スライドホイッスル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
スライドホイッスルの機構
スライドホイッスル

スライドホイッスルは、の一種。

概要[編集]

注射器の針の部分に歌口を付けたような構造である。従って、音響学的には閉管である。楽器学上はフルートなどと同様 気鳴楽器であり、管楽器に分類されるが、打楽器奏者によって演奏されるため、管弦楽法上は打楽器として扱われる。

高い音から低い音へ、低い音から高い音へ、段階なしに音を出すことができ、音を上下に滑らせて(グリッサンド)演奏することが可能である。

楽器の長さは、20〜30cmの製品が多く見受けられる。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈・出典[編集]