スマート・フォーフォー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
スマート・フォーフォー
2015 Smart Forfour Prime Premium T 900cc.jpg
2代目 プライム・プレミアム T
販売期間 2004-2006(初代)
2014-(2代目)
製造国 オランダの旗 オランダ(初代)
スロベニアの旗 スロベニア(2代目)
ボディタイプ 5ドアハッチバック
駆動方式 FF(初代)
RR(2代目)
テンプレートを表示

フォーフォー (Forfour)は、ダイムラー傘下のスマートが製造・販売をしている小型(欧州市場におけるAセグメント)自動車である。

概要[編集]

2004年にシティークーペ(現・フォーツー)に次ぐスマートの2モデル目として登場した小型車で、5人乗り5ドアハッチバックのモデルとなっている。

初代モデルは三菱自動車の協業によりコルトと車台を共有するモデルとして登場したが3年足らずで販売を終了し、2014年にルノーとの協業によりトゥインゴ・フォーツーとの兄弟モデルとして復活した。

歴代モデル[編集]

初代 W454(2004–2007年)[編集]

スマート・フォーフォー
W454
1.1L(2005年)前面
2005 Smart Forfour Pulse 1.1.jpg
1.1L(2005年)リア
2005 Smart Forfour Pulse 1.1 Rear.jpg
製造国 オランダの旗 オランダ
販売期間 2004-2006
乗車定員 5名
ボディタイプ 5ドアハッチバック
エンジン M134型 1,124cc 直列3気筒DOHC12バルブMIVECガソリンエンジン
M135型 1,332cc 直列4気筒DOHC16バルブMIVECガソリンエンジン
M135型 1,499cc 直列4気筒DOHC16バルブMIVECガソリンエンジン
OM639型英語版 1,493cc 直列3気筒コモンレール式ディーゼルターボエンジン
M134型 999cc 直列3気筒DOHC12バルブMIVECガソリンエンジン
エンジン位置 フロント
駆動方式 前輪駆動
最大トルク 145 N・m
変速機 5速MT / 6速AT
全長 3,750 mm
全幅 1,685 mm
全高 1,450 mm
ホイールベース 2,500 mm
車両重量 1,030-1,050 kg
姉妹車 三菱・コルト
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示

2001年、フランクフルト国際自動車ショーに4人乗りのコンセプトモデル「smart tridion 4」を発表。2003年、同じくフランクフルト国際自動車ショーにて初公開された。

2004年4月からヨーロッパで、同年9月から日本での販売が開始された。コルトとはプラットフォームを共用し、フォーツーのリアエンジン・リアドライブ (RR) 方式と異なりフロントエンジン・フロントドライブ (FF) 方式を採用している。エンジンも、三菱とダイムラーが共同開発したモデルが採用されており、

  • 1,124cc 直列3気筒DOHC12バルブMIVECガソリンエンジン3A91型(ダイムラーの型式ではM134)
  • 1,332cc 直列4気筒DOHC16バルブMIVECガソリンエンジン4A90型(同M135)
  • 1,499cc 直列4気筒DOHC16バルブMIVECガソリンエンジン4A91型(同M135)
  • 1,493cc 直列3気筒DOHC直噴ディーゼルターボエンジンOM639型英語版

が採用されている[1]

バージョンに応じて、ESPABS(全モデルに標準装備)、14インチまたは15インチのアロイホイール、またはオプションの16インチホイール(ブラバスモデルでは17インチ)、セーフティセル、パノラマサンルーフ(またはオプションの電動サンルーフ)、高さ調節可能な運転席、照明付きグローブボックス、ラジオ/ CDプレーヤー、フォグランプ、フロントおよびサイドエアバッグ(すべてのモデルに標準装備)、アラーム、自動エアコン、電動フロントウィンドウ、およびオプションとして-多機能ステアリングホイール、シフトパドル、ヒーター付きフロントシート、ラウンジシート、電話キーパッド付きナビゲーションおよびカラーディスプレイ、または大型ディスプレイ付きDVDナビゲーション、CDチェンジャー、ウィンドウバッグ、レインセンサー、オートライト(視認性が悪い)、レザーパッケージが装備される[2]

