スーパーマンVSターミネーター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

スーパーマンVSターミネーター』は、ダークホースコミックスの漫画作品。『スーパーマン』と『ターミネーター』のクロスオーバー作品でもある。

ストーリー[編集]

2032年スカイネットはジョン・コナーに関するある情報を発見する。

「ジョン・コナーとサラ・コナーは、一度、1993年にスーパーマンから命を救われている。」

つまり、それ以前のスーパーマンを殺せば、必然的に1993年の時点でジョン・コナーとサラ・コナーは死亡する。

スカイネット1991年に大量のターミネーター軍団を投入する。

余談[編集]

  • 敵のターミネーターの多くは、イヌネズミなどを模したものであるが、最大の敵としてT-800T-850のような敵がでてきている。
  • 1991年といえば『ターミネーター2』が公開された年であるが、映画本編の舞台は1994年であるため、この作品はターミネーター2より3年前の物語を描いていることになる。
  • 未来を教える味方の存在がないため、スーパーマンが未来を知ることはない。
  • 『ターミネーター』のクロスオーバー作品の1つに、『エイリアンVSプレデターVSターミネーター』が存在しており、エイリアンとプレデターとは、『スーパーマン』もクロスオーバーが描かれたことがある。