SUPER MONKEY'S

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
スーパーモンキーズから転送)
移動先: 案内検索

SUPER MONKEY'S(スーパー・モンキーズ)は、過去に存在した日本女性アイドルグループであり、安室奈美恵MAXの源流のグループである。

歴史[編集]

元々は「沖縄アクターズスクール」のトップ選抜グループの総称「クラブハート」→「SUPER MONKEY'S」をそのままグループ名に代用。当初安室を含めた15人の選抜グループから始まり、最終段階では安室含め女子5人男子2人(そのうち一人は牧野アンナの実兄)でデビューの予定だったが、上京する直前で変更され女子5人グループになる。名前の由来はスクールの校長であるマキノ正幸の「お前たちはまだタレントではなく猿の段階、でも猿だけじゃかわいそうだからスーパーモンキーズにしよう!」の一言がきっかけであると当時の雑誌のインタビューなどで発言している。グループ結成から「TRY ME 〜私を信じて〜」がヒットする迄、頻繁にメンバーチェンジを繰り返している。以下にその歴史を段落分けして記述する。

「SUPER MONKEY'S」時代(1992年 - 1993年4月)[編集]

メンバー全員が琉球空手の初段で、デビュー前に琉球放送のローカル番組『HOT NIGHT沖縄アイランド』のオープニングで空手パフォーマンスを演じるなど地元番組に度々出演しており、それが東京のTVスタッフの目に留まったことがきっかけで全国ネットのTV出演が決まる。
初代リーダーはマキノ校長の娘で既にアイドル歌手を経験していた牧野だったが、1992の末頃に脱退し、澤岻が2代目リーダーとなる。また牧野の脱退直前の11月に新メンバーの仲宗根梨乃が加入するが、年明けに入院のためイベント出演も欠席するなど「SUPER MONKEY'S」として本格的な活動はなかった。牧野は脱退後、沖縄アクターズスクールの講師に転身した[注 1]

「SUPER MONKEY'S 4」時代(1993年4月 - 1994年7月)[編集]

1996年のツアー以降はほぼ歌われていなかったが、2012年の安室の20周年ドームツアー「namie amuro 5大ドーム TOUR 2012 ~20th Anniversary Best~」で久々に披露された[1]
  • 同年大晦日の『第44回NHK紅白歌合戦』では、ポップジャムにて司会を務め共演者だった森口博子の「ホイッスル」のバックダンサーとして参加した。

「安室奈美恵 with SUPER MONKEY'S」時代(1994年7月 - 1996年9月)[編集]

  • 名実共に安室メインの体制となり、1994年7月にリリースした「PARADISE TRAIN」以降は単独でボーカルを務めた。翌8月より、日本テレビ系『夜もヒッパレ一生けんめい』に準レギュラーとして出演するようになる。
  • 同年9月、新垣が沖縄アクターズスクールの講師となるためグループを脱退。新垣と入れ替わる形で松田律子(後のLina)、安室の同級生で同じ中学校に通っていた宮内玲奈(後のReina)が加入。
  • 1995年1月、MAX松浦プロデュースによるシングル「TRY ME 〜私を信じて〜」を発売。ユーロビートのカバーでもある同曲は、初登場の49位からじわじわと上昇し、初のオリコンチャートTOP10入りを果たすと同時に累計でも70万枚を超える大ヒットとなった。その後も「太陽のSEASON」、「Stop the music」と同路線で立て続けにヒットを生み出す[注 2]
  • 同年4月から日本テレビ系音楽バラエティ『THE夜もヒッパレ』にレギュラー出演。同時期に安室を除く4人がMAXとして活動を開始する。
但し、安室のavex移籍やMAXのCDデビュー後も、安室のシングル「Body Feels EXIT」、「Chase the Chance」ではバックダンサーとして4人が参加しており、ライブ活動など5人での活動は継続された。
  • 1996年3月~5月にかけ、日本武道館公演を含む初の全国ツアー「mistio presents AMURO NAMIE with SUPER MONKEY'S TOUR '96」を開催。(ホール21公演)
  • 同年9月1日の千葉マリンスタジアム公演「SUMMER PRESENTS '96 AMURO NAMIE with SUPER MONKEY'S」を最後にグループとしての活動を休止し、以後それぞれの活動に専念する。
1997年に一度「SUPER MONKEY'S復活」という記事のもと、5人での活動再開が検討されるが、MAXの多忙や安室の結婚・産休により立ち消えとなった。また、2000年に放送されたテレビ番組の中で安室が「またMAXの皆と同じステージがしたい」と語ったが、5人でのステージも1997年放送の「夜もヒッパレ」を最後に実現されていない。

