スヴェトラナ・ゲラシメンコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Светла́на Ива́новна Герасиме́нко
Світлана Іванівна Герасименко
スヴェトラナ・ゲラシメンコ
Svetlana Gerasimenko Portrait.jpg
生誕 Svetlana Ivanovna Gerasimenko
(1945-02-23) 1945年2月23日(75歳)
バリシフカウクライナ
居住 ドゥシャンベタジキスタン
市民権 ソビエト連邦タジキスタン
研究分野 天文学
出身校 キエフ大学
主な業績 彗星の発見
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

スヴェトラナ・ゲラシメンコ(Svetlana Ivanovna Gerasimenko; ロシア語: Светла́на Ива́новна Герасиме́нко; ウクライナ語: Світлана Іванівна Герасименко1945年2月23日-)は、キエフ州バリシフカ出身、ウクライナ起源の[1]ソビエト連邦タジキスタン天文学者である。

チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星の発見[編集]

1969年9月11日、当時のカザフ・ソビエト社会主義共和国首都アルマトイ近郊のアルマアタ天体物理研究所で働いていたゲラシメンコは、口径50cmのマクストフカセグレン式望遠鏡コマス・ソラ彗星を撮影していた[2]

キエフ大学クリム・チュリュモフがこれを見て、写真の端に彗星のようなものを発見したが、コマス・ソラ彗星であると推定した[3][4]。写真が撮られてから約1か月後の10月22日、彼はこれが期待される位置よりも2-3度ずれた位置にあり、コマス・ソラ彗星ではあり得ないことに気付いた。さらに精査したところ、期待される位置にコマス・ソラ彗星の姿が見つかり、もう一つの物体は別の彗星であることが証明された[3]。全ての写真を調べたところ、9月9日と21日に撮影された、さらに4枚の写真からも見つかった[4]

命名[編集]

出典[編集]

  1. ^ Герасименко: я открыла комету случайно”. 2016年10月4日閲覧。 “Я украинка по отцу, полячка по маме, но осознаю себя украинкой.”
  2. ^ Klim Ivanovich Churyumov”. International Astronomical Union. 2014年8月8日閲覧。
  3. ^ a b Kronk, Gary W. et al. (2010). “67P/1969 R1 (Churyumov-Gerasimenko)”. Cometography: A Catalog of Comets; Volume 5: 1960-1982. Cambridge University Press. pp. 241-245. ISBN 052187226X. https://books.google.com/books?id=qV4Q49x8PTsC&lpg=PA241&pg=PA241 
  4. ^ a b Svetlana Gerasimenko - co-discoverer of comet 67P”. European Space Agency (2014年11月16日). 2017年7月2日閲覧。