スールマン家の八つ子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

スールマン家の八つ子(スールマンけのやつご、Suleman octuplets)は、体外受精 (IVF) を介して妊娠したナディア・スールマン (Nadya Suleman)、別名「オクトマム」(Octomom) の子供として、2009年1月26日アメリカ合衆国カリフォルニア州ベルフラワーにて出生した。全員が生後1日以上生存した世界2例目の八つ子(6人の男の子と2人の女の子)である。

八つ子全員が1週間以上生存し、チュークー家の八つ子英語版(アメリカ合衆国テキサス州ヒューストンにて1998年12月に出生)が11年前に樹立した八つ子全員の世界最長生存記録を更新することになった。そのためにギネス世界記録に認定されている。しかし、これが一度に12個もの受精卵を移植した体外受精による妊娠であったことが明るみに出たために、物議を醸した。

映像外部リンク
「Where Are They Now?」
オクトマムの特集(OWN TVがアップロードした動画)
スールマン家の新居ツアー(RumorFixがアップロードした動画)

出生[編集]

誕生[編集]

2009年1月26日、ナディアはアメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス近郊のベルフラワーに位置し、カイザー・パーマネンテ英語版が運営する医療センターにて、アメリカ史上2例目となる八つ子の乳児を出産した[1][2]。医師達は事前に7人までしか胎児を確認出来なかったため、8人目の乳児もいたことには驚きを隠せなかった[1][2][3]。わずか5分の間に全員が出生し、うち2人が人工呼吸器を使用しており、もう1人も酸素吸入を必要とするが、全員が元気であることが報告された[1]。46人の医療関係者が出産を手伝い、帝王切開が施された[2][3]

乳児の名前はノア、マリヤ、イザイア、ナライヤ、ジョナ、マカイ、ジョサイア、ジェレマイアである。母親によると、8人とも聖書から選ばれたファーストネームを持ち、ミドルネーム「エンジェル」と、生物学的な父親とされた人物と同じ姓「ソロモン」を共有している[4]

それぞれの乳児は出生順にAからHまでのアルファベットの識別記号が振られた。対応する名前と出生時のデータは以下の通り[5]

出生順 出生時刻 性別 出世時体重 名前
A 午前10時43分 2ポンド11オンス(約1.22キログラム ノア
B 午前10時44分 2ポンド12オンス(約1.25キログラム) マリヤ
C 午前10時45分 3ポンド4オンス(約1.47キログラム) イザイア
D 午前10時45分 2ポンド8オンス(約1.13キログラム) ナライヤ
E 午前10時46分 1ポンド8オンス(約0.68キログラム) ジョナ
F 午前10時47分 2ポンド12オンス(約1.25キログラム) マカイ
G 午前10時47分 1ポンド15オンス(約0.88キログラム) ジョサイア
H 午前10時48分 2ポンド11オンス(約1.22キログラム) ジェレマイア

その後の経過[編集]

出生3日目に八つ子のうち5人の乳児に対して経管栄養による提供された母乳英語版の注入が開始された。5人のうち最初の経管栄養を拒否したジョサイアは以前の静脈内への供給方法に戻された[6]

出生7日目には8人全員の乳児が自力で呼吸出来るようになり、静脈栄養補助食品はもちろん、提供された母乳の供給も受けられるようになっていた。病院のスポークスマンはあと数週間は病院にとどまるであろうと述べた[7]

出生11日目にナディアは病院を退院した[8]。その後にベルフラワーのカイザーパーマネンテ医療センターは7-12週間の入院生活を送る予定の8人の未熟児のケアに多額の費用が掛かるのを予期し、彼らが対象となっているカリフォルニア州のメディケイドMedi-Cal英語版による償還を要求していたことが明らかになった[9][10]

