スマート千葉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

スマート千葉(スマートちば)は、かつて千葉県内のレジャー観光グルメなどの情報を発信する個人ブログと、千葉県内のニュース行政情報、ふるさと納税やECサイトで扱う名産品の情報を集約したキュレーションサイトである。

千葉県千葉市で創業したIT企業ベイキューブシーが、千葉県の魅力ある商品、観光資源を日本全国や世界に向けて発信することを目的に立ち上げた[1]

特長[編集]

専門分野を持つ千葉県内のブロガーを地域レポーターに見立て、それぞれのブログを時系列、地域別、カテゴリー別、共通タグ別でグループ化して配信した。

2014年当初は、RSS技術を利用してブログ連携を行った。2017年のリニューアルを機に、独自開発にてFacebookページ連携を行った。

沿革[編集]

  • 2014年7月31日 - 千葉情報まとめサイト「スマート千葉」を開始[2]
  • 2017年9月21日 - リニューアルオープン。サーバー強化による表示速度向上。サムネイル写真を多用する新デザイン。Facebookページからの投稿連携開始。多言語対応[3]
  • 2018年7月25日 - 常時SSL化。
  • 2019年10月31日 - すべてのサービスを終了し、サイトをクローズ[4]

ロゴマーク[編集]

スマート千葉ロゴマーク
スマート千葉ロゴマーク

ロゴマークの募集を船橋情報ビジネス専門学校に依頼し、同校Webクリエイター科 2年の学生(当時)のデザインを採用した[1]

イメージキャラクター[編集]

スマート千葉イメージキャラクター「千葉ちずる」(ちばちずる)

イメージキャラクターは千葉ちずる(ちばちずる)。フリーランスのイラストレーターおといちがデザインした[2][5]

脚注[編集]

  1. ^ a b スマート千葉とは”. スマート千葉. 2018年9月15日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2022年1月22日閲覧。
  2. ^ a b 千葉のレジャー、観光、名産品、グルメ情報が満載 地域レポーター、メディア、行政、eコマースを連携 千葉情報まとめサイト「スマート千葉」がオープン”. 株式会社ベイキューブシー (2014年7月31日). 2016年10月17日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2022年1月22日閲覧。
  3. ^ リニューアルオープンのお知らせ”. スマート千葉 (2017年9月21日). 2018年9月15日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2022年1月22日閲覧。
  4. ^ 「スマート千葉」サービス終了のお知らせ”. スマート千葉 (2019年10月31日). 2020年1月12日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2022年1月22日閲覧。
  5. ^ oto_ichi3のツイート(673126286693261314)

外部リンク[編集]