スーパーチャイニーズワールド3

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
スーパーチャイニーズワールド3 超次元大作戦
ジャンル アクションゲーム
対応機種 スーパーファミコン
開発元 明記されていない
発売元 カルチャーブレーン
人数 1~2人
メディア 12Mbitロムカセット
発売日 1995年12月22日
その他 ASIN B000068HJT
テンプレートを表示

スーパーチャイニーズワールド3』は1995年12月22日カルチャーブレーンより発売されたスーパーファミコンゲームソフト。『スーパーチャイニーズワールド』シリーズの第三作目である。サブタイトルは「超次元大作戦」。

概要[編集]

システム上では『スーパーチャイニーズワールド2』と同じだが、戦闘中にキャラクターの入れ替えなどが可能になった。また、この作品から戦闘方式をアクションコマンドの2つに選べるようになり、ストーリーが変化するようになった。さらに『スーパーチャイニーズファイター』で初登場したリンリンと本作登場のシュンがRPG初登場となり、ストーリーモードの使用キャラクターは4人となった。

ストーリー[編集]

ギンガ軍団の大元帥ギンガラマオーは超次元大魔獣ディメトロンを復活させ全宇宙、全次元の支配を企んでいた。

そんな事などつゆ知らず、チャイニーズランドではジャックとリュウが修行に励んでいる。ある日ジャックとリュウは不思議に光る森を見つける。そこで二人が見たものとは・・・・

全宇宙、全次元を巻き込んだ冒険が今はじまる!

登場キャラクター[編集]

ジャック

スーパーチャイニーズシリーズの主人公の一人。赤い道着がトレードマーク。双子の兄弟であるリュウと共に正義のために戦っている。修行を重ねると炎系の技を覚える事ができる。食べることが大好き。

リュウ

スーパーチャイニーズシリーズの主人公の一人。お調子者のジャックをフォローするしっかり者。ジャックとは違い雷系の技を覚えたり、体が小さくなるミクロンの術などが使えるようになる。

リンリン

光る森の調査中にジャックとリュウに出会い、仲間となる。美人だが、気が強くカンフーの達人。御札を使った技や蹴り技が得意。ポイ道士の孫。

シュン

ウケイの村のカンフー道場にやって来た謎の青年。青い髪に青い道着が特徴の美少年だが、その正体は・・・・

リア

ビューティフルワールドから助けを求めてやって来たお姫様。超次元大魔獣ディメトロンを復活させる力のあるオーラペンダントを所持している為、ギンガ軍団に狙われていた。

ジャック達に助けられてからは行動を共にしていたが、途中ガマダルマーの妖術により連れ拐われてしまう。リンリンと瓜二つの美少女だが、性格はおっとりとしたしっかり者である。

敵キャラクター[編集]

ガマダルマー

ギンガ軍団の一員。ダルマのような体と伸びる手で攻撃してくる。作中、何度も倒されるがしぶとく登場してくる。防衛隊基地ではカメラマンに扮し、リアをカメラに閉じ込め誘拐してしまう。

Mr.ダウト

ギンガ軍団の一員。珍の都ヨウカンの人々に悪夢を見せていた。全身紫のスーツに身を纏いレイピアを武器にしている。自意識過剰の色男だが、ダメージを受けるとマヌケな表情をみせる。寒いダジャレが得意。

テレビジョ

ギンガ軍団の一員。パーマのかかった青い髪と赤いイヤリングが特徴の美女。ワールド防衛隊の隊員達に催眠術をかけ、テレビの事しか考えられなくなるようにした。

ジャック達をテレビの中に引きずり込んで、テレビ番組に出演させる。番組中に苦しむジャック達の姿を楽しみにしていたが、あっさりクリアーされてしまい怒りをあらわにする。

テレピジョン

テレビジョが変身した姿。全身鳩の着ぐるみを着た格好をしている。防衛隊に秘密兵器を作らせない事が彼女の使命。

戦闘では、なんの攻撃もしてこず高みの見物を決め込んでいるが、襲ってくるギンガコマンドを投げ飛ばし、それをぶつける事でダメージを与える事ができる。その際見せる表情は変身前からは想像できないほどマヌケである。

ディメトロン

全宇宙に絶望をもたらす超次元大魔獣。リアの持つオーラペンダントに封印されていたがギンガラマオーによって復活してしまう。

ギンガラマオー

ギンガ軍団の大元帥。復活させたディメトロンを操って全宇宙、全次元を支配しようと企む。武術の腕もかなりのもの。

ジャックとリュウに一度は破れるが、その後ディメトロンと合体した姿で最後の戦いを挑んでくる。

ギンガラディメトロン

ギンガラマオーとディメトロンが合体した姿。最強のボス。

外部リンク[編集]