彼らは全員が無事に出生した世界初の八つ子(1967年メキシコメキシコシティにて出生した八つ子は全員が14時間以内に死亡した[3][11])であると同時に、全員が無事に出生したアメリカ初の八つ子(1998年テキサス州にて出生したチュークー家の八つ子英語版はうち1人が1週間後に死亡している[1][3][11])である。文書化されて記録として残っている他の7例の八つ子はいずれも生後1週間以内に少なくとも1人が死亡している[11]。ナディアのこの出産は多胎児を出産し、その生き延びた乳児の数で世界最多ということでギネス世界記録に認定された[12]

2010年1月26日に八つ子は最初の誕生日を迎えた。母親のナディアは「寝不足よ。夜は2-3時間ぐらいしか眠れないの。だけど、私は自分の人生について前向きに取り組み続けているし、最高の母親でいられるように努力しているわ」と語った[13]

2011年6月にイン・タッチ・ウィークリー英語版誌のインタビューを受けたナディアが「私は赤ちゃんをひどく嫌っているし、彼らは私にうんざりしている」という衝撃的な発言をしたことが伝えられた[14]。彼女はこの雑誌のインタビューは受けていないと述べたが[15]、3週間後に雑誌が録音した音声テープが提示された[16]

2014年1月26日に八つ子は5歳の誕生日を迎えた[17]

ナディア・スールマン[編集]

ナディア・スールマン
Nadya Suleman (aka Octomom) at Ha Ha Cafe - 2011.jpg
ナディア・スールマン(2011年に撮影)
生誕 (1975-07-11) 1975年7月11日
カリフォルニア州フラートン
国籍アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身校カリフォルニア州立大学フラートン校
配偶者マルコス・グティエレス (1996 - 2008)
子供息子10人、娘4人

結婚と最初の6人の子供[編集]

八つ子の母親のナディア・スールマンは1996年から2008年までマルコス・グティエレスという名の男性と結婚しており、2000年に別居、2006年に離婚を申請した[18]。グティエレスはインタビューの中で、別居に至った理由を2人が子供を授かることが出来なかったからだと説明している[18]

1997年にナディアは体外受精 (IVF) の治療を開始した[19]。1997年から2008年までの12年もの間、医師マイケル・カムラバの下で連続して不妊治療を受けていたことが残された文書より明らかになっている[20]

2001年5月18日、ナディアは最初の子供で長男のエライジャを出産した。その後も治療を続け、2002年6月に長女のアミーラ、2003年8月に次男のジョシュア、2005年に三男のエイダン、2006年に双生児のケイリブ(四男)とカリッサ(次女)を出産した。八つ子の前に既に6人の子持ちであった[21]

背景[編集]

スールマン家の八つ子はカムラバが行ったIVFの治療によって出生した。ナディアは彼女の年齢では移植する受精卵の数は最大でも2個までということが推奨されているにも関わらず、6個の体外受精卵を子宮内に戻すように要請し、そのうち2個の受精卵が分裂して双子となり、合わせて八つ子になったと語っている[21][22][23][24]。ところが、カムラバは実際には彼女の要請を受けてその倍の12個の新鮮な体外受精卵を移植したことを翌2010年の公聴会で証言し、涙ながらに謝罪した[24]

メディア出演[編集]

ナディアの出産後初のインタビューは2009年2月6日にテレビ局NBCで放送された。その中で彼女は一人っ子だったために孤独を感じながら育ち、「大家族を持つのがずっと夢だった」と語っている[21][22][25]

2009年3月、ナディアの父親のエド・ダウドは、妻のアンジェラと既に離婚していたが、オレンジ郡ラハブラ英語版市内に約56万5,000ドル(約5,560万)で新居を購入した。ナディアと彼女の14人の子供達もこれまでよりも広いこの邸宅に引っ越した[26][27]

2009年7月25日、ナディアがイギリステレビ制作会社アイワークス英語版と3年総額約25万ドル(約2,400万円)の条件で、彼女の14人の子供達をリアリティテレビ番組に出演させる契約を交わしたことが報じられた。撮影開始日は9月1日に決定した[28][29]。この撮影の開始に先立ち、8月19日にフォックスは八つ子の人生の最初の7か月の映像を特色とする2時間の特別番組Octo-Mom: The Incredible Unseen Footage」を放送した[30]

