セイイェド・アリー・モハンマド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

セイイェド・アリー・モハンマドペルシア語:سید علی محمد,アラビア語:سيد علي محمد,トルコ語:Seyyid Ali Muhammed、本名ミールザー・アリー・モハンマド、別名バーブ1819年10月20日 - 1850年7月9日)は、イスラム教シーア派十二イマーム派の一派、シャイヒー派の宗教改革者、後に預言者であることを宣言し、「バーブ」(アラビア語で「門」の意)と名乗り「バーブ教」を開祖した。

ハイファにあるバーブの聖廟
セイイェド・アリー・モハンマドの肖像

セイイェド・アリー・モハンマドは1844年5月23日に自分は十二イマーム派の約束されたマフディーの再来であると宣言し、イスラーム自由主義的改革を訴え支持を集め始めた。これに対して十二イマーム派の聖職者たちの多くが反発し、バーブを異端者、更には背教者と断罪した。

バーブ教徒は十二イマーム派聖職者とその扇動する群衆によって攻撃を受け、時には数千人規模の犠牲者を生む戦闘も起きた。1846年以降は断続的に拘留され、1850年7月9日に銃殺された。その後数ヶ月内に他の多くの直弟子が同じ運命をたどった。 生き延びたバーブの高弟の一人ミールザー・ホセイン・アリーは、1863年にバーブが登場を予言していた新預言者「バハー・ウッラー」であると宣言して「バハーイー教」を創始した。そのためバハーイー教でもバーブは崇敬されている。

生涯[編集]

生い立ち[編集]

1819年10月20日、シーラーズの中流商人ムハンマド・リダーの息子として生まれた。母親はシーラーズの有名な商人の娘でファーティメー(1800-1881)。両親は、預言者ムハンマドの娘ファーティマアリーの子孫(セイイェド、サイード)であると主張した。ファーティメーは後にバハーイー教徒となる。父ムハンマド・リダーは若い内に死に、同じく商人であった母方叔父のハージー・ミールザー・セイイェド・アリーに養育された。マクタブ(初等学校)で6~7年学んだ後、15歳から20歳まで叔父の家業を継ぎペルシャ湾近くのブシェール市で商業を営んだ。

結婚[編集]

1842年、ハディージェ・バゴム(以下「ハディージェ」と記載)と結婚した。セイイェド・アリー・モハンマドは23歳でハディージェは20歳であった。アフマドと名づけた子供が産まれたが、その年の中に亡くなった。夫婦はシーラーズの家で母親と暮らした。ハディージェは後にバハーイー教徒となった。

シェイク派運動[編集]

1790年、ペルシャで、シェイク・アフマド(1753-1826)が十二イマーム派内で宗教運動を始めた。彼の信奉者はシェイク派と知られ、アフル・ル・バイトのマフディーと呼ばれるアル・カーイムの差し迫った現れを待ち受けていた。シェイク・アフマドの死後はカーゼム・ラシュティー(1793-1843)が指導した。

1841年、バーブはイラクへと巡礼を行い、七か月のほとんどをカルバラー周辺に留まった。彼はそこでカーセム・ラシュティーと会ったと信じられている。そこでカーゼム・ラシュティーの講義に参加したと思われるが、この期間については文書かされていない。

1843年12月、カーゼム・ラシュティーは死の時、シェイク派の信奉者たちに彼の預言によればまもなく現れるマフディーを探すために忠告した。これらの信奉者の一人のモッラー・ホセインはモスクで40日間徹祷した後、シーラーズに旅をし、そこでバーブと会った。

モッラー・ホセインへの言明[編集]

ハディージェが目撃したバーブの最初の宗教的なインスピレーション体験は、1844年4月3日の夕べであった。バーブの使命の公の接触はシーラーズでモッラー・ホセインが到着したときに起こった。5月22日の夜、モッラー・ホセインはバーブに家に招かれた。モッラー・ホセインは、カーゼム・ラシュティーの相応しい後継者、約束された者を探していると告げた。バーブはモッラー・ホセインに、自分がカーゼム・ラシュティーの後継者であり、神秘の知識の所有者であると語った。モッラー・ホセインは、バーブの主張を最初に受け入れた。バーブはモッラー・ホセインの質問に満足いく返答をし、彼の目の前において、『カイユーム・ル・アスマー』という名で知られるようにあったクルアーン・ユースフ章の解説の最初の一章を書き表した。

活ける文字[編集]

モッラー・ホセインが最初の弟子となり、その五か月の中にカーゼム・ラシュティーの弟子たちの17人がバーブを神の顕示者と認めた。その中に、後にターヘレ(純粋)という名づけられた詩人、ファーティメ・ザッリーン・バラガーニという女性がいた。これらの18人の弟子は「活ける文字」と呼ばれ、イランとイラクの間で新しい信仰を広める任務が与えられた。

参考文献[編集]

  • 『バハイ教』-シリーズ世界の宗教-P.R.ハーツ著、奥西俊介訳、青土社出版、2003年

関連項目[編集]