スリランカヒョウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スリランカヒョウ Sri Lankan Leopard
Slleo1.jpg
Sri Lanka Leopard
保全状況評価
ENDANGERED
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 EN.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: 食肉目 Carnivora
: ネコ科 Felidae
: ヒョウ属 Panthera
: ヒョウ P. pardus
亜種 : スリランカヒョウ P. p. kotiya
学名
Panthera pardus kotiya
Deraniyagala, 1956
野生のスリランカヒョウ
Jihlava動物園のスリランカヒョウ

スリランカヒョウ (Panthera pardus kotiya)(別名: セイロンヒョウ)は、スリランカ原産のヒョウの亜種。スリランカのみに生息し、他の亜種同様に絶滅の危惧にさらされている。

スリランカヒョウの生態・分布[編集]

  • スリランカ(セイロン)島の各地に生息している[1]
  • レオパード・プロジェクトにおける最近の研究では、スリランカヒョウも他亜種同様に、夜間単独で狩りをし、オス、メスそれぞれが単独のテリトリーを有しているとしている。単独のテリトリーではあるが、オスとメスのテリトリーが重なる所もあるし、オスだけのテリトリーもある。メスと子供は一緒にいる。ヤーラ国立公園においては全世界の中でヒョウの密度が最も高く、テリトリーが狭い範囲になっている。ヒョウウォッチングの良い場所ではあるが生息の危機となっている。
  • スリランカ島唯一の原生林のシンハラジャ森林保護区は500種類の植物が自生し、スリランカヒョウ、スリランカゾウインドニシキヘビなどの絶滅が危惧されている動物も生息しているが1950年代頃からの人口増加による森伐採や伐採地での紅茶やゴムの大農園が作られ、その面積が現在では10分の1にまで減少してしまった。その為に、保護区域拡張のために、住民立ち退き計画が計画されたが、反発が強く計画は止まったままである。
  • 体色は、黄褐色。
  • 食性は、小型な哺乳類や鳥、爬虫類からサル、イノシシ、ホエジカ、サンバーなどのシカを獲物とし、時には野牛まで捕食する。

スリランカヒョウの見られる動物園の一部[編集]

  • シンガポールの動物園
  • オランダ・アルンヘムのBurgers動物園
    • 2006.08.26のオランダ発のニュースに三つ子のスリランカヒョウの赤ちゃんが予防接種を受けたニュースがある[2]
  • 日本国内の動物園にはいない。

参考資料・外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ スリランカヒョウの分布地図(英語版ウィキペディア)
  2. ^ 初めての予防接種 スリランカヒョウの三つ子 - オランダ - AFP BB News

関連項目[編集]