スモーキークォーツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
石英 > スモーキークォーツ
煙水晶

スモーキークォーツsmoky quartz)は、水晶の一種で、石英グループに属する鉱物変種煙水晶(けむりすいしょう)[1]ともいう。

性質・特徴[編集]

モース硬度7。

茶色や黒っぽいがかったような。色彩に発色する原因は、はっきりとは分かっていないものの、地中で天然の放射線を浴びたり、内部にアルミニウムイオンが含まれるためであるとされている。

品種[編集]

モリオン[編集]

非常に暗い茶色〜黒色の不透明な品種が、モリオンとして知られている。 モリオンは、スモーキークォーツのドイツ語、デンマーク語、スペイン語、ポーランド語の同義語でもある。[2] その名前はPliny the Elderにおいてmormorionを読み間違えたことに由来する。[3] 5.4の密度を有する。

カンゴーム[編集]

カンゴームは、スコットランドのカンゴーム山脈に見られる様々なスモーキークォーツクリスタルである。 通常、スモーキーな黄褐色だが、いくつかの標本は灰色がかった茶色を示す。

スコットランドのジュエリーやキルトピンの装飾品やナイフSgian-dubh英語版のハンドルとして使われている。最大の既知のカンゴーム結晶は、Braemar城に保管されている23.6 kg(52ポンド)の標本である。

用途・加工法[編集]

落ち着いた色合いから良質のものは、宝飾品念珠として加工されたり、置物印鑑などの素材としても幅広く用いられている。

天然の煙水晶は、結晶クラスター)の状態では見つかるものの、宝飾品になるほどの高品質のものは決して安価ではない。天然石ビーズとして流通しているものの中には、いわゆるエンハンスメント(改良)と呼ばれる処理が施されているものが多数ある。安ければ安いほど、その傾向は強い。白水晶に人工的に放射線を浴びせて煙水晶にしたものもあれば、着色したものもある。その逆で、煙水晶を加熱処理して黄水晶(シトリン)として販売しているケースも度々見受けられる。

サイド・ストーリー[編集]

かつては、トパーズの一種と誤認され、スモーキー・トパーズという名称で、高価な宝石材料とされていたこともある。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 文部省編 『学術用語集 地学編』 日本学術振興会1984年、361頁。ISBN 4-8181-8401-2[リンク切れ]
  2. ^ http://www.mindat.org/min-6270.html Morion on Mindat
  3. ^ New Oxford American Dictionary (2nd ed., 2005), p. 1102.

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]