スーリヤヴァルマン2世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
スーリヤヴァルマン2世
សូរ្យវរ្ម័នទី២
クメール王朝君主
SuryavarnanII2.JPG
在位 1113年 - 1150/2年
死去 1150/2年
王家 クメール王朝
テンプレートを表示

スーリヤヴァルマン2世クメール語: សូរ្យវរ្ម័នទី២, Suryavarman II, ? - 1150/2年)は、クメール王朝(現在のカンボジア付近)の(在位:1113年 - 1150/2年)。

生涯[編集]

ダーラニンドラヴァルマン1世の大甥[1]。1145年にチャンパ王国の首都ヴィジャヤを陥落させ、スーリヤヴァルマンの時代に王朝の領土は最大となった[2]。また、アンコール・ワットを建設した[2]。副王(ウッパラージャ)時代には現在のタイ王国にあるピマーイ遺跡も建設している。

一方で、戦争と大規模な建築事業により国内は疲弊し、死後、反乱や王位簒奪が起こったとされる[3]

従兄弟にあたるダーラニンドラヴァルマン2世[4]が王位を継承した。

脚注[編集]

  1. ^ 下津、p. 82
  2. ^ a b レイ・タン・コイ、p. 53
  3. ^ レイ・タン・コイ、p. 54
  4. ^ スーリヤヴァルマン2世の母の兄弟の子にあたるとされる(下津、p. 82)。

参考文献[編集]

  • 下津清太郎 編 『世界帝王系図集 増補版』 近藤出版社、1982年
  • レイ・タン・コイ 『東南アジア史』 白水社、1970年
先代:
ダーラニンドラヴァルマン1世
クメール王朝
1113年 - 1150年
次代:
ダーラニンドラヴァルマン2世