ズムウォルト (ミサイル駆逐艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ズムウォルト
USS Zumwalt (DDG-1000) at night.jpg
基本情報
建造所 バス鉄工所
運用者  アメリカ海軍
経歴
発注 2008年2月14日
起工 2011年11月17日
進水 2013年10月28日
就役 2016年10月15日
その後 海上公試中
要目
基準排水量 14,564 トン
全長 600 ft (182.9 m)
全幅 80.7 ft (24.6 m)
吃水 27.6 ft (8.4 m)
機関 ロールス・ロイス マリン トレント ガスタービン2基
2軸推進
78 MW
最大速力 30ノット以上
乗員 士官、兵員 140名
兵装 62口径155mm単装砲 2門
30mm機関砲 2門
Mk 57 VLS(20セル) 4基
搭載機 SH-60 シーホーク 1機
MQ-8 UAV 3機
レーダー AN/SPY-3 多機能レーダー 3基
AN/SPS-73 対水上/航海用 1基
ソナー AN/SQS-60 中周波式 1基
AN/SQS-61 高周波式 1基
AN/SQR-20 曳航式 1基
テンプレートを表示

ズムウォルト英語: USS Zumwalt DDG-1000)は、アメリカ海軍ミサイル駆逐艦であり、ズムウォルト級ミサイル駆逐艦のネームシップである。アメリカ海軍作戦部長であった故エルモ・ズムウォルト・ジュニア海軍大将に因んで命名された。

徹底した傾斜平面造形からなるタンブルホーム型船形、砲身の収納機能、マストの廃止、レーダーアンテナの全面的固定フェイズドアレイ方式化などにより、在来のステルス設計艦艇と一線を画する高度なステルス性がある。建造費は43億ドル。

艦歴[編集]

ジェネラル・ダイナミクスバス鉄工所にて建造されて、2011年11月17日最初の船体ブロックが船台に据え付けられ起工となった。[1]

2013年10月13日進水し、2015年12月7日バス鉄工所を離れて海上公試を開始した。

2016年5月20日に海軍に引渡し[2]、10月15日に就役[3]。同年11月、就役。メリーランド州ボルティモアからカリフォルニア州サンディエゴへ回航する途中にパナマ運河内で故障し、近くのアメリカ海軍施設まで曳航されたこともあった[4]

実戦配備後は、佐世保での運用も予定されている[5]

脚注[編集]

  1. ^ BIW news (PDF)
  2. ^ Atherton, Kelsey D. (20 May 2016). Zumwalt Destroyer Delivered To The Navy. Harlan, IA: Popular Science. http://www.popsci.com/zuwalt-destroyer-delivered-to-navy 2016年5月23日閲覧。. 
  3. ^ 米最新鋭ステルス艦「ズムワルト」就役 司令官、中露を名指しで牽制「挑戦に対処…重要な役割] 産経ニュース2016年10月16日
  4. ^ 米海軍の最新鋭駆逐艦がパナマ運河で故障、えい航されるAFP通信(2016年11月23日)
  5. ^ 米海軍、佐世保にステルス艦想定 共同通信2016年2月11日

外部リンク[編集]