その後の活動については安室奈美恵MAXを参照のこと。

エピソード[編集]

  • 芸能活動は1992年の春からスタート。当初は東京の牧野の家に5人揃って仮住いし、金曜日に東京へ行き仕事をこなし、火曜日に沖縄へ帰るという生活をしていた。
  • 当初デビューするには『空手で初段取得』『バック転が出来ること』が条件として挙げられていたが、一番順応していた安室が右肘の靭帯を痛めてしまい「やっぱりアクロバットは危ない」ということになり引き下げられた。
  • 田園調布に引越しするとリーダー牧野の作ったルールに則り、ボイストレーニングやダンスレッスン以外にも朝起きてからの腹筋、背筋、ストレッチ、それが一通り終わると近くの公園までジョギング、到着すると空手の形(上段蹴り・中段蹴り・下段蹴り)などをするのを日課にしていた。また、羽根木公園に無料設置されていた器具で体を鍛えたりもした。
  • 当時デビューするために上京したアクターズの研修生は、寂しさから恋人を作ったり、または東京での遊びに目覚めてハメをはずし過ぎたことが原因で出戻りが多く目立った。そのためSUPER MONKEY'Sのメンバーも行動や発言を厳しく制限されており、恋愛禁止令・菓子は1ヶ月に1回・門限は夜6時とされた。他にスクールの代表としての自覚と責任を忘れないために家の玄関に生徒皆が写った集合写真を飾り、それに向かって毎朝「行ってきます!」と言っていた。
  • 一応洗濯・掃除・炊事の当番はあったが、炊事は天久の得意分野だったため、自然と皆の分やお弁当を作る回数が多く、他のメンバーにも作り方を教えたりと、食事面では頼りにされていたらしくTVで松田や安室が言うように「美奈子の作ったご飯は美味しい」とのこと。一時期ではあるが松田は家の米が無くなると天久の家まで米を貰いに行っていたと発言している。ちなみに一番御飯を作る回数が少なかったのは安室だったとのこと。
  • 下積み時代はほとんど仕事がなく交通費も自腹で食事も割り勘で洋服を買っただけでもお金が足りなくなるため、どこへ行くにもメンバー全員で行くことが多かった。どうしても足りない場合は電話で沖縄に居る家族に頼んでいた。しかし、それぞれの親からの仕送りの量がいっぺんに重なると部屋中が食料や沖縄名産品で埋め尽くされてしまい逆に断りの電話をしなければならないこともあった。

メンバー[編集]

活動終了時のメンバー[編集]

デビュー時からメインボーカルを担当。デビュー前にアクターズ仲間と一緒に出場した琉球放送のローカル番組「HOT NIGHT沖縄アイランド」内で行われた「ちびっ子カラオケ大会」(1989年8月1日O.A)でゆうゆの『-3℃』を堂々披露し、見事優勝を果たす[注 3]。その後は学校へ行くのも惜しんで大好きな歌とダンスに没頭、スクールでの行事優先としその節約のために食べ物以外では水ばかり飲んでいた。自分からはあまり前に出ないが反面負けず嫌いでもある。ジャネット・ジャクソンポーラ・アブドゥルに強く影響を受けており、当時語っていた夢は「ダンサブルな歌手」[2]
  • 澤岻(→沢詩)奈々子(Nana
脱退した牧野に代わって2代目のリーダーとなる。デビュー前『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』で空手少女として出演した時、司会の高田純次と両者海辺で全身毛布グルグル巻きに棒一本で対決することになりあえなく敗れ高田に海に流された。海に浮いて身動きがとれない間、澤岻は「これが初めての芸能界での仕事なんだ…」と思ったとその当時を振り返っている。またデビュー前の1991年、沖縄の砂糖をPRする「沖縄砂糖真時代」というローカルCMに出演していた。歌手以外に女優にも憧れをもっており、オードリー・ヘプバーンやエマニュエル・ベアールをリスペクトしている。当時語っていた夢は「お芝居も踊りもできる女優」[2]
  • 天久美奈子(Mina
アクターズ時代から真面目で大抵の楽器はやる気さえ出せばそつなくこなせる。牧野が抜けたモンキーズでは主にボケ担当であるが、MAXになると一変ツッコミに回ることが多くなるようだ。面倒見がよくダンスの振り付け確認は美奈子に聞くのが一番確実とメンバーも認めている。当時語っていた夢は「人に夢を与えるほのぼのな歌手」[2]
  • 松田律子(Lina
脱退した新垣と入れ替わる形で、1994年秋に加入。
  • 宮内玲奈(Reina
同上。沖縄では安室と同じ中学に通い、いつも一緒に居たという。

