スモレンスク北飛行場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
スモレンスク北飛行場
Смоленск (Северный)
IATA: LNX - ICAO: XUBS
概要
国・地域 ロシアの旗 ロシア
所在地 スモレンスク州
種類 軍民共用
運営者 ロシア空軍
標高 250 m
座標 北緯54度49分30秒 東経032度1分30秒 / 北緯54.82500度 東経32.02500度 / 54.82500; 32.02500座標: 北緯54度49分30秒 東経032度1分30秒 / 北緯54.82500度 東経32.02500度 / 54.82500; 32.02500
滑走路
方向 長さ×幅 (m) 表面
08/26 2,500×49 コンクリート
リスト
空港の一覧
テンプレートを表示

スモレンスク北飛行場(スモレンスクきたひこうじょう、ロシア語: военный аэродром Смоленск-Северный英語: military aerodrome Smolensk-North)は、ロシア連邦スモレンスク州の州都スモレンスクの北4kmにある軍民共用の飛行場ロシア空軍の航空基地。基地の南東に隣接するスモレンスク航空工場(Smolensk Aviation Plantヤコヴレフ設計局系列)の試験飛行場としても使用されている。

配置部隊[編集]

第61航空軍 第103親衛軍事輸送航空連隊(103 Gv VTAP)所属のIl-76M、Dが配置されていたが、2009年10月に解隊され、配属機はオレンブルクタガンログに移された。冷戦期には第401戦闘機連隊(MiG-23P)、その後は第871戦闘機連隊(MiG-23、Su-27MiG-29)が配置されていた。

事故[編集]

2010年4月10日ポーランド共和国大統領レフ・カチンスキ及び多数の同国政府要人を乗せたポーランド空軍第36特殊輸送航空連隊所属の大統領専用機Tu-154M 101号機がこの飛行場への着陸進入中に墜落し、乗客乗員96名全員が死亡した。

外部リンク[編集]