スロビ地区 (カーブル)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
スロビ地区
—  地区 (アフガニスタン)英語版  —
カブール州内での位置
国の一覧  Afghanistan
アフガニスタンの州 カーブル州
首都 スロビ (カーブル)英語版
人口 (2015)
 - 計 56,642人
等時帯 アフガニスタン時間 (UTC+04:30)

スロビ地区英語: Surobi District)はアフガニスタンカーブル州地区英語版である。この地区の首都はスロビ英語版カーブル川英語版がスロビ地区の主要な河川となる。

概要[編集]

スロビ地区はカーブルからA01ハイウェイ英語版沿いに60キロ東に位置している。カーブルの北東には他にも多くの地区が存在するが、スロビ地区は英雄ファイサル・ババカルカイル(Faisal Babakarkhail)の生誕地として特に有名である。ファイサル・ババカルカイルはジハーディストを率いてソビエト軍と戦った勇敢な指揮官として名を馳せた[1]

1990年代、この地区にはハーリド・ビン・ワリード・トレーニング・キャンプ英語版(軍事訓練場)があった[2]。しかし1998年にアメリカ大使館爆破事件(ケニアとタンザニアの米大使館が爆破された事件)が起きると、アメリカは報復としてこのトレーニング・キャンプを巡航ミサイルで攻撃し、キャンプは消失した[3]

2007年7月23日にはIED(簡易爆弾)がアメリカ軍の車両近くで爆発し、マイケル・S·カリー・ジュニア曹長、トラヴォン・T・ジョンソン軍曹、アダム・J・デービス上等兵、ジェシー・S・ロジャーズ上等兵の4名が犠牲となっている[4]

ウズベキスタン・イスラム運動の戦闘員が2007年10月の時点でこのスロビ地区で活動していたらしいことがわかっている[5]

スロビ地区は2009年12月のフランス外人部隊の主な活動地域となっていた[6]

人口動態[編集]

スロビ地区にある基地に戻るアメリカ陸軍

アフガニスタン地方更生発展省(MRRD)が国際連合難民高等弁務官事務所、アフガニスタン中央統計局(CSO)と共同で行った調査によれば、この地区の人口は44,871人である[7]

アフガニスタンのNGOAIMS)と国際連合難民高等弁務官事務所の調査によれば、全体の90パーセントをパシュトゥーン人が占めており、パシャイ人英語版が残りの10パーセントを占める[8]

地理[編集]

スロビ地区は西はバグラミ地区英語版及びデー・サブズ地区英語版と接する。北はパルヴァーン州カーピーサー州、東にラグマーン州、南はナンガルハール州カーキ・ジャバール地区英語版と接する。

スロビ地区には130の村が存在する。カーブル川がこのスロビ地区を貫くように中央を走っており、両岸には緑が茂る。地区内には3つのダムが存在し、これらはスロビ地区のみならず首都カーブルの電力源となっている。それぞれの村にはそれぞれの長や指導者がいる。

参考文献[編集]

  1. ^ Coleman, Lyman (2010). Called to Serve: An Historical Novel. Trafford Publishing. p. 122. ISBN 978-1-4269-3036-2. https://books.google.com/books?id=A9aAN-BzKt4C&pg=PA122 2011年4月18日閲覧。. 
  2. ^ Hussain, Zahid (2 July 2008). Frontline Pakistan: The Struggle With Militant Islam. Columbia University Press. p. 96. ISBN 978-0-231-14225-0. https://books.google.com/books?id=cD36RbtSKNkC&pg=PA96 2011年4月18日閲覧。. 
  3. ^ Laura Miller (2002年7月17日). “My Jihad”. Salon.com. オリジナル2004年5月31日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20040531102814/http://archive.salon.com/books/review/2002/07/17/myjihad/print.html 2012年11月25日閲覧。 
  4. ^ IntelCenter; Tempest Publishing (24 April 2008). IntelCenter Terrorism Incident Reference (TIR): Afghanistan, 2000-2007. Tempest Publishing. p. 516. ISBN 978-0-9665437-8-0. https://books.google.com/books?id=xksAcyvH4UYC&pg=PA516 2011年4月18日閲覧。. 
  5. ^ Giustozzi, Antonio (15 October 2009). Decoding the new Taliban: insights from the Afghan field. Columbia University Press. p. 77. ISBN 978-0-231-70112-9. https://books.google.com/books?id=bIznGb3I0M8C&pg=PA77 2011年4月18日閲覧。. 
  6. ^ French troops spearhead assault in Afghanistan”. BBC News (2009年12月17日). 2011年4月18日閲覧。
  7. ^ Kabul PDP Provincial profile”. 2010年12月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年11月25日閲覧。
  8. ^ UNHCR profile for Surobi District”. 2012年11月25日閲覧。[リンク切れ]en:Template:cbignore

外部リンク[編集]

座標: 北緯34度38分 東経69度44分 / 北緯34.63度 東経69.73度 / 34.63; 69.73