スポックス・ビアード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
スポックス・ビアード
Spock's Beard
Spocksbeard2007.jpg
2007年撮影
基本情報
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ロサンゼルス
ジャンル プログレッシブ・ロック
活動期間 1992年 -
公式サイト 公式ウェブサイト
メンバー アラン・モーズ (ギター)
デイヴ・メロス (ベース)
奥本亮 (キーボード)
テッド・レオナルド(ボーカルギター)
旧メンバー ジョン・バラード
ニール・モーズ
ニック・デヴァージリオ
ジミー・キーガン

スポックス・ビアード(Spock's Beard)は、アメリカプログレッシブ・ロックバンド。

来歴[編集]

1992年ロサンゼルスアラン・モーズニール・モーズの兄弟により結成された。結成時のメンバーはモーズ兄弟、ニック・ディヴァージリオ、ジョン・バラード(ベース)。1993年にバラードが脱退後にデイヴ・メロスが参加した。1995年にデビューアルバム「The Light」を発表した。

1996年に奥本亮がキーボードで加入した。

2002年にコンセプト・アルバム「Snow」が発表された後、ボーカル兼キーボードのニール・モーズが脱退し、ドラムのニック・ディヴァージリオがリード・ボーカルを兼務した。ニールは敬虔なクリスチャンで、「ソロ活動せよ」との神の啓示を聞いたためだとしている。ライブ時のサポートメンバーとしてジミー・キーガンがドラムを担当した。

2011年にニックが脱退し、サポートメンバーだったドラマーのジミーが正式なメンバーとして参加し、ボーカルはテッド・レオナルドが務めることとなった。

2014年に東京と大阪で初の来日公演を実施した。

2015年に初のベストアルバム『The First Twenty Years』を発表。

2016年のモーズフェストで、現行メンバーにニールとニックが加わった形で「Snow」の完全再現ライヴが実現した。

2016年10月にジミーが脱退。後任をオーディションで探すが、いい人物が見つからず、ニックがゲストとして参加して新作『Noise Floor』をレコーディングした。

メンバー[編集]

元メンバー[編集]

ディスコグラフィー[編集]

  • The Light (1995)
  • Beware of Darkness (1996)
  • The Kindness of Strangers (1998)
  • Day for Night (1999)
  • V (2000)
  • Snow (2002)
  • Feel Euphoria (2003)
  • Octane (2005)
  • Spock's Beard (2006)
  • X (2010)
  • Brief Nocturnes and Dreamless Sleep (2013)
  • The Oblivion Particle (2015)
  • THE FIRST TWENTY YEARS (2015)
  • Noise Floor (2018)

外部リンク[編集]