スーパーグループ (分類学)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

生物分類において、スーパーグループ (supergroup) とは、1980年代頃から提唱され始めた真核生物の高次分類群のことを指す。日本では、カタカナの聞き慣れない分類群として紹介されることが多い。一般に、それ以前から知られているを下位分類とするような上門、亜界、界、上界等の階級の程度の単系統の分類群をスーパーグループと呼ぶ。

代表的な例としては、ISOP(International Society of Protistologists、国際原生生物学会)が示した6大分類、クロムアルベオラータアーケプラスチダオピストコンタリザリアアメーボゾアエクスカバータがある。これらの下位分類となるストラメノパイルアルベオラータ盤状クリステ類(ディスキクリスタータ)等もスーパーグループとされる。

さらに最近では、ハプト植物クリプト植物が姉妹群であるとして、それをひとくくりにしたハクロビアHacrobia)というスーパーグループが有力視されてきており、また、ストラメノパイル、アルベオラータ、リザリアが単系統を成すとして、その頭文字を取ったSARスーパーグループSAR supergroup)という分類群も提唱されている。

スーパーグループより高次の分類の場合には、メガグループという呼称が使われることがある。具体的には、アーケプラスチダ、ハクロビア、SARをまとめた説が提唱されている(Plants+HC+SAR megagroup)。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]