ズグロカモメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ズグロカモメ
ズグロカモメ
ズグロカモメ Larus saundersi
保全状況評価[a 1]
VULNERABLE
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 VU.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: チドリ目 Charadriiformes
亜目 : カモメ亜目 Lari
: カモメ科 Laridae
: カモメ属 Larus
: ズグロカモメ L. saundersi
学名
Larus saundersi (Swinhoe, 1871)
和名
ズグロカモメ
英名
Chinese black-headed gull
Saunders's gull

ズグロカモメ(頭黒鴎[1]Larus saundersi)は、チドリ目カモメ科カモメ属に分類される鳥類

分布[編集]

大韓民国中華人民共和国東部、台湾日本ベトナム北部

黄海渤海沿岸で繁殖し、冬季になると大韓民国や日本、ベトナム、台湾に南下し越冬する[2]日本には冬季に越冬のため主に九州に冬鳥として飛来する。[1][3][4][a 2]

形態[編集]

全長29-32.5センチメートル[1][2]。翼長27-28センチメートル[2]。翼開張85-91センチメートル[2][4]体重0.2キログラム[2]。頭部は丸みを帯びる。上面の羽衣は淡青灰色、頸部や下面の羽衣は白い[2][4][a 2]。初列風切先端に黒い斑紋が入り[3]、静止時には白と黒の縞模様に見える[2]

嘴は太くて短く[3]、色彩は黒い[2][4][a 2]。後肢は暗赤色や濃赤色[3][4][a 2]

幼鳥は後頭に灰褐色の斑紋、肩羽や雨覆、三列風切の羽軸に沿って褐色の斑紋(軸斑)が入る[4]。夏羽は頭部の羽衣が黒く[2][4][a 2]、和名の由来になっている[1]。眼の上下は白い[4]。冬羽は頭部の羽衣が白く、頭頂に灰黒色の筋模様が2本、眼後部に黒い斑紋が入る[2][4][a 2]

生態[編集]

河口干潟に生息する[2][3]

食性は動物食で、魚類甲殻類多毛類などを食べる[2]。低空を飛翔し、獲物を発見すると急降下して捕食する。[2]

繁殖形態は卵生。植生のまばらな塩性湿原に植物の茎を組み合わせた皿状の巣を作り、5月に1回に3個の卵を産む[2]。雌雄共に抱卵し、抱卵期間は約22日[a 2]

人間との関係[編集]

生息地では卵が食用とされることがある[2]

開発による生息地の破壊、海洋汚染、食用の採集などにより生息数は激減している[2]

絶滅危惧II類 (VU)環境省レッドリスト[a 2]

Status jenv VU.png

参考文献[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 安部直哉 『山溪名前図鑑 野鳥の名前』、山と溪谷社2008年、335頁。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 小原秀雄・浦本昌紀・太田英利・松井正文編著 『動物世界遺産 レッド・データ・アニマルズ1 ユーラシア、北アメリカ』、講談社2000年、98、196-197頁。
  3. ^ a b c d e 中村登流監修 『原色ワイド図鑑4 鳥』、学習研究社1984年、80、202-203頁。
  4. ^ a b c d e f g h i 真木広造、大西敏一 『日本の野鳥590』、平凡社、2000年、306頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  1. ^ The IUCN Red List of Threatened Species
    • BirdLife International 2008. Larus saundersi. In: IUCN 2010. IUCN Red List of Threatened Species. Version 2010.4.
  2. ^ a b c d e f g h 環境省 自然環境局 生物多様性センター