セクシーパブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

セクシーパブとは、女性接客係が男性客の座るソファーの横で接待し、飲食および体に触らせるサービス(以下、セクシーサービスという)を提供している飲食店。略してセクパブ。

概説[編集]

基本はキャバクラのシステムに準じているが、客が女性接客係の体を触るなどの行為を行えるなどの点でキャバクラとは異なる。一般には、ソファーに座っている客の上へ女性が対面で乗り、女性が服を脱いだりキスをするといったサービスを行う店であるが、店舗によっては服または下着の上からのソフトタッチのみの場合もある。

性的サービスはお触りのみで、ピンクサロンとは異なり射精させるサービス(抜き)は提供していない。しかし一般的なセクシーパブとは別に、抜きのサービスをプラスした「抜きキャバ」(ヌキキャバ)もある(後述)。

同義語として、セクシーキャバクラ(セクキャバ)、お触りキャバクラお触りパブおっぱいパブ(おっパブ)、ハッスルパブ、類似店舗としてランジェリーパブ(衣装はランジェリーでキャバクラ同様にお触りは無し)等がある。キャバクラ情報誌、キャバクラ情報サイト上ではセクシー系エクストリーム系エンターテインメント系などと分類される。

札幌市すすきの)を始めとする北海道東北地方北部、北九州市を始めとする九州地方の一部など、地域によっては「キャバクラ」といえば通常セクシーパブに該当するサービスを行っている店舗のことであり、その他の地域でのキャバクラに該当するものは、北海道・東北では「ニュークラブ」、九州では「ラウンジ」という呼称が用いられている。

基本的に客側が積極的に女性を触るが、女性接客係が積極的に男性客を触る「逆セクキャバ」(逆セクハラパブ)と呼ばれる店舗もある。一般的なセクシーパブの中にも「逆セクハラコース」を設けて、客がそのコースを選択した場合に「逆セクキャバ」のサービスを提供している店舗がある。

また、ガールズバーゲイバーニューハーフキャバクラでもセクシーサービスを取り入れている店舗もある。

ハード系セクキャバ[編集]

一般的なセクシーパブよりも過激なサービスを提供する店舗においては、男性客に対して女性接客係の下半身を触らせるサービスを提供している。このような過激なサービスを提供する店舗はハード系セクキャバと呼ばれる。同義語として過激系セクキャバと呼ばれる場合もある。

ハード系セクキャバと対比して、女性接客係の下半身へのお触りを認めていない店舗をソフト系セクキャバと呼ぶ場合もある。

抜きキャバ[編集]

一般的なセクシーパブにおいては、性的サービスはお触りのみで、女性接客係が男性客を射精させるサービス(抜き)はないが、抜きのサービスをプラスした「抜きキャバ」(ヌキキャバ)とよばれるセクシーパブもある。

「抜きキャバ」と呼ばれる店舗では、通常は一般的なセクシーパブと同様のサービス内容であるが、客が追加料金を支払うことによって、個室に移動して性的サービスを受ける(個室サービス)ことができる。個室サービスの内容はピンクサロンと同様にフェラチオを中心としたサービスが基本だが、店舗によっては性交渉(本番行為)を認める店もある。札幌市(すすきの)で発祥し、1990年代後半以降は東京都を中心に各都市で多くのセクシーパブがこうしたサービスを取り入れるようになった。

ただし、風営法上は飲食店で性交渉を行うことはグレーゾーンとなっており、特に東京都においては、2004年以降の「歌舞伎町浄化作戦」で都内のほぼすべての「抜きキャバ」が摘発され壊滅に追い込まれたという[1]。しかし近年では「歌舞伎町浄化作戦」の主導者だった元東京都知事および元東京都副知事がいずれも都政から離れたこともあり、歌舞伎町を中心に都内でも「抜きキャバ」の営業が再開されているのが『アサヒ芸能』の取材によって確認された[2]

おさわり系ホストクラブ[編集]

男性向けばかりではなく、女性向けのセクシーパブとして「おさわり系ホストクラブ」(お触り系ホストクラブ)という風俗店も営業している。

「おさわり系ホストクラブ」のサービス内容は、基本的に全店舗でハード系セクキャバとほぼ同じサービスを提供している。ホストクラブと同様にホストと呼ばれる若い男性接客係が女性客を接客するシステムであるが、女性客がホストの男性器を触って遊ぶ風俗である。

