スルチ川 (ウクライナ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ドニエプル川水系地図。Случ:スルチ川

スルチ川(スルチがわ、ウクライナ語: Случ)はウクライナフメリニツキー州ジトーミル州リウネ州を流れる河川である。

ホルィニ川右岸に注ぐ支流であり[1]、全長451km、うち290kmは航行可能である。流域面積は13800km²、中流での水量はおよそ45m³/秒[2]。ポジーリャ高地(en)のアヴラトィン村(ru)を水源とし、ポリーシャ低地(en)へと流れる[注 1]。水流は主に雨雪からなり、12月から3月にかけては凍結する。

流水の一部は飲料水として活用され、上流には小型の水力発電所が設置されている。リウネ州内で、河岸域の一部はソコルィニ山景観保護区(ru)となっている[注 2]

スルチ川沿いの市にはスタロコステャントィニウ英語版ノヴォグラード・ヴォルィンシクィー英語版サルヌィ英語版等がある。

注釈[編集]

  1. ^ 「高地」はロシア語: Возвышенность(高台、丘陵、高地の意[3])、「低地」はロシア語: Низменность(低地[4])からの訳出による。地域についてはポジーリャポリーシャを参照されたし。
  2. ^ 「景観保護区」はロシア語: ландшафтный заказникの意訳による。Заказникは禁猟区、伐採禁止区の意[5]

出典[編集]

  1. ^ Случь // Малый энциклопедический словарь Брокгауза и Ефрона
  2. ^ Случь // Географическая энциклопедия
  3. ^ 井桁貞義編 『コンサイス露和辞典』 三省堂、2009年。p107
  4. ^ 井桁貞義編 『コンサイス露和辞典』 三省堂、2009年。p552
  5. ^ 井桁貞義編 『コンサイス露和辞典』 三省堂、2009年。p258