スモッシュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
イアン・ヒコックス(左)とアンソニー・ペディラ(右)。

スモッシュ (Smosh) とはアメリカ合衆国出身のYouTuber、ビデオ製作者である。少年時代からの友人であるアンソニー・ペディラ(Anthony Padilla 1987年9月16日 - )とイアン・ヒコックス(Ian Hecox 1987年11月30日 - )が組んで行っている。チャンネル登録者数は2200万人を超えており、人気チャンネルとなっている。主流テレビ局の番組でも紹介され続けてきた。2人は、カリフォルニア州サクラメント近郊のカーマイケルに在住している。

スモッシュによる「ポケモン」テーマのミュージック・ビデオはYouTubeで多く視聴されたものの一つであったが、現在は削除されている。(〔彼らのウェブサイトの〕スモッシュ・ドットコム上ではまだ見ることができる)この動画は2400万以上もの再生回数があった。

2007年3月、スモッシュはYouTubeで初めて催された"YouTubeビデオアワーズ"の際、彼らの動画"Smosh Short 2: Stranded"で「ベスト・コメディ・オブ・2006」の栄冠を勝ち取っている。

スモッシュのYouTubeでの新しいアカウント名はIanHといい、スモッシュ・チャンネルからビデオを視聴する多数の人々が素通りしそうなビデオクリップを公開する場として利用している。彼らはこのアカウントでも十分に人気を得ていて、視聴予約は1万4500人以上、最多視聴予約リストのトップ100のうち、67位に位置している。

『IanH』のアカウントは、アカウント名の通り、イアン・ヒコックスが一人で出てくる事がたびたびあったりと、主にイアン・ヒコックスだけで構成されているが、時々、アンソニーと一緒に「ファンレター読んだり」「ファーストフードを買いに行って食べたり」と、 『Smosh』の舞台裏のような所が見られる。

2012年には『El Smosh』のアカウントを設立。Patrick氏によってスペイン語に翻訳された作品が投稿される。 なお、英語版で元々スペイン語の台詞は英語になっている[注 1]

大の日本好きであり、動画内で日本のカルチャーや日本人について度々取りあげている。日本で2011年に起こった東日本大震災の際には、真っ先に日本への救助費の寄付を募る動画を公開している。

フォーブスの2015年に行った調査によれば、スモッシュの年収はユーチューバーとしては世界2位となる850万ドル(約10億円)である[1]

スモッシュ・ドットコム[編集]

スモッシュ・ドットコム(Smosh.com)はもともと、2002年半ば頃に、カーマイケルに住む高校の友人グループ用のフリー・フォーラム・サイトとして始められた。 このフォーラムは現在5万5000人以上のメンバーがいる。このサイトで独占公開されているビデオは、メンバーであれば視聴することができる。

動画の特徴[編集]

主にブラックジョーク、下ネタなどが挙げられる。またあるブランドへのアンチ、障害者をネタにした動画がいくつかあり、Smoshへのアンチも多くいる。

2006年からは年に一度、”Food Battle ”を開催。(2008年からはアンソニーが使う食べ物をsmosh.com内の投票で決定。イアンは毎年ピンクフロストドーナツ。)

2016年1月11日からは、イアンの実際の経験をもとにしたコメディードラマ、”Part Timers"をYouTube内で公開中。

注釈[編集]

  1. ^ 例:"XTREME SLEEPOVER!"の"¡Ah!¡Mis ojos!"(ああ!目が!)は"Ah!Myeyes!"と翻訳されている

脚注[編集]

外部リンク[編集]