セッション層

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
OSI参照モデル
7 アプリケーション層  
6 プレゼンテーション層
5 セッション層
4 トランスポート層
3 ネットワーク層
2 データリンク層
1 物理層

セッション層: Session layer)とは、OSI参照モデルにおける七階層の内の第五層である。そこではプレゼンテーション層からのサービス要求に応じ、またトランスポート層に対してサービス要求を行う。

セッション層はエンド・ユーザのアプリケーション・プロセス間でセッションの開始、終了、管理の機構、すなわち半永続的な対話を提供する。通信セッションはアプリケーション間で起こる要求(リクエスト)と応答(レスポンス)で構成される。セッション層は一般的にリモート・プロシージャ・コール(RPC)を使用するアプリケーション環境で使用される。

セッション層プロトコルの一例として、X.225やISO 8327としても知られるOSIプロトコル群セッション層プロトコルが有る。接続が途切れた場合、このプロトコルは接続の回復を試みる事ができる。もし接続が長時間使われない場合は、セッション層プロトコルは接続の終了と再開ができる。セッション層は全二重または半二重通信のいずれかに備え、交換されるメッセージの流れに同期点を提供する。[1]

セッション層のその他の実装例には、Zone Information Protocol(ZIP) - プロセスを結び付ける名前を調整するAppleTalkプロトコルや、Session Control Protocol(SCP) - DECnet Phase IVのセッション層プロトコルが有る。

要するに、セッション層は協調するアプリケーション間で通信(セッション)を確立し、管理し、終了するものである。また通信フロー情報を付加する。

インターネットでのセッション層の対応[編集]

セッション層は4層または5層のTCP/IPモデルでは個別のプロトコル層や手続きとしては存在しないが、その機能性はTCP/IPモデルのトランスポート層やまた幾つかのTCP/IPモデルのアプリケーション層プロトコルによって部分的に提供される。しかしながら、その機能の大半は普通はインターネット・アプリケーションでは使われない。

OSI参照モデルは、TCPプロトコルの特性であり、フォーウェイ・SYNハンドシェイクにより提供されるセッションの正常な終了を、セッション層の責任とした。

OSI参照モデルは、インターネット・プロトコル・スイートで普段は使われない、セッションのチェックポイントと復旧についてもセッション層の責任とした。しかしながら、役に立つ概念の数種のアプリケーション層プロトコルが有る。それは、恐らく異なる送信元から発信され、適切に結合される、異なる流れの情報を許容するという考えである。特に、それは同期の問題、および誰もデータの矛盾したバージョンを見ない事を確認する事や類似の事を扱う。

ぱっと思いつくアプリケーションとしてWeb会議が挙げられる。ここで、私たちは確かめたい。流れる音響と映像が合っているのだろうか。また別の言葉で言えば、私たちはリップシンク問題を持っていないか。私たちは発言権制御(画面上に表示される人、および誰の言葉が中継されるかは、話者またはその他の基準によって選択された物にする事の確保)をする事を求めても良い。

その他の大きなアプリケーションは生放送テレビ番組に有る。私たちは僅かな空白放送や、同時に2つの映像を送る時の僅かな時間を持っていないので、音響と映像の流れは一方から他方へ境目無く結合される事が必要である。

セッション層サービスの一覧[編集]

[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]