スヴャトスラフ・イヴァノヴィチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
スヴャトスラフ・イヴァノヴィチ
Святослав Иванович
スモレンスク大公
Facial Chronicle - b.10, p.202.jpg
在位 1359年 - 1386年

死去 1386年
子女 一覧参照
家名 リューリク家
父親 スモレンスク大公イヴァン・アレクサンドロヴィチ
テンプレートを表示

スヴャトスラフ・イヴァノヴィチロシア語: Святослав Иванович、? - 1386年)は、スモレンスク大公(在位:1359年 - 1386年)。スモレンスク大公イヴァン・アレクサンドロヴィチの子。

略歴[編集]

スヴャトスラフは父の死後にスモレンスク公国を得た。1368年リトアニア大公アルギルダスの最初のモスクワ遠征に参加した。しかしアルギルダスはドイツ騎士団を撃退するためにリトアニア大公国の西の国境への撤退を余儀なくされ、スモレンスクモスクワ大公国軍の報復を受けた。次いでスヴャトスラフは、1370年のアルギルダスの二度目の遠征に参加することを決めたが、その際にコンスタンディヌーポリ総主教から警告書簡を送られている。

1372年、モスクワとリトアニアの和平条約の範囲内において、モスクワとスモレンスクの和平条約も調印された。1375年、スモレンスク軍はモスクワ大公ドミートリー・ドンスコイトヴェリ遠征に参加した。同時に、スモレンスクはアルギルダスによって侵略を受けた。後に、スモレンスク軍はモスクワ側(対リトアニア側)に立って、1380年クリコヴォの戦いに参加した。

1386年、リトアニア支配下のムスチスラヴリを包囲したが、ヤガイロの率いるポーランド・リトアニア軍が到着し、スモレンスク軍は敗れた(ヴィフラ川の戦い)。スヴャトスラフは死亡し、長男のグレプは人質としてリトアニアに置かれた。スモレンスク公位は次男のユーリーが継いだ。

子女[編集]

公座の置かれた都市については以下を参照:ヴャジマポルホフ

参考文献[編集]

関連項目[編集]

先代:
イヴァン
スモレンスク公
1359年 - 1386年
次代:
ユーリー・スヴャトスラヴィチ