2010年5月、「お宅のイヌネコをオクトマム(八つ子ママを意味するナディアのニックネーム)にしないように! 」とアピールする国際的な動物愛護団体PETA」のポスターをラハブラの自宅前に掲げることを快諾し、記念写真に応じた。その謝礼として現金5,000ドル(約46万円)と野菜ホットドッグ・野菜バーガー1か月分を受け取った[31][32]

2012年3月、ナディアは生活苦からイギリスの雑誌クローサー英語版セミヌード姿を披露したが、子供を養うにはお金が必要だし、恥じていないと述べた[33]。同年6月、彼女が自慰行為を行うポルノ映画オクトマム・ホーム・アローン英語版が公開された[34]。この作品は2013年1月にAVNアワードの「ベストセレブリティセックステープ」部門を受賞した[35][36]

2012年4月30日、ナディアはオレンジ郡上級裁判所に自己破産を申請し、自身の借金が100万ドルに迫る可能性があることを述べている[37][38]。同時にラハブラの自宅を競売にかけた[38]。同日に彼女が不安や極度の疲労心理的ストレス英語版の問題を抱えて前の週からリハビリ施設に入所していることが明かされた[39][40]。入所前はこの問題を克服するために抗不安薬ザナックスを服用していた[40][41]

2014年1月13日、ナディアは生活保護を申請しながら、トップレスダンサーポルノ女優として稼いだ約3万ドル分について、カリフォルニア州当局に申告しなかったとして、福祉詐欺の容疑で告発した[42]。同年7月14日に彼女に対し、2年間の保護観察と200時間の社会奉仕が宣告された[43]

他の家族[編集]

不明な父親[編集]

ナディアの母親・アンジェラは最初の6人と八つ子の合わせて14人全員のナディアの子供の妊娠に、デビッド・ソロモンという名の精子ドナーから提供された精子が使用されたと述べている[44][45]。また、ナディア本人はデビッドには自分の将来の子供の父親になってもらうことだけを望んでいたため、彼とデートしたのは一度だけだと述べている[46]。ナディアはデビッド・ソロモンなる架空の人物を仕立て上げて子供達の父親としてその名前を記載することで出生証明書改ざんしたとして、ナディアの父親のエドらによって告発された[47]

2009年2月23日に放送されたABC朝の情報番組グッド・モーニング・アメリカに出演したデニス・ビュードインという名の男性は自分が八つ子達の父親かもしれないと激白した[48]。1997年から1999年までナディアと付き合い[49]、その期間に彼女から精子を提供するように頼まれたビュードインは彼女のために3度、自分の精子を精子バンクに提供した[50]。ビュードインは自分の主張を検証するために実夫確定検査の実施を望んでいる[48]。しかし、ナディアはこの彼の主張を否定している[18]

2006年、ナディアの元夫であるマルコス・グティエレスは離婚を申請した。インタビューの中で14人の子供の生物学的な父親であることを否定したが、彼女の幸せを願っていると述べた[51]。離婚記録には2人の間には子供が出来なかったと書かれており、ナディアの14人の子供がいずれもマルコスの子供では無いことを示唆している[49]

祖父母[編集]

ナディアの父親のエド・ダウド・スールマンはナディアとその14人の子供達を養うため、翻訳者ドライバーとして出稼ぎを決意し、母国であるイラクに戻ることになると話した[52]。彼は過去にイラク軍に所属していたと自証している[53]

ナディアの母親のアンジェラ・スールマンは2008年3月に自己破産を申請した[45][54]。彼女はインタビューの中で元教師であり、ナディアの最初の6人の子供達を養育してきて疲れ切っていると話している。ナディアがさらに大多数の子供を出産するとは思いもしなかったことを明かしており、孫達の養育への協力は惜しまないとしながらも、家の経済事情などを考慮しない娘の無責任ぶりを批判している[55]。また、ナディアがおもちゃのための出費は惜しまないが、家賃や食費の負担軽減には一切寄与していないとも話している[45]

論議[編集]

母親に対する批判[編集]

