スーパー公務員

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

スーパー公務員(スーパーこうむいん)とは、21世紀型の理想的な公務員像とされる存在の通称。竹中平蔵経済研究所(TRIgger Lab.)とスーパー公務員養成塾実行委員会主催による21世紀型公務員創出プロジェクト「スーパー公務員養成塾」が提唱した。

スーパー公務員養成塾[編集]

「スーパー公務員養成塾」は経済産業省鈴木英敬(当時産業人材政策室課長補佐)の構想に竹中平蔵が賛同し、若手官僚らが実行委員会を作り、竹中平蔵経済研究所が協力する体制とした。2005年1月〜3月に若手公務員と学生が参加して、東京・大阪で開催、竹中自身が第1回目の講師を務めた。20世紀型の公務員は予算配分と行政指導を行ってきたが、「自ら考え、リスクも取りながら政策を立案する。調整型から立案型への転換が21世紀に求められる公務員像ではないか」[1]というのが鈴木の問題意識であったという。

なお、第2期(2005年9月〜2006年2月)は「ソーシャルアクションスクール」と改称し、公務員・学生の他、民間企業からも参加し、東京・大阪・松山・札幌で開催された。第3期(2007年9月〜12月、全国8か所)、第4期(2008年9月〜2009年2月)、第5期(2009年9月〜2010年2月)と開催されている。

人物[編集]

  • 鈴木英敬(経済産業省職員、三重県知事)
  • 木村俊昭(小樽市、内閣府・内閣官房、農林水産省企画官、東京農業大学教授)
    小樽市役所職員であった木村は、ガラス工房を誘致しガラスの街としてのブランド化を進めるなど、まちづくりの実績を上げていた。2006年から5年間、内閣府、農林水産省などに出向し、地域活性化の政策立案に関わった。休日は各地で講演や現地アドバイス活動を行うほか、北陸先端科学技術大学院大学、早稲田大学大学院、東京農工大学、小樽商科大学ほかの非常勤講師などを務めた。こうした活動がマスコミにも注目され、スーパー公務員と評された[2]
  • 高野誠鮮(羽咋市職員)
    羽咋市コスモアイル羽咋(宇宙科学博物館)の開設に関わったほか、同市神子原(みこはら)地区の棚田で作られるコシヒカリを「神子原米」としてブランド化した取組みで知られる[3]

注釈[編集]

  1. ^ 「『公務員も変わらなきゃ』内なる改革へ、若手が立ち上げた養成塾」(日経ビジネス2005.2.28)
  2. ^ 2009年5月、NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」で取り上げられた。木村の著書に「『できない』を『できる!』に変える スーパー公務員・木村俊昭の人と地域を元気にする仕事術」(2010年1月、実務教育出版)などがある。Facebook
  3. ^ 2012年、カンブリア宮殿で取り上げられた。著書に『ローマ法王に米を食べさせた男 過疎の村を救ったスーパー公務員は何をしたか』(2012年、講談社)

外部リンク[編集]