スメタナ弦楽四重奏団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スメタナ弦楽四重奏団
Smetanovo kvarteto
基本情報
別名 プラハ音楽院弦楽四重奏団 (1943-1945)
出身地 ベーメン・メーレン保護領の旗 ベーメン・メーレン保護領 プラハ
ジャンル 弦楽四重奏
活動期間 1943年 - 1989年
メンバー
イルジー・ノヴァークヴァイオリン
リュボミール・コステツキー(ヴァイオリン)
ミラン・シュカンバヴィオラ
アントニーン・コホウトチェロ
旧メンバー
ヤロスラフ・リベンスキー(ヴァイオリン)
イルジー・ノイマン(ヴィオラ)
ヴァーツラフ・ノイマン(ヴィオラ)
ヤロスラフ・リベンスキー(ヴィオラ)

{{{Influences}}}

スメタナ弦楽四重奏団チェコ語: Smetanovo kvarteto英語: Smetana Quartet)は、1945年から1989年まで存在したチェコ弦楽四重奏団である。

概要[編集]

プラハ音楽院で室内楽を学んだJ.リベンスキー(第1バイオリン),L.コステツキー(第2バイオリン),V.ノイマン(ヴィオラ)、A.コホウト(チェロ)の4人で1943年に結成された。結成当初の名称はプラハ音楽院弦楽四重奏団である。1945年にスメタナ弦楽四重奏団と改称し、デビューを果たす。1947年ノイマンが指揮者に転向するために脱退し、リベンスキーがヴィオラを受け持つ。また、同時に第1バイオリンとしてJ.ノバークが加入した。

1947年にはポーランドで最初の海外ツアーを行う。1950年、スメタナの弦楽四重奏曲を録音。これは、同四重奏団の最初の録音である。

1956年リベンスキーが病気となり、ヴィオラがM.シュカンパに交代する。

1989年に解散。

ボヘミアの弦の伝統であるいぶし銀のようにくすんだ音色と柔らかく練りあげられたアンサンブルを特色とし、レパートリーはスメタナドボルジャークヤナーチェクを主とするが,ドイツ、オーストリアの古典派からロマン派まで広く含んでいる。

メンバー[編集]

参考文献[編集]

  • Jirǐ Berkovec, The Smetana Quartet (Orbis 1956)