脱退したメンバー[編集]

グループの初代リーダー。他のメンバーより年上で当時は20歳である分、他人のお子さんを預かる身としての責任を自覚し常にリーダーとして他の4人を叱咤激励している。グループ全体のレベルを上げるべく知識と教養を身につけるためによく5人で図書館に通った。また歌って踊ることに関してはまず歌をもっと好きになり知ることと考え、一例としてアン・ヴォーグの歌に皆で一生懸命聞き耳を立て「今は無理でも将来こういうこともやれたらいいね」とハモリやコーラスを練習してラジオで少し披露したりしている。安室はこれに関して「もし今もグループでアン・ヴォーグの曲をカバーするなら『FREE YOUR MIND』にしたい」と語っている。牧野が当時の雑誌で語った夢は「芸能界のリーダーになりたい」[2]
当時のグループ内で一番の天然で爆弾娘だったらしく門限6時を守らずに帰って来なかったために皆で探し回ったり、内緒で食べていたお菓子がばれて怒られたりもした。これに関しては他のメンバーもバレないようにNanaはジョギングの途中でコースをそれて買いに行ったり、安室は沖縄に帰ったときにこっそり食べていたと話している。プリンセスプリンセスリンドバーグが好きで目標はシンディ・ローパー。当時語った夢は「迫力のある歌で勝負」[2]
  • 仲宗根梨乃
牧野脱退の直前に加入したアクターズ時代の仲間の一人である。1992年11月に行われた千葉ロッテマリーンズのイベントに参加しSUPER MONKEY'Sとして初パフォーマンスを行うが、年明けに盲腸で入院し、そのまま復帰することなく脱退となってしまった。早速宣伝に新メンバー紹介も兼ねて色々な雑誌で今ではかなり貴重なインタビューも受けており、本人は急激な環境の変化に舞台で「緊張して頭が真っ白になった」と語っている。バスケットボールが大好きだが中学では華道部だった。当時語った夢は「歌と踊りはもちろんアイドルフェイスのアーティストが目標」[3]。なお、k-popアイドル等の振付けをしている仲宗根梨乃とは別人である。

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

No. タイトル 名義 発売日 最高位 備考
1 恋のキュート・ビート/ミスターU.S.A. SUPER MONKEY'S 1992年9月16日 29位 日本テレビ系『クイズ世界はSHOW by ショーバイ!!』エンディングテーマ
c/w ミスターU.S.A.:ロッテ「シリアルアイス」CMソング
TV出演やプロモーション活動で歌われていたのは「ミスターU.S.A.」のため、実質こちらがメインだった。
両A面
2 ダンシング・ジャンク SUPER MONKEY'S4 1993年5月26日 68位 NHKテレビアニメ『忍たま乱太郎』エンディングテーマ
c/w レインボー・ムーン:同番組挿入歌(安室がソロで担当。)
c/w レインボー・ムーン
3 愛してマスカット SUPER MONKEY'S4 1993年11月5日 67位 ロッテ「マスカットガム」CMソング
元々はCM用に作られたサビパートのみのもので、初CM時には歌詞も異なっていた。
c/w わがままを許して
4 PARADISE TRAIN 安室奈美恵 with SUPER MONKEY'S 1994年7月20日 毎日放送TBS系ドラマ『野々山家の人々』オープニングテーマ
ロッテ「マスカットガム、ブルーベリーガム」CMソング
同曲を最後に新垣寿子が脱退。
c/w 悲しきブロークンボーイ
5 TRY ME 〜私を信じて〜 安室奈美恵 with SUPER MONKEY'S 1995年1月25日 8位 95'「ミナミ」CMソング
この曲より松田律子、宮内玲奈が加入。
c/w MEMORIES 〜明日のために〜
SUPER MONKEY'S参加シングル
太陽のSEASON 安室奈美恵 1995年4月26日 5位 裏ジャケットに"安室奈美恵 with SUPER MONKEY'S"と記載
ロッテ「クレープアイス」CMソング、日本テレビ系「GROOVY」オープニングテーマ
c/w ハートに火をつけて
Stop the music 安室奈美恵 1995年7月24日 4位 裏ジャケットに"安室奈美恵 with SUPER MONKEY'S"と記載
c/w GOOD-NIGHT
Body Feels EXIT 安室奈美恵 1995年10月25日 3位 バックダンサーとしてSUPER MONKEY'Sが参加
タイトー・家庭用通信カラオケX-55」CMソング
Chase the Chance 安室奈美恵 1995年12月04日 1位 バックダンサーとしてSUPER MONKEY'Sが参加
日本テレビ土曜ドラマザ・シェフ」主題歌

