スルーオゴールド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
スルーオゴールド
欧字表記 Slew o'Gold
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1980年4月19日
死没 2007年10月14日(27歳没)
Seattle Slew
Alluvial
母の父 Buckpasser
生国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生産 クレイボーンファーム
馬主 Equusequity Stable
調教師 Sidney Watters Jr(アメリカ)
→John O.Hertler(アメリカ)
競走成績
生涯成績 21戦12勝
獲得賞金 353万3534ドル
テンプレートを表示

スルーオゴールド (Slew o'Gold) は、アメリカ合衆国競走馬種牡馬として活躍した馬である。半兄1979年ベルモントステークスなどを制したコースタル (Coastal) がいる。

略歴[編集]

競走馬時代[編集]

1982年(2歳)にアケダクト競馬場でのデビュー戦で初勝利を挙げ、その後は2戦して1勝している。

1983年(3歳)、この年4走目となったウッドメモリアルステークスを制し、G1初勝利を挙げたが、続くケンタッキーダービーは3着だった。ピーターパンステークス (G3) を12馬身差で圧勝して挑んだベルモントステークスでは、1番人気に支持されるが2着だった。その後G1を2走し、迎えたウッドワードステークス鼻差で制し、G12勝目を挙げた。次走のマールボロカップハンデキャップこそ2着となるが、続くジョッキークラブゴールドカップを制しG13勝目を挙げ、この年のエクリプス賞3歳牡馬チャンピオンに選出された。

1984年(4歳)、7月にベルモントパーク競馬場での一般競走を制し、続くホイットニーハンデキャップ、ウッドワードステークス、マールボロカップハンデキャップ、ジョッキークラブゴールドカップとG1を4連勝、前年のジョッキークラブゴールドカップから6連勝を達成した。しかし、その後のブリーダーズカップ・クラシックではワイルドアゲインに敗れ連勝がストップし、この競走を最後に引退することになった。なお、この年はエクリプス賞古牡馬チャンピオンに選出された。

種牡馬時代[編集]

1985年より種牡馬として繋養され、以後2002年(22歳)の引退まで種牡馬として活動した。

種牡馬引退後はスリーチムニーズファームで余生を送っていたが、2007年10月14日に老衰のため安楽死処分となった。

1992年アメリカ競馬名誉の殿堂博物館の選定により、アメリカ競馬殿堂入りを果たした。また、1999年にはアメリカの競馬情報誌ブラッド・ホースの選定による20世紀のアメリカ名馬100選において、第58位に選ばれている。

主な産駒[編集]

母の父としての主な産駒[編集]

血統表[編集]

スルーオゴールド血統ボールドルーラー系 / Princequillo 4x5=9.38%、 Nasrullah 父内5x5=6.25%) (血統表の出典)

Seattle Slew
1974 青鹿毛 アメリカ
父の父
Bold Reasoning
1968 青鹿毛 アメリカ
Boldnesian Bold Ruler
Alanesian
Reason to Earn Hail to Reason
Sailing Home
父の母
My Charmer
1969 鹿毛 アメリカ
Poker Round Table
Glamour
Fair Charmer Jet Action
Myrtle Charm

Alluvial
1969 栗毛 アメリカ
Buckpasser
1963 鹿毛 アメリカ
Tom Fool Menow
Gaga
Busanda War Admiral
Businesslike
母の母
Bayou
1954 栗毛 アメリカ
Hill Prince Princequillo
Hildene
Bourtai Stimulus
Escutcheon F-No.9-f


外部リンク[編集]