奇跡的に出生したスールマン家の八つ子の物語はアメリカ合衆国大統領に就任した最初の週のバラク・オバマとニュースの見出しを分け合うことになった[56]。当初の世論は心温まる話題として捉えていた。ところが、ナディアの背景が知られるようになると、世論の歓迎ムードは一転して怒りに変化した[57]。無職でシングルマザーのナディアが八つ子の出生以前に既に障害が認められる3人を含めた6人の子供を持ち、生活保護を受給しているにも関わらず、体外受精を利用して大家族の人数をさらに大幅に増員したことに対する批判である。彼女のもとには死の脅迫を含め、批判的な電話電子メールのメッセージが殺到した[58]。関連して数多くの議論が巻き起こった[59][60]。彼女の14人の子育て費用の大半をカバーするために、カリフォルニア州の納税者の負担がさらに増大する可能性が生じたのも懸念事項の一つであった[10][61]。退院した彼女は脅迫から逃れるために一時的に自宅には戻らずに非公表の場所に移動した[58][62]

ナディアはカウンセリング修士号を取得するために、2009年秋に学生ローンをあてにして(妊娠前に通っていた)カリフォルニア州立大学フラートン校に復帰するという自身のプランを発表した[10]。そして、自立して子供達を養えると断言した[61]。しかし、明らかになった文書記録は彼女が1999年9月に勤務先の病院で暴行を受けた際に背中を負傷してしまい、その後遺症のために障害年金の給付支払いとして2002年から2008年までの間に総額167,908ドルを受給しており、失業中であることを示している[61]

八つ子のうち7番目にラハブラの自宅に帰宅することになったジョサイアが到着する日、2009年4月1日の早朝に自宅近くに停車されていたナディアが所有するバンの後部窓に何者かがベビーシートを投げ付けて窓ガラスが粉々に割られる事件が発生した[63][64]

カムラバ博士の調査[編集]

カリフォルニア州医事局英語版(MBC) は医療の指針に違反していなかったかを確認するためにマイケル・カムラバの調査を開始した[65]。カムラバが所属するアメリカ生殖医学会英語版(ASRM) もこの調査に協力する意向を表明した[66]。彼が四つ子を妊娠してロサンゼルス郡・南カリフォルニア医大病院英語版に入院している妊娠5か月の49歳の女性の不妊治療も担当し、彼女の体内に少なくとも7個の受精卵を移植していたことが明らかになった[67]。2009年10月にアメリカ生殖医学会はカムラバを除名した[68]

2011年6月1日にカリフォルニア州医事局はカムラバの医師免許が7月1日には剥奪されることを発表した[19][24][69]