アルバム[編集]

タイトル 名義 発売日 最高位 備考
DANCE TRACKS VOL.1 安室奈美恵 1995年10月16日 1位 安室の単独名義ではあるが、SUPER MONKEY'Sの楽曲を含み、裏ジャケットやブックレットにメンバー全員の写真が載っている。
ORIGINAL TRACKS VOL.1 安室奈美恵 with SUPER MONKEY'S 1996年9月30日 3位 デビュー曲「ミスターU.S.A.」から「Stop the music」までのシングルをc/w も全て収録されたベストアルバム

映像作品[編集]

タイトル 名義 発売日 発売形態 備考
avex dance Matrix '95 TK DANCE CAMP VARIOUS ARTISTS 1995年11月15日 VHS 1995年8月26日東京ベイサイドスクエアで行われた小室哲哉主催の野外ライブの模様を収録。
安室奈美恵 with SUPER MONKEY'Sは「TRY ME 〜私を信じて〜」、「太陽のSEASON」、「Body Feels EXIT」を披露。
NAMIE AMURO WORLD'
Chase the chance! 19 Memories
安室奈美恵 1996年11月14日 VHS ローソン限定発売。
1996年に行われたライブのドキュメンタリーや、ジャマイカでのバースデイ、ニューヨーク旅行の模様を収録。
ジャマイカにはメンバーの沢詩奈々子も同行。
AMURO NAMIE FIRST ANNIVERSARY
1996 LIVE AT MARINE STADIUM
安室奈美恵 1996年12月4日
2000年9月27日
VHS
DVD
1996年9月1日の千葉マリンスタジアム公演の模様を収録。
シングル曲では「Chase the Chance」以降SUPER MONKEY'Sの参加はなかったが、当ライブ限定で「You're my sunshine」のバックダンサーを務めている。
このライブを以って安室奈美恵 with SUPER MONKEY'Sはグループとしての活動を終了し、4年半の歴史に幕を閉じた。

ライブ[編集]

コンサート[編集]

公演日 タイトル 日付・会場
1995年 7月16日 - 8月27日 安室奈美恵 with Super Monkey's Concert '95 〜ハートに火をつけて〜
12月27日 沖縄凱旋LIVE
1996年 3月20日 - 5月19日 mistio presents AMURO NAMIE with SUPER MONKEY'S TOUR '96
8月27日 - 9月1日 SUMMER PRESENTS '96 AMURO NAMIE with SUPER MONKEY'S

イベント[編集]

