スレイマン・サネ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
スレイマン・サネ Football pictogram.svg
名前
ラテン文字 Souleyman Sané
基本情報
国籍 セネガルの旗 セネガル
生年月日 (1961-02-26) 1961年2月26日(58歳)
出身地 ダカール
身長 174cm
選手情報
ポジション FW
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1985-1988 ドイツの旗 SCフライブルク 106 (56)
1988-1990 ドイツの旗 1.FCニュルンベルク 57 (12)
1990-1994 ドイツの旗 SGヴァッテンシャイト 117 (39)
1994-1995 オーストリアの旗 FC Tirol Innsbruck 48 (23)
1995-1997 スイスの旗 FCローザンヌ・スポルト 57 (27)
1997-1999 ドイツの旗 SGヴァッテンシャイト 45 (9)
1999 オーストリアの旗 LASKリンツ 10 (0)
2000 スイスの旗 FCシャフハウゼン
2000-2004 ドイツの旗 Rot-Weiß Leithe
2004-2009 ドイツの旗 Schwarz-Weiß Südfeldmark
2009-2010 ドイツの旗 DJK Wattenscheid
代表歴2
1990-1997 セネガルの旗 セネガル 55
監督歴
2008-2011 ザンジバルの旗 ザンジバル代表コーチ
2009-2010 ドイツの旗 DJK Wattenschei 選手兼コーチ
1. 国内リーグ戦に限る。2016年2月10日現在。
2. 2016年6月1日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

スレイマン・サネSouleyman Sané1961年2月26日 - )は、セネガルダカール出身の元プロサッカー選手、元サッカー指導者。元セネガル代表。現役時代のポジションは、フォワード

選手経歴[編集]

クラブ[編集]

セネガルの首都ダカールにて、外交官の子として生まれる。4歳の時にフランスに移住。父親の強いすすめでサッカー選手になることを決意し、アマチュアチームでプレーを始めた。

1982年、兵役のため軍の招集を受けた。本来、有望なサッカー選手であったため自宅近くに勤務することを許されるはずだった。そのためにはフランスサッカー協会が必要書類を送付しなければならなかったが、夏期休業中であったためサネの両親に連絡することが出来なかった。結果、シュヴァルツヴァルトを越えて遠隔地での勤務を余儀なくされた[1]

1985年、2. ブンデスリーガに所属していたSCフライブルクのスカウトに見出され、最初のプロ契約を結んだ。3シーズンで56ゴールを挙げ、1988年には得点王を獲得した。この活躍を受け、1.FCニュルンベルク、そしてブンデスリーガのSGヴァッテンシャイトに移籍した。100m10.7秒の俊足を活かしたプレーでリーグを席巻、ブンデスリーガで最初に活躍した黒人選手の一人になった[1]

1994年、オーストリアのFCチロル・インスブルックに移籍すると、ここでもリーグ得点王を獲得した。その後、ドイツ、スイス、オーストリアのクラブでプレーし、最後は家族の住むルール地方のアマチュアクラブでプレーし現役を引退した[1]

代表[編集]

セネガル代表の一員としてアフリカネイションズカップ1992アフリカネイションズカップ1994に参加した。

指導経歴[編集]

2008年から2011年までサッカーザンジバル代表でコーチを務めた。また2009-2010シーズンはDJK Wattenscheidで選手兼コーチとして在籍した[2]

タイトル[編集]

個人[編集]

家族[編集]

新体操選手でロサンゼルスオリンピック銅メダリストのレギーナ・ヴェーバーと結婚した。二人の間には3人の子どもがおり、そのうちの一人がサッカードイツ代表レロイ・サネである[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d Michael Yokhin (2015年11月12日). “Leroy Sane shines for Schalke with Germany star wanted by Liverpool”. ESPN FC. 2016年1月4日閲覧。
  2. ^ souleyman-sane-ueber-sein-traineramt”. 2015年1月1日閲覧。
  3. ^ Souleyman Sané weltfussball.de, accessed: 28 March 2014

外部リンク[編集]