このような店舗ではホストが女性客を接客する際、下着(シースルービキニブリーフTバックブリーフが多い)を穿いただけの姿になるか、もしくは着衣のままズボンと下着を下ろし、女性客がホストの男性器をもてあそぶ。女性客に触られている間、ホストはずっと勃起している。男性向けのセクシーパブと同様に性的サービスはお触りのみであり、女性客はホストの男性器を触って勃起させたり、勃起した男性器を触ったり舐めたりしてもてあそぶといった行為をお遊び感覚で楽しんでいる。女性客がホストの男性器を刺激して射精させることを楽しむことも多い。

一般的なホストクラブというより女性向けの風俗として分類されるが、店名ではあえて「おさわり」を掲げずに普通に「ホストクラブ」とのみ謳っている店舗が多い。口語表現では俗に「お触りありのホストクラブ」「お触りありの店」「お触り系の店」などとも呼ばれる他、「おっパブ」の男性版として「チンパブ」と呼ばれることもある。

法律上の位置づけ[編集]

風営法上はキャバクラ若しくはキャバレーと同様である。「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律」第2条に定義される風俗営業1号ないし2号として公安委員会の許可を受けて営業することとなる。風俗営業のため客を接待する業務を行う者として雇用できるのは18歳以上の者である(同法22条)。また、18歳未満の者は入店できない(同法18、22条)。

システム[編集]

  • チップ制
    チップを払うことでセクシーサービスを行う形式。
  • ダウンタイム制、ショータイム制
    定時になると店内が暗くなり、セクシーサービスを行う形式。
    基本的に1セットは40分である。そこで客一人に対し1人ないし3人の女性が交代でサービスを行う。
  • 個室制、プライベート制
    個室に行き、セクシーサービスを行う形式。
  • オールタイム制、常時おさわり制
    常時セクシーサービスが可能な形式。

指名、本指名などのシステムはキャバクラに準じている。

※上記のシステムを組み合わせて併用する店もある。

関連飲食店[編集]

キャンパスパブ
女子大生アルバイトホステスをしていることを売り物にする店。
または、ホステスが女子高生の制服を着用したり、女子大生風の衣装を身に着けて男性客を接待する店のことを言う場合もある。
フィリピンパブ
ホステスが主にフィリピン人であるパブ。
ショーパブ
飲食をしながら、ステージのショーが楽しめるパブ。
セクシーパブに近いサービスを提供している店舗では、ステージで踊る女性ダンサーと客が絡むことができる。
抜きキャバ(ヌキキャバ)
一般的なセクシーパブのお触りサービスに加えて、追加料金を払うと個室に移動して性的サービスを受けられる(個室サービス)制度の風俗店。
2004年以降に都知事主導の「歌舞伎町浄化作戦」によって東京都内の抜きキャバは壊滅に追い込まれたが、近年は都内における営業の再開が確認されている。
おさわり系ホストクラブ(お触り系ホストクラブ)
女性客がホストの男性器を触って遊ぶ、女性向けのハード系セクキャバ
逆セクキャバ(逆セクハラパブ)
女性接客係が積極的に男性客の体を触って愛撫するというサービスを提供する店。
一般的なセクシーパブの中にも「逆セクハラコース」を設けて、このようなサービスを提供する店舗もある。
ランジェリーパブ(ランパブ)
ホステスが下着姿で男性客を接待するパブ。セクキャバの形態を取り入れている店舗と、ホステスの体を触ることは禁止されている通常のキャバクラのような店舗がある。
ノーパン喫茶
ウェイトレスが下着を穿かない状態(ノーパン)でミニスカートを穿くというスタイルで接客する成人向けの喫茶店。
類似業種として、ミニスカートのウェイトレスのパンチラを楽しむパンチラ喫茶や、ノーパン喫茶と同様にウェイトレスが下着を穿かずにミニスカートで接客するノーパンしゃぶしゃぶノーパン焼肉が存在する。
自衛隊パブ
ホステスが女性自衛官の服装を真似た衣装で男性客を接待するパブ。
ピンクサロン
女性が男性客をフェラチオなどで射精させるサービスを提供する風俗。

関連項目[編集]

脚注[編集]