日付 タイトル 会場・備考
1992年 8月30日 ビジーフォー 24時間マラソンライブ in つま恋[注 4] ヤマハリゾートつま恋
9月xx日 SUPER MONKEY'S デビュー記念イベント 原宿歩行者天国
11月1日 第43回:慶應義塾高等学校・日吉祭 同校学園祭
11月29日 千葉ロッテマリーンズVSたけし軍団 ファン感謝デーイベント 千葉マリンスタジアム
1993年 2月xx日 さっぽろ雪まつり-バラエティフェスティバルアイドル大集合- 札幌市大通公園
10月3日 仙台育英学園高等学校・育英祭 同校学園祭
11月13日 沖縄ジャスコ・オープニングイベント 現・イオン那覇ショッピングセンター
11月-12月 新作ロッテガムキャンペーン
SUPER MONKEY'S4フェスティバル
ジャスコ川平店・1F
長崎屋多賀城店・屋上
ヨークベニマル富久山店・1F
パレットくもじ・入口前広場.他
1994年 2月xx日 群馬県立桐生高等学校・予餞会 桐生市産業文化会館
6月26日 ダメ。ゼッタイ。キャンペーン 渋谷ハチ公前広場
8月3日 安室奈美恵 with SUPER MONKEY'S ミニコンサート 池袋サンシャインシティ・噴水広場
9月25日 日清 どん兵衛イベント 新宿ステーションスクエア
9月xx日 飯塚オートイベント 飯塚オートレース場
10月23日 第4回:やしお市民まつり 埼玉県八潮市
10月xx日 FORTE・オープニングイベント 宮城県大河原町
11月5日 東京電機大学・学園祭 7号館1F 7102教室
11月23日 第36回:慶應義塾大学三田祭 同校学園祭
1995年 不明 「TRY ME」キャンペーン
安室奈美恵 with SUPER MONKEY'S ミニライブ
池袋PARCO・入口特設ステージ
豊科SATY・駐車場特設ステージ
魚津サンプラザ・屋上.他
2月10日 SEASIDE FESTIVAL'95 ワイルドブルーヨコハマ
2月xx日 群馬県立渋川高等学校・予餞会 同校体育館
3月5日 茅ヶ崎SATY・オープニングイベント 入口特設ステージ
4月1日 '95 新赤倉スキーカーニバル 赤倉観光ホテル・駐車場特設ステージ
4月2日 TRY ME ビッグヒット special イベント[注 5] 渋谷公園通り劇場
4月8日 第8回:花とワインフェスティバル 山口・周南市陸上競技場
4月30日 太陽のSEASON 発売記念LIVE[注 6] 日比谷野外音楽堂
5月20日 静岡カップ'95 TOSHIBAドリームサッカー[注 7] 日本平スタジアム
5月xx日 SECRET LIVE AT VELFARRE 六本木ヴェルファーレ
6月3日 '95 東京おもちゃショー 幕張メッセ
7月30日 フェスタ小瀬 山梨県小瀬スポーツ公園
8月13日 Exciting Summer in WAJIKI'95 大塚製薬徳島ワジキ工場野外ステージ
8月19日・26日 avex dance Matrix '95 TK DANCE CAMP 万博記念公園お祭り広場
東京ベイサイドスクエア
8月29日 '95 フェスタしずおか JPOP Dancing 静岡・駿府公園
10月14日 ミス毛布・ニットコンテスト 大阪・泉大津市民会館
10月28日 安室奈美恵 with Super Monkey's ミニLIVE 広島・西条プラザ3F屋上
12月1日 AAA‘95 SPECIAL LIVE IN VELFARRE 六本木ヴェルファーレ

⁻⁻⁻ 以下時期不明の出演イベント ⁻⁻⁻

受賞歴[編集]

バラエティ[編集]

ドラマ[編集]

映画[編集]

  • 学校II(1996年、松竹
    • 作中に登場する養護学校の生徒達が、安室奈美恵 with SUPER MONKEY'Sのコンサートを観に行くというあらすじのもと、本人たち役でライブシーンで登場する。

CM[編集]

  • ロッテ(1992年 - 1994年)
    • ロッテアイス「シリアルプチアイス」、「シリアルプチアーモンド」、「シリアルクランチボールアイス」
    • ロッテガム「マスカットガム」、「ブルーベリーガム」

ラジオ[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ この流れはデビュー前から想定されていたとされる説がある。
  2. ^ 「太陽のSEASON」、「Stop the music」は安室の単独名義ではあるものの、裏ジャケットにはメンバーの写真と「安室奈美恵 with SUPER MONKEY'S」の記載があり、音楽番組などでも同じようにクレジットされていた。
  3. ^ 準優勝は天久美奈子(Mina)である。
  4. ^ 24時間テレビ内の企画
  5. ^ 商品購入者全員対象
  6. ^ 商品購入者全員対象
  7. ^ Jリーグ静岡選抜vsJリーグ外国選抜

出典[編集]

  1. ^ オリコン】安室奈美恵『あの幻の名曲も!20周年の締めくくりを飾ったドーム公演!!』”. ORICON STYLE. オリコン (2013年1月19日). 2013年9月17日09:29閲覧。
  2. ^ a b c d e 「微笑1992.5.16」より
  3. ^ Zipper 93.6」より