スリングベルト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

スリングベルト(すりんぐべると)は、陸上自衛隊の装備。スリングネットよりも重量物、特に火砲、車両等を吊り下げるのに適している。CH-47J/JAでのみ使用される。

CH-47Jからスリングベルトで懸架される軽装甲機動車

諸元[編集]

  • 最大荷重:3000kg
  • 吊下帯:3.6m×4、1.2m×6
  • 集約吊下帯:1.2m×2

構成[編集]

  • 吊下帯
  • 集約吊下帯
  • その他付属品

特徴[編集]

高機動車軽装甲機動車73式小型トラックなどが機外に懸吊され、運搬される。その他軽い火砲も懸吊される。

第1ヘリコプター団、方面隊ヘリコプター隊などに装備されている。

製作[編集]

関連項目[編集]