日本での特集[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d カリフォルニアで8つ子誕生、米史上2例目”. AFPbb.com (2009年1月27日). 2014年12月18日閲覧。
  2. ^ a b c Octuplets born in Bellflower” (英語). LAtimes.com (2009年1月26日). 2014年12月18日閲覧。
  3. ^ a b c d Octuplets born in California doing 'very well'” (英語). NBCNews.com (2009年1月27日). 2014年12月18日閲覧。
  4. ^ Airan Scruby (2009年2月9日). “Octuplet's mom chooses names” (英語). Whittierdailynews.com. 2014年12月18日閲覧。
  5. ^ Octuplets Born at Kaiser Permanente Medical Center in Bellflower, Calif.” (英語). Kaiserpermanente.org (2009年1月26日). 2014年12月18日閲覧。
  6. ^ Shaya Tayefe Mohajer (2009年1月28日). “One of Calif. octuplets rejects tube feeding” (英語). SFGate.com. pp. 1. 2009年2月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年12月18日閲覧。
  7. ^ Ari B. Bloomekatz (2009年2月1日). “Suleman octuplets still stable” (英語). LAtimes.com. 2014年12月18日閲覧。
  8. ^ Jessica Garrison,Kimi Yoshino (2009年2月5日). “Octuplets' mother will talk to NBC's Ann Curry” (英語). LAtimes.com. 2014年12月18日閲覧。
  9. ^ Kimi Yoshino,Jessica Garrison (2009年2月11日). “Octuplets could be costly for taxpayers” (英語). LAtimes.com. 2014年12月18日閲覧。
  10. ^ a b c Taxpayers may have to cover octuplet mom's costs” (英語). USAToday.com (2009年2月11日). 2014年12月18日閲覧。
  11. ^ a b c John Rogers (2009年3月6日). “Nadya Suleman, Octuplets Mom, Gets TV, Book Offers To Tell Story” (英語). Huffingtonpost.com. 2014年12月18日閲覧。
  12. ^ Most children delivered at a single birth to survive” (英語). Guinnessworldrecords.com. 2014年12月18日閲覧。
  13. ^ Johnny Dodd (2010年1月26日). “Nadya Suleman's Octuplets Turn 1!” (英語). People.com. 2014年12月18日閲覧。
  14. ^ Nadya Suleman: Babies disgust me” (英語). CNN.com (2011年6月30日). 2014年12月18日閲覧。
  15. ^ Octomom FURIOUS Over 'Fabricated' Interview” (英語). TMZ.com (2011年7月4日). 2014年12月18日閲覧。
  16. ^ Alex Steinman (2011年7月19日). “Octomom Nadya Suleman's controversial comments about kids caught on tape: 'I'm disgusted by babies'” (英語). NYDailynews.com. 2014年12月18日閲覧。
  17. ^ 'Octomom' faces additional welfare fraud charge” (英語). USAToday.com (2014年2月5日). 2014年12月23日閲覧。
  18. ^ a b c Alex Steinman (2009年3月3日). “Octuplet Mom's Ex: We Split Because We Couldn't Have Kids” (英語). UsMagazine.com. 2009年3月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年12月18日閲覧。
  19. ^ a b Alan Duke (2011年6月2日). “Nadya Suleman's doctor loses California medical license” (英語). CNN.com. 2014年12月18日閲覧。
  20. ^ Shaya Tayefe Mohajer (2010年3月18日). “Octomom Doctor, Michael Kamrava, Accused Of Negligence By State Board” (英語). Huffingtonpost.com. 2014年12月18日閲覧。
  21. ^ a b c アン・カリー (2009年2月10日). “Her side of the story” (英語). NBCNews.com. 2014年12月18日閲覧。
  22. ^ a b 8つ子出産の女性、米TVで初インタビューに応じる”. AFPbb.com (2009年2月7日). 2014年12月18日閲覧。
  23. ^ Shaya Tayefe Mohajer (2009年2月6日). “California Medical Board probes octuplet birth” (英語). Yahoo.com. 2009年2月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年12月18日閲覧。
  24. ^ a b c Shaya Tayefe Mohajer (2011年6月1日). “Suleman's fertility doc has license revoked” (英語). NBCNews.com. 2014年12月18日閲覧。
