セットとセッティング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

セットとセッティング (Set and setting) とは、向精神薬、特に幻覚剤の体験の条件関係の説明である。ある人の見方(セット)、および、体験時の身体と社会的な環境(セッティング)のことである。特に、治療的また娯楽的な幻覚剤の体験に関している。この用語は、ノーマン・ジンバーグ英語版が造語し、サイケデリック療法英語版の研究者に広く受け入れられている。[1]

「セット」とは思考、気分、期待など個人が体験に持ち寄る精神状態である。「セッティング」とは身体と社会環境である。社会的支援のネットワークは、サイケデリック体験の結果に特に重要であることが示されている。[2] 意識的、無意識的に体験の流れを制御したり導いたりすることが可能である。ストレス、恐怖、不快な環境は不快な体験(バッドトリップ英語版)につながることがある。逆に、快適で安全な場所で、くつろぎ、暖かくした、好奇心のある人では、心地よい体験ができる可能性が高い。

ティモシー・リアリーらによる『チベット死者の書サイケデリック・バージョン』では、幻覚剤の反応は化学物質とは関係なく、セットとセッティングの働きであり、最も重要なのはセッティングにおける他人の行動だと説明されている[3]。また徹底的に準備しセットした場合には、セッティングは重要ではない[3]。1966年、ティモシー・リアリーは、セットとセッティングを管理しての、ジメチルトリプタミン (DMT) による一続きの実験を行った。その目的は、恐怖誘発薬とみなされていたDMTが、支援的な環境では心地よい体験を生じさせることができるかということである。そして、それは可能であった。[4]

アンドルー・ワイルによれば、セットとセッティングの理論は薬理学の理論を超えており、セットを考慮しないことには、ハイになるために多く摂取する人々や、それよりも少なく摂取したのに毒キノコだと思い気持ち悪くなる人々の違いが説明できず[5]、つまりその作用を変えてしまう要因にセットがあり、はじめて体験するとか、多量に服用すると起こりやすい[6]シロシビン#心理的作用も参照。

セットとセッティングは宗教的な観点でも研究されている[7]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ Metzner, R. (1989年). “Molecular Mysticism: The Role of Psychoactive Substances in the Transformation of Consciousness”. The Gateway to Inner Space (Dorset: Prism Press). http://www.psychedelic-library.org/metzner.htm. 
  2. ^ Shewan, D.; Dalgarno, P.; Reith, G. (2000年). “Perceived risk and risk reduction among ecstasy users: the role of drug, set, and setting”. International Journal of Drug Policy 10: 431–453. doi:10.1016/S0955-3959(99)00038-9. http://www.maps.org/research-archive/mdma/litupdates/human/demographics/08.02/shewan2000.html. 
  3. ^ a b ティモシー・リアリー、リチャード・アルパート、ラルフ・メツナー 『チベットの死者の書―サイケデリック・バージョン』 菅靖彦訳、八幡書店1994年、129-。ISBN 4-89350-319-7 Leary, T.; Metzner, R.; Alpert, R. (1969). The Psychedelic Experience: A Manual Based on the Tibetan Book of the Dead. London: Academic Press. ISBN 9780806516523. http://www.lycaeum.org/books/books/psychedelic_experience/tib1.html. 
  4. ^ Leary, T. (1966年). “Programmed Communication During Experiences With DMT”. The Psychedelic Review (Multidisciplinary Association For Psychedelic Studies) 1 (8): 83–95. http://deoxy.org/h_leary.htm. 
  5. ^ アンドルー・ワイル 『太陽と月の結婚―意識の統合を求めて』 上野圭一訳、日本教文社刊、1986年、7-9、101-102頁。ISBN ISBN 4-531-08040-8 The Marriage of the Sun and Moon, 1980
  6. ^ A・ワイル、W・ローゼン 『チョコレートからヘロインまで―ドラッグカルチャーのすべて』 ハミルトン遥子訳、第三書館1986年(原著1983年)、35、142頁。ISBN 978-4-8074-8611-3
  7. ^ Rosegrant, John (1976年). “The Impact of Set and Setting on Religious Experience in Nature”. Journal for the Scientific Study of Religion 15 (4): 301–310. doi:10.2307/1385633. https://www.researchgate.net/publication/272579916_The_Impact_of_Set_and_Setting_on_Religious_Experience_in_Nature. 

さらに読む[編集]