からのセットバックが定められているのが一般的である。電気・ガス・上下水道等の供給事業者が建物やメーターにアクセスしやすくすることも、セットバックを確保する目的になる。敷地境界線ではなく、道路通行権を基準にセットバックを定める自治体もある。1916年に米国でゾーニングによる土地利用規制が始まる前に設立された米国の自治体のように、セットバックの規定を持たない都市も多い。近年、ゾーニングによる土地利用規制や、前庭の芝生用のセットバックなどを定めた土地開発規制などは、都市におけるスプロール現象、自動車依存、低密集化などを進行させると批判する都市計画家もいる。この立場の専門家としては、ジェイン・ジェイコブズ(Jane Jacobs)が最も有名である[要出典]

関連項目[編集]

  • 2項道路(みなし道路) - 建築基準法第42条第2項の規定により、幅員4メートル未満の道について、(原則)道路の中心線から水平距離2メートルセットバックした線を道路の境界線とみなす。