セオドア・エジソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

セオドア・ミラー・エジソン(Theodore Miller Edison、1898年7月10日 - 1992年11月24日)はアメリカ合衆国ビジネスマン発明家環境活動家である。トーマス・エジソンの4番目の息子として、またCalibron Industriesの創始者として知られる。

1898年7月10日、エジソンはニュージャージー州ウェストオレンジで生まれた。父親は発明家のトーマス・エジソン、母親は実業家ルイス・ミラーの娘のミナ・ミラー(Mina Miller、1865年 - 1947年)であり、2人の間の3番目の子供であった。アメリカ合衆国海軍長官代行や、第42代ニュージャージー州知事となったチャールズ・エジソンは兄に当たる。ペンシルベニア州のハバフォード校(ハバフォード大学の付属校。12歳までの児童が学ぶ小学校)を経て、ニュージャージー州のモントクレア・キンバーレイ・アカデミーを1916年に卒業した[1][2]。その後、最終的にマサチューセッツ工科大学を卒業。1923年物理学の学位を取得し、翌1924年までMITの大学院で勉強を続けた[3]

1925年に、ヴァッサー大学の大学院生だったアンナ(アン)・マリア・オスターホウトと結婚[4]

大学院を中退した後、セオドアは父親トーマスの会社Thomas A. Edison, Inc.で、実験助手として働き始めた。その後自分の会社Calibron Industriesを設立し、ウェストオレンジで自分用の小さな実験室を建てた。生涯に80の特許を取得した。

老年期に入ると熱心な環境活動家になり、ベトナム戦争に反対したり、人口爆発問題の抑制に携わったりした。

1992年11月24日に、故郷のウェストオレンジで死去。94歳の長寿だった[3]

脚注[編集]

  1. ^ “Edison Sees Son Graduated.” (PDF). The New York Times. (June 10, 1916, Saturday). http://query.nytimes.com/mem/archive-free/pdf?_r=1&res=9F04E7DE173BE633A25753C1A9609C946796D6CF&oref=slogin 2013年12月15日閲覧。 
  2. ^ Edison Family Album: Theodore Miller Edison, National Park Service.2013年12月15日閲覧.
  3. ^ a b Pace, Eric (1992年11月26日). “Theodore M. Edison; An Illustrious Father Guided Inventor, 94”. ニューヨーク・タイムズ. http://query.nytimes.com/gst/fullpage.html?res=9E0CEEDA173DF935A15752C1A964958260 2013年12月12日閲覧. "Theodore M. Edison, an inventor, environmentalist and philanthropist who was the last surviving child of the inventor Thomas Alva Edison, died on Tuesday at his home in West Orange. He was 94 years old. He died of Parkinson's disease, said a cousin, Kim Arnn. After Thomas Alva Edison died in 1931, Theodore Edison took charge of his father's experimental laboratories in West Orange. His father's more than 1,000 inventions included the microphone, the phonograph and the incandescent electric lamp." 
  4. ^ “Engaged”. タイム. (1924年). http://www.time.com/time/magazine/article/0,9171,880723,00.html 2013年12月12日閲覧. "Theodore M. Edison, of West Orange, N. J., son of Thomas A. Edison, famed inventor, to Miss Anna Maria Osterhout, of Cambridge, Mass. Her father, a Professor in the Botany Department of Harvard, precipitated wide discussions in 1918 by averring that food could be obtained from sunlight, air, water." 

外部リンク[編集]