スージー・クーパー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

スージー・クーパー (Susie Cooper) の名で広く知られたスーザン・ヴェラ・クーパー(Susan Vera Cooper、1902年10月29日 - 1995年7月28日)は、1920年代から1980年代までストーク=オン=トレント陶器産業界で働いた、イングランドの著名な陶器デザイナー[1]

生涯と業績[編集]

クーパーは、ストーク=オン=トレントのスタンフィールズ (Stanfields) に、7人きょうだいの末子として生まれた。彼女は幼い頃から絵を描くことに興味を示し、バースレム美術学校 (Burslem School of Art) の夜間教室に通って美術教育を受け始めた。1922年A・E・グレイ社 (A.E. Gray & Co. Ltd) の製陶工場で働くようになったが[2]、その目的のひとつはロイヤル・カレッジ・オブ・アートに入る足がかりとすることにあった。

グレイ社の創業者であるアルバート・エドワード・グレイ (Albert Edward Gray) は、クーパーの絵描きとして、デザイナーとしての才能をすぐに発見し、程なくしてクーパーは自分の手描きで花柄のデザインを制作するようになった。1923年、グレイ社はラスター彩の技法を用いたグロリア・ラスター・レンジ (the Gloria Lustre Range) のシリーズを始めた。1929年、装飾を描くだけでなく、陶器の形状もデザインしたいという望みを叶えるため、クーパーは、義兄アルバート・"ジャック"・ビーソン (Albert "Jack" Beeson) とともにグレイ社を退社し、自らの事業としてスージー・クーパー・ポッタリーズ (Susie Cooper Potteries) を設立した。

1938年には、結婚し、後に1男をもうけた[2]

その後、何十年間にもわたって、クーパーはウェッジウッドを含む数多くの陶器メーカーのために仕事をした。スージー・クーパー・ポッタリーズは、1966年にウェッジウッド・グループ傘下に入ったが、1980年バースレム (Burslem) の工場が閉鎖されるまでは経営上の独立が維持された[2]

クーパーは、1940年にはロイヤル・ソサエティ・オブ・アーツからロイヤル・デザイナー・フォー・ インダストリー (Royal Designer for Industry, RDI) の称号を与えられ[2]1979年には大英帝国勲章 (OBE) を授与された。 エリザベス王太后は、クーパー作品の愛好者であったと伝えられている。

クーパーは80歳で引退してマン島へ移り住み、1995年に同地で没した。クラリス・クリフ (Clarice Cliff) やシャーロット・リード (Charlotte Rhead) など、スタッフォードシャー陶器業 (Staffordshire Potteries) の他の陶器デザイナーたちと同様に、クーパーの作品は陶器収集家の間に強い需要があり、高値が付けられている。

出典・脚注[編集]

  1. ^ Local Heroes: Susie Cooper”. BBC (2006年4月13日). 2012年4月14日閲覧。
  2. ^ a b c d Niblett, Kathy (1995年8月1日). “Obituaries: Susie Cooper”. The Independent. http://www.independent.co.uk/news/people/obituaries-susie-cooper-1594209.html 2012年4月14日閲覧。 

外部リンク[編集]