サラゾスルファピリジン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
スルファサラジンから転送)
移動先: 案内検索
サラゾスルファピリジン
Sulfasalazine.svg
IUPAC命名法による物質名
臨床データ
販売名 アザルフィジンEN, Azulfidine
Drugs.com monograph
MedlinePlus a682204
胎児危険度分類
法的規制
  • JP: 処方箋医薬品
投与方法 経口
薬物動態データ
生物学的利用能 <15%
半減期 5-10 時間
識別
CAS番号
599-79-1 チェック
ATCコード A07EC01 (WHO)
PubChem CID: 5384001
DrugBank DB00795 チェック
ChemSpider 10481900 チェック
UNII 3XC8GUZ6CB チェック
KEGG D00448  チェック
ChEMBL CHEMBL421 ×
化学的データ
化学式 C18H14N4O5S
分子量 398.394 g/mol

サラゾスルファピリジン(Salazosulfapyridine、SASP)またはスルファサラジン(Sulfasalazine、SSZ)は1950年代に開発された[2]リウマチ薬(DMARDs)である。サルファ剤に分類され、メサラジンスルファピリジン英語版アゾ結合している。日本ではアザルフィジンENとしてあゆみ製薬発売、ファイザー製造販売。

基本的な医療に必要とされるWHO必須医薬品モデル・リストに収載されている[3]

適応[編集]

サラゾスルファピリジン(SASP)は潰瘍性大腸炎クローン病等の炎症性腸疾患の治療に用いられていたが、関節リウマチでの有効性が示され、他の炎症性関節疾患(乾癬性関節炎)への有効性も確認された。他のDMARDsよりも忍容性が高い。

常習性アルコール依存症患者の治療に関する臨床試験で、SASPは肝硬変の瘢痕化を予防することが明らかとなった[4][5]。瘢痕化に関与する筋線維芽細胞からの蛋白分泌を抑制するものと思われた。

2歳未満の小児には投与できない。

炎症性腸疾患の治療に対しては、代謝産物のスルファピリジン英語版無顆粒球症精液減少症英語版を引き起こす為、SASPはあまり使われなくなり始めていた。もう一つの代謝産物である5-アミノサリチル酸(5-ASA)(=メサラジン)が治療効果をもたらすことは明らかであった。副作用発現頻度の観点から、5-ASAおよびその誘導体が用いられることが多い。しかしさらなる化学の進歩で、5-ASAとSASPでは潰瘍性大腸炎(UC)に対する有効性の作用が少し異なることが見つけられてきた。また直腸やS状結腸といった遠位の場合はSASPの方が5-ASAより有効性が高いことが知られており、病状に応じて現在も使われている[6]

SASPは抗ヒスタミン剤不応の特発性蕁麻疹の治療にも用いられる[7]

副作用[編集]

サラゾスルファピリジン(SASP)はスルファピリジンに代謝される。3ヶ月毎に(投与開始後はより頻回)血中濃度を測定すべきである。血中濃度50µg/Lを超えると副作用が発現してくる。

稀に、SASPは若年男性に対して重篤な抑うつ状態を発現することがある。

また一時的な不妊の原因となることがある[8]

血小板減少症の発現が報告されている[9]

SASPはジヒドロプテロイン酸シンターゼ英語版を阻害し、葉酸欠乏と巨赤芽球性貧血を引き起こす[10][11][12]

SASPはG6PD欠損症の患者では溶血性貧血を発現する[13]

作用機序[編集]

サラゾスルファピリジンおよびその代謝体5-アミノサリチル酸は消化管から吸収され難いので、主として腸内での作用によると思われる。

腸疾患[編集]

クローン病および潰瘍性大腸炎に使用した場合は、消化管内で抗炎症剤として機能していると思われる。炎症性メディエーターであるエイコサノイドや炎症性サイトカインの生成を抑制する等、多様なメカニズムが考えられる。しかし、糖質コルチコイド(炎症性腸疾患の治療に用いられる薬剤)と違い、免疫抑制作用は弱い。

関節炎[編集]

治療が奏効すると、疼痛、関節腫脹、硬直が軽快し、関節障害の進展を抑えることができる。SASPが何故様々な関節炎に有効なのかは未だ明らかではない。

SASPおよび5-ASAが吸収されて血中に現れる量はわずかであり、消化管外の症状に有効であるのは驚くべき事である。有効性を示す理由の一つとして、潰瘍性大腸炎が関節炎症状を示す事があり、未診断の潰瘍性大腸炎が治療される事で関節炎症状が治癒すると言う可能性が考えられる[要出典]

もう一つの代謝産物であるスルファピリジンは体内に吸収され、副作用の項で論じた様な副作用の原因となると考えられる。スルファピリジンが抗関節炎作用の一部を担っている可能性もあり得るとされる。

出典[編集]

  1. ^ http://www.drugs.com/pregnancy/sulfasalazine.html
  2. ^ Patient information: Disease modifying antirheumatic drugs (DMARDs) (Beyond the Basics)”. UpToDate (2012年5月). 2012年12月9日閲覧。
  3. ^ WHO Model List of EssentialMedicines”. World Health Organization (2013年10月). 2014年4月22日閲覧。
  4. ^ “Drug 'may reverse liver disease'”. BBC News. (2006年9月26日). http://news.bbc.co.uk/1/hi/health/5382172.stm 2010年5月24日閲覧。 
  5. ^ Fiona Oakley, Muriel Meso, John P. Iredale, Karen Green, Carylyn J. Marek, Xiaoying Zhou, Michael J. May, Harry Millward-Sadler, Matthew C. Wright, Derek A. Mann (Jan 2005). “Inhibition of inhibitor of κB kinases stimulates hepatic stellate cell apoptosis and accelerated recovery from rat liver fibrosis”. Gastroenterology 128 (1): 108–120. doi:10.1053/j.gastro.2004.10.003. 
  6. ^ http://fujiyoshi-clinic.jp/daicho/UC_2_1.html
  7. ^ McGirt LY, Vasagar K, Gober LM, Saini SS, Beck LA (Oct 2006). “Successful treatment of recalcitrant chronic idiopathic urticaria with sulfasalazine”. Arch Dermatol 142 (10): 1337–1342. doi:10.1001/archderm.142.10.1337. PMID 17043190. 
  8. ^ http://www.medic8.com/medicines/Azulfidine.html
  9. ^ Cantarini L, Tinazzi I, Biasi D, Fioravanti A, Galeazzi M (June 2007). “Sulfasalazine-induced immune thrombocytopenia”. Postgraduate Medical Journal 83 (980): e1. doi:10.1136/pgmj.2006.055194. PMC 2600053. PMID 17551063. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=2600053. 
  10. ^ Inflammatory Bowel Disease Workup; Author: William A Rowe, MD; Chief Editor: Julian Katz, MD; http://emedicine.medscape.com/article/179037-workup#showall
  11. ^ Women With Autoimmune Diseases: Medications During Pregnancy and Lactation: Sulfasalazine; http://www.medscape.org/viewarticle/720225_7
  12. ^ Folic Acid Antagonists during Pregnancy and the Risk of Birth Defects; http://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJM200011303432204
  13. ^ SulfaSALAzine: Drug Information Provided by Lexi-Comp”. Merck & Co., Inc. (2012年1月). 2012年7月28日閲覧。

外部リンク[編集]

関連項目[編集]