生産はオランダボルンにあるVDLネッドカーにて生産された。

2005年に廉価モデルである 999cc 直列3気筒DOHC12バルブMIVECガソリンエンジン3A90型(ダイムラーの型式ではM134)搭載モデルも追加されたが、販売不振のため2006年に製造終了となった[3]

マーケティング[編集]

パンフレットにあった「ラウンジをコンセプトにデザインされている」というインテリアの質を確かめるべく、トップ・ギアのプレゼンターがフォーフォーの中で24時間過ごすという試みを行ったが、ライバルに比べて価格が高く、ドライビングダイナミクスが悪いため、車を購入しないと述べている。

フォーフォーブラバス(2005)[編集]

ブラバスがチューニングしたモデルで、エンジンを 1,468cc 直列4気筒MIVEC16バルブ・ターボチャージャー付きの4G15型(ダイムラーの型式ではM122)に置き換え、130kW(177馬力)のハイパフォーマンスを発揮した。

2代目 W453 (2014年-)[編集]

スマート・フォーフォー
W453
フロント
Smart Forfour 1.0 Edition 1 (W 453) – Frontansicht, 15. März 2015, Düsseldorf.jpg
リア
Smart Forfour 1.0 Edition 1 (W 453) – Heckansicht, 15. März 2015, Düsseldorf.jpg
製造国 スロベニアの旗 スロベニア
販売期間 2014年-
乗車定員 5名
ボディタイプ 5ドアハッチバック
エンジン M281 E09 LA 898cc 直列3気筒DOHCターボ
M281 E10 999cc 直列3気筒DOHC NA
変速機 5MT
6DCT
サスペンション 前:
マクファーソンストラット
後:
ド・ディオンアクスル
全長 3,495mm
全幅 1,640mm
全高 1,550mm
ホイールベース 2,490mm
姉妹車 スマート・フォーツー
ルノー・トゥインゴ
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示

2010年3月に結ばれたルノーとダイムラーとのパートナーシップにより誕生した「プロジェクト・エジソン」[4][5]に基づく共通プラットフォームを使用した最初のモデルとして、2014年のモンディアル・ド・ロトモビル(パリモーターショー)で公開後に発売を開始。3代目フォーツー及び3代目トゥインゴと共通のプラットフォームになり、スマートのモデルとしては、3ドア2シーターモデルを「フォーツー」、5ドア4シーターモデルを「フォーフォー」とすることにした。ルノーとダイムラーが開発費を等しく投資し、ルノーがエンジンを、ダイムラーがトランスミッションを担当した[6]。生産は基本コンポーネントを共用する3代目トゥインゴとともに、スロベニアのルノー・ノボメスト工場にて行われる。

フォーツーと同じく、「トリディオンセーフティセル」と呼ばれる高張力鋼製のモノコックフレームに交換可能なプラスチック製ボディパネルを組み合わせたボディとなり、初代モデルより一回り小さくなっている。駆動方式はフォーツー同様のリアエンジン・リアドライブ (RR) 方式となった(これに併せて、トゥインゴもRRレイアウトに変更されている)。

エンジンはルノー、ダイムラー(メルセデス・ベンツ)と、ルノーとのアライアンスを組む日産自動車の3社が共同開発した 999cc 直列3気筒DOHC自然吸気のM281 E10型英語版(ルノー型式:H4D、日産型式:HR10DE)と、898cc 直列3気筒DOHCターボのM281 E09 LA型(ルノー型式:H4Bt、日産型式:HR09DET)へとダウンサイジングされている。

リア

かつてメルセデスMLおよびGL SUVの開発に携わっていたチーフ開発エンジニアのマルクス・ライダー[7]によれば、トランスミッションはスマートフォーツーおよびフォーフォーはマニュアルトランスミッションまたはダブルクラッチが選択できるという[8]。乗り心地が向上し、ノイズアイソレーションも向上したという[9]

