セサル・アイラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
セサル・アイラ
Cesar Aira
Cesar Aira Wikipedia.jpg
誕生 (1949-02-23) 1949年2月23日(70歳)
アルゼンチンの旗 アルゼンチン ブエノスアイレス州
職業 小説家、エッセイスト
国籍 アルゼンチンの旗 アルゼンチン
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

セサル・アイラ(César Aira Aira、1949年2月23日 - )はアルゼンチン人の作家。

ブエノスアイレス州コロネル・プリングレス生まれ。ブエノスアイレス在住。1975年に小説『モレイラ』を刊行したのを皮切りに、次々と作品を発表。

ブエノスアイレス大学およびロサリオ大学で教鞭を執る。

フランス政府芸術文化勲章シュヴァリエ、ロジェ・カイヨワ賞等受賞。2015年にはブッカー国際賞のショートリストに選ばれたが受賞はできなかった。

1992年刊行の「試練」は、ディエゴ・レルマン監督によって映画化された(邦題『ある日、突然。』)。

日本語訳[編集]

  • わたしの物語(柳原孝敦訳、2012年、松籟社)
  • 文学会議(柳原孝敦訳、2015年、新潮クレスト・ブックス)