  25. ^ Barry Wigmore (2009年2月7日). “I wanted a huge family to make up for my lonely childhood: Mother of octuplets speaks for the first time” (英語). Dailymail.co.uk. 2014年12月18日閲覧。
  26. ^ 米カリフォルニアの8つ子一家、広い新居に引っ越し”. AFPbb.com (2009年3月11日). 2014年12月18日閲覧。
  27. ^ Octuplets mother Nadya Suleman to get new home” (英語). Telegraph.co.uk (2009年3月10日). 2014年12月18日閲覧。
  28. ^ 米ロスの8つ子ちゃんが リアリティー番組出演へ、出演料は2400万円”. AFPbb.com (2009年7月26日). 2014年12月18日閲覧。
  29. ^ Octuplets mother signs £152,000 deal for all 14 of her children to star in reality television show” (英語). Dailymail.co.uk (2009年7月26日). 2014年12月18日閲覧。
  30. ^ Fox to air two-hour ‘Octomom’ special” (英語). Today.com (2009年8月10日). 2014年12月18日閲覧。
  31. ^ 米8つ子ママがPETAとタイアップ?ペットの避妊アピール”. AFPbb.com (2010年5月20日). 2014年12月18日閲覧。
  32. ^ PETA Octomom Offer: Nadya Suleman Gets $5,000 And Free Food For Posting PETA's Spay, Neuter Sign” (英語). Huffingtonpost.com (2010年5月24日). 2014年12月18日閲覧。
  33. ^ Ann Oldenburg (2012年3月28日). “Octomom defends topless photo shoot” (英語). USAToday.com. 2014年12月18日閲覧。
  34. ^ Octomom Porn Video: 'Octomom: Home Alone' Trailer (VIDEO)” (英語). Huffingtonpost.com (2012年6月19日). 2014年12月18日閲覧。
  35. ^ ケイ小原 (2013年1月22日). “【イタすぎるセレブ達】14人の子の母ナディア・スールマン、ポルノ映画業界の“栄えある賞”を受賞し大喜び。”. Techinsight.jp. 2014年12月18日閲覧。
  36. ^ Donna W. Martin (2013年1月21日). “Nadya Suleman’s ‘Octomom Home Alone’ Wins AVN’s Best Celebrity Sex Tape Award” (英語). Realitytvmagazine.sheknows.com. 2014年12月18日閲覧。
  37. ^ 米国の8つ子母親が自己破産申請、子ども14人養えず”. Reuters.com (2012年5月1日). 2014年12月18日閲覧。
  38. ^ a b 'Octomom' Nadya Suleman says debts approach $1 million” (英語). LAtimes.com (2012年5月1日). 2014年12月18日閲覧。
  39. ^ 米国の8つ子母親、ストレスや疲労でリハビリ施設に入所”. Reuters.com (2012年10月31日). 2014年12月18日閲覧。
  40. ^ a b Shaya Tayefe Mohajer (2012年4月30日). “'Octomom' checks into rehab citing anxiety, stress” (英語). AP.org. 2014年12月18日閲覧。
  41. ^ Joy横手 (2012年11月2日). “【イタすぎるセレブ達】14人の子を残しての“オクトマム”のリハビリ施設入り、「世話したのは私だ」とリンジー・ローハンの父。”. Techinsight.jp. 2014年12月18日閲覧。
  42. ^ Alan Duk (2014年1月13日). “'Octomom' Nadya Suleman charged over stripper, adult film earnings” (英語). CNN.com. 2014年12月18日閲覧。
  43. ^ Veronica Rocha (2014年7月14日). “'Octomom' pleads no contest to welfare fraud, gets community service” (英語). LAtimes.com. 2014年12月18日閲覧。
  44. ^ Tracy Connor (2009年2月3日). “Octuplet mom driven by lonely childhood, babies' grandmother says” (英語). NYDailynews.com. 2014年12月18日閲覧。
  45. ^ a b c Chris Francescani (2009年2月9日). “Octuplet Grandma Calls Daughter 'Unconscionable'” (英語). ABCNews.go.com. pp. 1. 2014年12月18日閲覧。
  46. ^ Caroline Hedley (2009年2月14日). “Octuplets mother was celibate for eight years” (英語). Telegraph.co.uk. 2014年12月18日閲覧。
  47. ^ Supporters Donate to Octuplets' Web Site, California Could Foot Hospital Bill” (英語). ABCNews.go.com. pp. 1 (2009年2月11日). 2014年12月18日閲覧。
  48. ^ a b Angela Carson (2009年2月23日). “Nadya Suleman & Dennis Beaudoin Battle Over Octuplets, Sperm Donor Wants DNA Test” (英語). Nationalledger.com. 2014年12月18日閲覧。
