スー・ヴァーチュー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
スー・ヴァーチュー
Sue Vertue
Sue Vertue
2013年サンディエゴ・コミコン・インターナショナルで、『SHERLOCK』パネルに登場したヴァーチュー
本名 Susan Nicola Vertue
生年月日 (1960-09-21) 1960年9月21日(58歳)
国籍 イギリスの旗 イギリス
職業 テレビプロデューサー
配偶者 スティーヴン・モファット
著名な家族 ベリル・ヴァーチュー(母)
ジョシュア・モファット(息子)
ルイ・モファット(息子)

スー・ヴァーチューSue Vertue, 1960年9月21日[1] - )は英国テレビプロデューサーである。本名はスーザン・ニコラ・ヴァーチュー(: Susan "Sue" Nicola Vertue)で、サリー出身[1]。主にコメディ番組を担当しており、『Mr.ビーン』や『カップリング英語版』などの制作に携わった。母ベリル・ヴァーチューもプロデューサーである。

活動歴[編集]

ヴァーチューはピーター・ベネット=ジョーンズ英語版の経営する制作会社、タイガー・アスペクト・プロダクションズ英語版に勤めていた。ジョーンズはこの会社で、『Mr.ビーン』、『ザ・ヴィカー・オブ・ディブリー英語版[注 1]、『ギミ・ギミ・ギミ英語版』などを制作している。

ヴァーチューは、1996年エディンバラ国際テレビ祭英語版で、脚本家のスティーヴン・モファットと出会った[2]。交際し始めてから、2人はそれぞれ勤めていた会社を離れ、彼女の母ベリル・ヴァーチューの経営する会社ハーツウッド・フィルムズ英語版に参加している[3]。ヴァーチューが「ハーツウッドのためにシットコムを書いてくれないか」と頼み、モファットが2人の関係の進展を描いたのが、2000年からBBC Twoで放送された『カップリング英語版』である。この番組の主要人物2人はスティーヴとスーザンであり[注 2]、それぞれジャック・ダヴェンポートサラ・アレクサンダー英語版が演じた[2]

1999年には、『ドクター・フー』のスペシャル、"Doctor Who: The Curse of Fatal Death" (enを制作した。この作品はモファット脚本で、コミック・リリーフ英語版によるチャリティ番組『レッド・ノーズ・デイ』(: "Red Nose Day")のために作られたものである[4]

彼女の制作した作品には、他にも『キャリー・アンド・バリー英語版』、『スーパーノヴァ英語版』、"Fear, Stress & Anger" (en、『ザ・カップ英語版』、『SHERLOCK』などがある[5][6]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ : The Vicar of Dibley、訳:ディブリーの牧師
  2. ^ スティーヴ(: Steve)はモファットのファーストネーム・スティーヴンの短縮形。スーザン(: Susan)はヴァーチューのファーストネーム。

出典[編集]

  1. ^ a b findmypast.co.uk”. Search.findmypast.co.uk. 2014年8月2日閲覧。
  2. ^ a b Sternbergh, Adam (2003年9月7日). “Selling Your Sex Life”. The New York Times. http://query.nytimes.com/gst/fullpage.html?res=9A03EFD61538F934A3575AC0A9659C8B63&sec=&spon=&pagewanted=1 2008年4月1日閲覧。 
  3. ^ "After the Chalk Dust Settled"、 『Chalk英語版』シリーズ1 DVD特典映像、 ReplayDVD.co.uk, prod. & dir. Craig Robins
  4. ^ Comic Relief Who”. BBC (2004年1月1日). 2009年7月22日閲覧。
  5. ^ “BBC Drama announces 'Sherlock', a new crime drama for BBC One” (プレスリリース), BBC Press Office, (2008年12月19日), http://www.bbc.co.uk/pressoffice/pressreleases/stories/2008/12_december/19/sherlock.shtml 2008年12月27日閲覧。 
  6. ^ Sherlock”. Ray Holman website. 2016年4月7日閲覧。

外部リンク[編集]