セックス・マシーン (曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
セックス・マシーン
ジェームス・ブラウンシングル
B面 セックス・マシーン(パート2)
リリース
規格 7インチ・シングル
録音 ナッシュビル、スターデイ・キング・スタジオ(1970年4月25日)
ジャンル ファンク
時間
レーベル キング・レコード
作詞・作曲 ジェームス・ブラウン、ボビー・バード、ロン・レンホフ
プロデュース ジェームス・ブラウン
チャート最高順位
ジェームス・ブラウン シングル 年表
Brother Rapp
(1970年4月)
セックス・マシーン
(1970年6月)
Super Bad
(1970年9月)
テンプレートを表示

セックス・マシーン」(Get Up (I Feel Like Being a) Sex Machine)は、ジェームス・ブラウン1970年に発表した楽曲。

ローリング・ストーンの選ぶオールタイム・グレイテスト・ソング500(2010年版)では326位にランクされている。

概要[編集]

ジェームス・ブラウンは1970年3月に新しいバンド、JBズを結成。「セックス・マシーン」はJBズと共にレコーディングされた最初の作品の一つである。1970年4月25日、ナッシュビルのスターデイ・キング・スタジオで録音された。ブラウンとボビー・バードは曲の終盤で、エルモア・ジェームスの「シェイク・ユア・マネーメイカー」を歌う。間奏のピアノはブラウン自身が弾いている。レコーディングは2テイクで完成した[2]

同年6月、シングルA面を「パート1」、B面を「パート2」として発表[1]ビルボード・Hot 100で15位を記録。また、ビルボードのHot R&B Singlesチャートで2位、イギリスで32位を記録した。

同年9月に発売されたライブ・アルバム『Sex Machine』に10分48秒のバージョンが収録されるが、これはスタジオでレコーディングされたものに効果音や歓声をかぶせて実況録音風にしたバージョンである。

イギー・ポップが1996年にカバーしている。

演奏者[編集]

脚注[編集]