スルファニル酸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スルファニル酸
{{{画像alt1}}}
{{{画像alt2}}}
識別情報
CAS登録番号 121-57-3 チェック
PubChem 8479
ChEBI CHEBI:27500 ×
特性
化学式 C6H7NO3S
モル質量 173.19
密度 1.485
融点

288 °C, 561 K, 550 °F

への溶解度 >20 g/l
酸解離定数 pKa 3.01
関連する物質
関連するスルホン酸 ベンゼンスルホン酸
p-トルエンスルホン酸
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

スルファニル酸(4-アミノベンゼンスルホン酸)(英語:Sulfanilic acid (4-Aminobenzenesulfonic acid))は、わずかに黄色がかった色(Off-White、白の濃淡英語版参照)の結晶で、硝酸イオン亜硝酸イオン定量分析に使われる物質である。固体では双性イオンとして存在し、融点が高い[1]

合成[編集]

スルファニル酸はアニリンスルホ化で得られる[2]

スルファニル酸合成過程

応用[編集]

スルファニル酸はジアゾ化合物を作りやすいため、アゾ染料サルファ剤の合成に使用される[1]。またこの性質を利用してN-(1-ナフチル)エチレンジアミン英語版とともにジアゾカップリングを行ってアゾ染料を合成し、硝酸イオンや亜硝酸イオンを定量分析するのに使われる。各イオン濃度は溶液の色の強さ英語版から推測される[3]

スルファニル酸とN-(1-ナフチル)エチレンジアミンのジアゾカップリング

またスルファニル酸は燃焼分析英語版ポーリー反応英語版でも用いられる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b "Sulphanilic acid". A Dictionary of Chemistry. Oxford University Press, 2000. Oxford Reference Online. Oxford University Press.
  2. ^ Siegfried Hauptmann: Organische Chemie, 2nd Edition, VEB Deutscher Verlag für Grundstoffindustrie, Leipzig, 1985, p. 511, ISBN 3-342-00280-8.
  3. ^ G. H. Jerffery; J. Bassett; J. Mendham; R. C. Denney (1989). “Colorimetry and Spectrophotometry”. Vogel's Textbook of Quantitative Chemical Analysis, 5th Edition. ロングマン出版英語版. p. 702. ISBN 0-582-44693-7.