ズザーネ・ラウテンバッハー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ズザーネ・ラウテンバッハーSusanne Lautenbacher, 1932年4月19日 アウクスブルク - )はドイツヴァイオリニストミュンヘンを拠点とするヴァイオリン教師で、フロイント弦楽四重奏団のリーダーであったカール・フロイントに学んだ後、ヘンリク・シェリングの薫陶を受けた。ミュンヘン国際音楽コンクールのヴァイオリン部門に入賞する。

1950年代後半から1990年代初頭にかけて、数々のレーベルに協奏曲室内楽曲の膨大な録音を残している。レパートリーは、ハインリヒ・ビーバーロカテッリバッハハイドンモーツァルトベートーヴェンシューベルトシュポーアメンデルスゾーンブラームスプフィッツナーレーガーバルトーククルト・ヴァイルのほか、カール・アマデウス・ハルトマンベルント・アロイス・ツィンマーマンハンス・ウェルナー・ヘンツェらによる現代音楽までと幅広い [1]

ハイルブロンヴュルテンブルク室内管弦楽団とは数多くの演奏会をこなしてきた。アルトゥール・ダンゲルのヴァイオリンと声楽のための協奏曲《オルフェウス》や、エヴァ・ショルによるヴァイオリン協奏曲《70人体制(Septuarchie)》(1975年)など、多くの作品の初演者でもある。室内楽奏者としては、シュトゥットガルトのベラルテ・トリオやピアニストのマルティン・ガリング、ヴィオラ奏者のウルリヒ・コッホ、チェリストのマルティン・オステルタークらと共演してきた。

1965年シュトゥットガルト音楽院の教授に任命されてから、長年にわたってヴァイオリンの指導を行なってきた。

その他[編集]

夫のハインツ・ヤンセンは、レコード会社「Südwest-Tonstudio Stuttgart」の創設者である。 日本では、名についてはズザンネとも、また姓についてはラウテンバッヒャーとも表記されている。

註釈[編集]

  1. ^ Scott, Matthew, "Reviews of Records" (Weill) (April 1982). The Musical Quarterly, 68 (2): pp. 298-299.