セオドア・ミロン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
セオドア・ミロン
Theodore Millon
生誕 セオドア・ミロン
Theodore Millon
(1928-08-18) 1928年8月18日
死没 (2014-01-29) 2014年1月29日(満85歳没)
居住 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
研究分野 心理学
研究機関 ハーバード大学医学大学院
マイアミ大学
プロジェクト:人物伝

セオドア・ミロン: Theodore Millon1928年8月18日2014年1月29日)は、アメリカ合衆国心理学者パーソナリティ障害研究で知られる[1]

ミロンはリトアニアポーランドから移住したユダヤ人の両親もとに1928年に産まれた。アメリカヨーロッパの大学で学位を取得し、「the Journal of Personality Disorders 」誌の立ち上げに関わっている。ミロンはパーソナリティ障害に関する論文を精力的に発表しており、晩年はハーバード大学医学大学院精神科名誉教授マイアミ大学名誉教授となっている。『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM)作成にも大きく貢献した。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ セオドア・ミロン「DSMにおける自己愛人格障害 —歴史的展望と今後の方向性」、『エルザ・F・ロニングスタム(編):自己愛の障害 —診断的、臨床的、経験的意義』、金剛出版、東京、2003年11月、 79-101頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]