  49. ^ a b Bill Hutchinson (2009年2月22日). “Ex-boyfriend of 'Octomom' Nadya Suleman hopes he's babies' father” (英語). NYDailynews.com. 2014年12月18日閲覧。
  50. ^ Dennis Lovelace (2009年2月23日). “Octuplet's Mom Former Boyfriend: Am I the Daddy?” (英語). myFOXla.com. 2009年4月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年12月18日閲覧。
  51. ^ Johnny Dodd (2009年3月3日). “Octuplets' Mom's Ex: Those Aren't My Kids” (英語). People.com. 2014年12月18日閲覧。
  52. ^ John Harlow (2009年2月1日). “Octuplets’ mother wants Oprah to turn her into a $2m TV star” (英語). Timesonline.co.uk. 2011年6月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年12月18日閲覧。
  53. ^ Octuplets' Family Filed For Bankruptcy” (英語). CBSNews.com (2009年1月30日). 2014年12月18日閲覧。
  54. ^ Dan Childs (2009年1月30日). “Octuplets' Family Has Bankruptcy History” (英語). ABCNews.go.com. pp. 1. 2014年12月18日閲覧。
  55. ^ 米8つ子出産女性の母親、「娘の出産はショック」”. AFPbb.com (2009年2月10日). 2014年12月18日閲覧。
  56. ^ Richard Pendlebury (2009年2月2日). “How the heartwarming tale of the U.S. octuplets became a seedy story of self-indulgence” (英語). Dailymail.co.uk. 2014年12月18日閲覧。
  57. ^ 米国の不妊治療ビジネス、8つ子誕生が論議呼ぶ”. AFPbb.com (2009年2月8日). 2014年12月18日閲覧。
  58. ^ a b Steve Gorman (2009年2月11日). “Threats send California octuplets mom into hiding” (英語). Reuters.com. 2014年12月18日閲覧。
  59. ^ Karen Grigsby Bates (2009年2月6日). “Octuplet Mother Remains Target Of Ethical Debate” (英語). NPR.org. 2014年12月18日閲覧。
  60. ^ Jessica Garrison, Kimi Yoshino, Catherine Ho (2009年2月7日). “Octuplets' birth spawns outrage from public” (英語). LAtimes.com. 2014年12月18日閲覧。
  61. ^ a b c Alison Stateman (2009年2月7日). “The Octuplets Mom Speaks, and the Questions Grow” (英語). TIME.com. 2014年12月18日閲覧。
  62. ^ 米8つ子出産女性が退院 、脅迫受け自宅には戻らず”. AFPbb.com (2009年2月13日). 2014年12月18日閲覧。
  63. ^ Bonnie Buck, Hasani Gittens (2009年4月2日). “Octo Mom Brings Seventh Baby Home from Hospital” (英語). NBCSanDiego.com. 2014年12月18日閲覧。
  64. ^ Octomom's van smashed with baby seat” (英語). Dailybreeze.com (2009年4月1日). 2014年12月18日閲覧。
  65. ^ California Probing Octuplets Case” (英語). CBSNews.com (2009年2月5日). 2014年12月18日閲覧。
  66. ^ Medical society probes octuplet fertility doctor” (英語). USAToday.com (2009年2月11日). 2014年12月18日閲覧。
  67. ^ Alan Zarembo, Jessica Garrison, Kimi Yoshino (2009年2月12日). “Octuplets fertility doctor at center of another multi-pregnancy” (英語). LAtimes.com. 2014年12月18日閲覧。
  68. ^ Alan Duke (2009年10月19日). “Medical society boots doctor who did IVF in Suleman octuplets case” (英語). CNN.com. 2014年12月18日閲覧。
  69. ^ Rong-Gong Lin II (2011年6月1日). “‘Octomom’ doctor's license to be revoked, state medical board rules” (英語). LAtimes.com. 2014年12月18日閲覧。
  70. ^ 2011年2月9日放送 21:00 - 21:54 日本テレビ ザ!世界仰天ニュース”. Datazoo.jp. 2014年12月18日閲覧。
  71. ^ 執念人生スペシャル”. Ntv.co.jp. 2014年12月18日閲覧。
  72. ^ 2011年9月15日放送 19:57 - 20:54 フジテレビ 奇跡体験!アンビリバボー”. Datazoo.jp. 2014年12月18日閲覧。
  73. ^ 巨大な腹の秘密|ザ!世界仰天ニュース” (日本語). 日本テレビ. 2020年10月19日閲覧。

関連項目[編集]