ズジスワフ・ベクシンスキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ズジスワフ・ベクシンスキー
Zdzisław Beksiński
Zdzislaw Beksinski in Sanok-crop.jpg
ベクシンスキー(1991年撮影)
生誕 1929年2月24日
Template:Country alias POL1918の旗 ポーランド サノク
死没 (2005-02-21) 2005年2月21日(75歳没)
ポーランドの旗 ポーランド ワルシャワ
国籍 ポーランドの旗 ポーランド
教育 クラクフ工業大学建築設計学部
著名な実績 絵画写真
ベクシンスキーのシグネチャ

ズジスワフ・ベクシンスキ、又はゾディソワフ・ベクシンスキーポーランド語: Zdzisław Beksiński [ˈzd͡ʑiswaf bɛkˈɕiɲskʲi]1929年2月24日 - 2005年2月21日)は、ポーランド画家写真家芸術家

概略[編集]

主に死、絶望、破損、廃退、廃墟、終焉などをモチーフに扱い、不気味さや残酷さと同時に荘厳な美しさを感じさせる画風が特徴。独特の世界観から多くの支持を得た画家である。作品自体は退廃的で「終焉の画家」と呼ばれるほどだが、彼自身は人当たりが良く少し内向的で、人との会話をよく楽しんだとして知られている。だが、政治不信、マスコミ嫌い等があり、普段は隠居のように暮らし制作に没頭しており、他の芸術に触れることも嫌ったため、ポーランド語以外は話さず、ポーランドから出ることも生涯なかった。

彼の作品にはすべてタイトルがついておらず、作品の理論付けや詮索を非常に嫌った。作品を描く際は、常に大音量のクラシック音楽をかけており、どこにいくにもクラシック音楽を共にしていた。ベクシンスキーは、作品をバロックゴシックと技法を分けており、最後5年ほどに手がけた作品はほとんどがゴシックである。1990年以降は、それらに加えて、コンピューターグラフィックスで写真の加工による作品も手がけており、死ぬ間際まで関心を持ち制作をおこなっていた。

来歴[編集]

幼少時のズジスワフ(右)。1941年に撮影。サノクにあったソ連軍の掩蔽壕の廃墟で友人と遊んでいる

ポーランド南東部のサノク出身。少年時代にナチス・ドイツポーランド侵攻を経験している。

祖父や父が建築関係者ということで、クラクフ工業大学建築設計学部に入学し、卒業後は建築業務で現場監督をするも不満を抱き、芸術の道へ進んだ。

1964年、初個展では作品の全てに買い手がつき、すぐさまポーランドの代表的な近代芸術家として認知された。当初は抽象画を描いていたが、1960年代の間に独自のゴシック的でシュルレアリスム的な、あるいは幻想的リアリズムと称される画風に移行する。

1998年、妻が亡くなる。1999年のクリスマスイブ、ポーランドの人気ラジオパーソナリティだった音楽評論家の息子トマシュ・ベクシンスキーポーランド語版が、薬物の過剰摂取により自殺した。ベクシンスキーはトマシュの死との折り合いを付けられず、『もし私がくたばった時に備えて、Tomek(息子の愛称)へ』と綴った手紙を壁にピンで留めていた。 

2005年2月22日、ベクシンスキーが自宅で頭部と胸部を何度も刺され殺害されているのが発見された。死亡時には75歳であった。ベクシンスキーの長年の友人であり、生活の世話もしていた人物の19歳の息子が主犯として、その従兄弟の16歳少年が共犯として後に逮捕された。借金の頼みを断られた事が犯行の動機と見られている。主犯の男には懲役25年が言い渡され、2007年に刑が確定した。[1]

関連文献[編集]

小話[編集]

大半のベクシンスキー作品を所有管理し、現在のベクシンスキー公式ギャラリーホームページも主催する、ピョートル・ドモホフスキによると、1990年代、日本でベクシンスキー画集が発売される以前に、ドモホフスキから59点に上るベクシンスキー作品を購入した日本人がいた。その後日本人は大阪で東欧美術館を開いたが、現在はすでに閉館されており、ドモホフスキからその日本人への連絡先も音信不通になった。しかし当時、東欧美術館から発行されたベクシンスキーの非売品作品目録(発行元:株式会社ファレヴァ和幸)は現存しており、確かにそれら目録の作品が日本に存在したのは事実だが、販売されたか保存されたままなのか、2011年現在も行方が判らないままである。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Danuta Filipowicz (2007年7月22日). “Murderer of Zdzislaw Beksinski convicted”. The Krakow Post. 2018年12月8日閲覧。

外部リンク[編集]