ジャワ海溝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
スンダ海溝から転送)
Jump to navigation Jump to search
オーストラリアプレートユーラシアプレートの下に沈み込み、その部分がジャワ海溝となっている。このプレートの沈み込みによって、過去幾度も地震を起こしている。

ジャワ海溝(ジャワかいこう、:Java Trench)またはスンダ海溝(スンダかいこう、:Sunda Trench)は、スンダ列島の西側から南側にかけて位置する海溝インドネシア海溝とも。長さは約2,600km。

インドネシアスマトラ島北西からジャワ島の南を経て、スンバ島の南へ至るものであり、南西側に凸の弓なりの配置をしている。最深部は水深7,725 mで[1]、ジョグジャカルタの南320 km付近にある。

ユーラシアプレートスンダプレートおよびビルマプレート)とインド・オーストラリアプレートの境界であり、インド・オーストラリアプレートがユーラシアプレート下に潜り込んでいる。

地震[編集]

2004年のスマトラ島沖地震はジャワ海溝北端部を震源としている。この地震を契機に、ジャワ海溝付近では大きな地震が頻発している。

ロンボク島地震 (2018年8月)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Nazri, M.; Halif, A. (2005). “The physics of tsunami: basic understanding of the Indian Ocean disaster”. American Journal of Applied Sciences 2 (8): 1187-1192. https://dspace.unimap.edu.my/dspace/bitstream/123456789/5498/1/The%20physics%20of%20Tsunami.pdf 2017年12月26日閲覧。. 

関連項目[編集]