2016年には先代同様ブラバスのチューニングモデルが投入されている。エンジンそのものは898ccターボチャージャー付きモデルと同じだが、パワーが90馬力(66kW)から108馬力(79kw)にチューンナップされている。

スマート・フォージョイ・コンセプト(2013)[編集]

スマートフォージョイコンセプト

本モデルの登場に先駆けて2013年のフランクフルトオートショーで発表されたコンセプトモデル(ドア・ルーフ無し)[10][11]。フルアルミニウム製の「トリディオンセーフティセル」に一体化したLEDテールランプ、ガラスカバーなしのLEDヘッドランプ、U字型デイタイムランニングライト、側面のAピラー、リアルーフスポイラーにあるウィンドデフレクター、リアダーククロームシートなどが特徴となっている。パワートレーンはフォーツーで採用されたEVシステムが流用されている[12]

プラグインハイブリッド[編集]

リチウムテクノロジーコーポレーション[13]の提供するプラグインハイブリッドカーが存在する。最大84マイル/時(135km/h)で最大20マイル(32km)走行可能なリチウムイオン電池と、1.5L 直列3気筒ディーゼルターボエンジンを搭載する。"Ultra Low Carbon Car Challenge"プロジェクトによりエネルギーセービングトラスト英語版から表彰されている[14]

EQフォーフォー[編集]

ダイムラーは、第2世代モデルの一つとして、2015年モデルに電気自動車バージョンを追加することを明らかにした[15]。13.1 kWh / 100 kmの消費電力(合計)と160kmのNEDC範囲を備えた60kWの電気モーターを使用したモデルが投入されている。現在はメルセデスEQの一バージョン「EQフォーフォー」として扱われている。

2020年にガソリンエンジンを搭載したフォーフォーの販売を終了し、EQフォーフォーに一本化されると報じられている。

脚注[編集]

  1. ^ smart forfour: Technical data Archived 2010-03-26 at the Wayback Machine.
  2. ^ Smart Forfour, the prices 2005, Smart UK, (6 September 2005) 
  3. ^ [1]
  4. ^ Kable,Greg (30 March 2010). “Daimler, Renault are set to share vehicle platforms and engines”. Autoweek. http://autoweek.com/article/car-news/daimler-renault-are-set-share-vehicle-platforms-and-engines. 
  5. ^ “Daimler-Renault deal confirmed”. Autocar. http://www.autocar.co.uk/car-news/industry/daimler-renault-deal-confirmed 2014年10月2日閲覧。. 
  6. ^ Ducamp, Pauline (2014年9月4日). “Nouvelle Twingo : entre Renault et Daimler, qui fait quoi ?” [New Twingo: Renault and Daimler, who does what?] (French). L'Usine nouvelle. 2014年10月2日閲覧。
  7. ^ “AUTO UND TECHNIK: Das Kuckucksei (in German)”. Focus Magazine, March 17, 2014. http://www.focus.de/auto/ratgeber/zubehoer/auto-und-technik-das-kuckucksei_id_3691518.html 
  8. ^ “The Smart rehearsing the Snow Waltz (in German)”. Autobild, 3/17/2014. http://www.autobild.de/artikel/smart-fortwo-forfour-mitfahrt-5025816.html 
  9. ^ “Baptism by Fire in the Snow (in German)”. Automobil Revue, 21 March 2014, Thomas Geiger. オリジナルの2014年3月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140326033716/http://www.automobilrevue.ch/artikel/a/feuertaufe-im-schnee.html 
  10. ^ FourJoy reveals stats of Smart ForFour
  11. ^ Smart jumps Fourjoy in Germany
  12. ^ スマート・フォージョイ・コンセプト”. AUTOCAR JAPAN (2013年9月6日). 2020年10月30日閲覧。
  13. ^ Gaia: Gaia”. Gaia-akku.com. 2012年5月17日閲覧。
  14. ^ A plug-in Hybrid that can go 84”. Gadgetell.com (2006年12月12日). 2009年10月14日閲覧。
  15. ^ Mike Szostech. “Smart ForFour Electric Drive confirmed for 2015”. My Electric Car Forums. 2013年4月18日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

プレスキット: