スホーイ・スーパージェット100の墜落事故

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
スホーイ・スーパージェット100
デモフライト
SukhoiSuperjet 100-95 97004 Ramenskoye 2011-8-12.png
2011年8月に開催されたMAKS航空ショーで撮影された事故機
出来事の概要
日付 2012年5月9日
概要 パイロットエラーによるCFIT
現場

 インドネシア 西ジャワ州サラク山英語版

南緯6度42分34秒 東経106度44分07秒 / 南緯6.70944度 東経106.73528度 / -6.70944; 106.73528座標: 南緯6度42分34秒 東経106度44分07秒 / 南緯6.70944度 東経106.73528度 / -6.70944; 106.73528
乗客数 37
乗員数 8
負傷者数
(死者除く)
0
死者数 45(全員)
生存者数 0
機種 スホーイ・スーパージェット100-95B
運用者 ロシアの旗 スホーイ
機体記号 RA-97004
出発地  インドネシア
ハリム・ペルダナクスマ国際空港
目的地  インドネシア
ハリム・ペルダナクスマ国際空港
テンプレートを表示

スホーイ・スーパージェット100の墜落事故(スホーイ・スーパージェット100のついらくじこ)とは、2012年5月9日にデモフライトを行っていたスホーイ・スーパージェット100(SSJ-100)が西ジャワ州ボゴールのサラク山に墜落した事故である。乗員乗客45名全員が死亡した。この機体には、各国の主要航空会社の代表者やスホーイ社の社員も搭乗していた[1][2][3][4]

その後の調査により、機長を含む操縦士全員が飛行する地域の地形を理解しておらず、対地接近警報装置を無視した挙句に警報システムの誤作動だと考えたことが事故原因だと結論付けられた[5]。さらに、ボイスレコーダーの解析により操縦士が当時コックピットにいた見込み客との会話に夢中になっていたことも明らかとなった[6]

概要[編集]

事故機[編集]

墜落の2日前にネピドー国際空港で撮影された事故機

スホーイ・スーパージェット100は1991年にソ連が崩壊して以来、ロシアが初めて製造した民間旅客機だった[9]

搭乗者[編集]

国籍 乗客 乗員 合計
インドネシアの旗 インドネシア 35 - 35
ロシアの旗 ロシア - 8 8[10]
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 1 - 1[11]
フランスの旗 フランス 1 - 1[12]
合計 37 8 45[10]
  • 機長:アレクサンダー・ヤブロンツェフ (57) - 2003年11月1日から8年6ヶ月勤務したスホーイのチーフテストパイロットツポレフヤコヴレフボーイングエアバスも操縦していた。2011年8月25日よりSSJ-100の機長となり、総飛行時間は10,347時間、その内SSJ-100は1,348時間[13]
  • 副操縦士:アレクサンダー・コチェットコフ (44) - 2010年1月22日から2年3ヶ月勤務したスホーイのテストパイロット。2011年6月15日よりSSJ-100の副操縦士となり、総飛行時間は3,318時間、その内SSJ-100は625時間[13]
  • ナビゲーター:オレグ・シベツォーフ (51) - 2006年4月19日から6年1ヶ月勤務したスホーイのテストパイロット。2011年7月6日にSSJ-100のナビゲーターとなり、総飛行時間は3,533時間、その内SSJ-100は485時間[13]
  • フライトエンジニア:デニス・ラキモフ (34)[13]

デモフライト[編集]

事故が起きた日のデモフライトは、カザフスタンミャンマーパキスタンインドネシアラオスベトナムの六ヵ国を周るアジアツアーの一環で、インドネシアを訪問した後は、ラオスとベトナムに向かう予定だった[14]。事故発生時、スホーイ社は世界中で170機を販売、内42機はインドネシアへ販売する予定だった。そのためスホーイ社は、およそ1000機近くのスーパージェットを製造しようと考えていた[15]

サラク山[編集]

ボゴール方面から見たサラク山

サラク山には以前から航空事故が後を絶たず、2002年から2012年までの10年間で7回事故が起きていた。SSJ-100が墜落する少し前にも訓練機が墜落し3人が死亡。2008年にはインドネシア空軍機が墜落し18人が死亡。2004年6月に5人、2004年4月に2人、2003年10月に7人、2002年10月に1人が墜落事故で死亡している[16][17]

ジャカルタ・ポスト英語版は墜落事故の多さから「飛行機の墓地(an airplane graveyard)」と呼んでおり[17]、山岳地帯の乱気流と急激に変化する気象条件は、サラク山で起きる多くの墜落事故の原因となっている[17]


墜落[編集]

スホーイ・スーパージェット100の墜落事故の位置(インドネシア内)
スホーイ・スーパージェット100の墜落事故
事故現場

現地時間14時00分 (7時00分UTC)[18]、SSJ-100はハリム・ペルダナクスマ国際空港を離陸し、出発空港に戻るところだった[8][19]。デモフライトはこの日2度目で[20]、乗員6名とスホーイの代表者2名、乗客37名が搭乗していた[8]。乗客の多くはアヴィアスター英語版バタビア航空ペリタ・エア英語版スリウィジャヤ航空から来た代表者だった[21]。14時21分 (7時21分UTC)、パイロットは10,000フィート (3,000 m)から6,000フィート (1,800 m)に降下することをリクエスト。理由は不明だったが管制官は許可を出した。しかしこれが管制官にとって最後の交信となった[8]

アビエーション・ヘラルド英語版のサイモン・フラデツキー氏は次のように報告している[8]

航空管制官は英語での交信の際、特に言語上の問題はなかったと報告しています。パイロットが右旋回と降下をリクエストしたときはボゴール上空、サラク山の山頂から北東に13海里 (24 km)の地点でした。リクエストを拒否する理由もないため、管制官は許可を出したが、その後航空機からの応答はありませんでした。右旋回後の方位210°のままサラク山に墜落したのかは不明ですが、ブラックボックスが航空機の辿った道のりを説明してくれることを望みます。またすでにフライトプラン、レーダーデータ、ATC記録、管制官へのインタビューの写しを含む全てのデータは、インドネシア国家運輸安全委員会 (NTSC)に引き渡しています。

5月10日 9時00分 (2時00分)、サラク山でスホーイ・スーパージェット100の残骸を発見[2]。機体は墜落直前、ジャカルタに向かって山を時計回りに飛行していたことが分かった[8][22]。予備調査報告書では機体は6,270フィート (1,910 m)の高さの崖に激突した後、5,200フィート (1,600 m)の地点まで斜面を滑り落ちたと報告され、その日の夜になっても救助隊は墜落現場に辿り着くことができなかった[8]

事故調査[編集]

事故翌日、ドミートリー・メドヴェージェフ首相は事故調査のため、ロシア産業貿易省のユリーイ・スルーザー率いる事故調査委員会を発足させた[23]。インドネシア国家運輸安全委員会 (NTSC)によると墜落原因特定には最大でも12ヶ月かかるとされた[24]。2012年5月12日、機体尾翼部から約200mの地点でコックピットボイスレコーダーが発見され[25]、同年5月31日には、フライトデータレコーダーが発見された[26]

最終報告書は2012年12月18日に発表され、事故に繋がったとされる原因は全てヒューマンエラーによるものだと結論付けられた。詳細は以下の通り[27]

  • 航空機の対地接近警報装置システムは正常に機能しており、墜落直前にも操縦士らに警告を発していた。しかし、厚い雲で覆われて視界を遮られているのにも関わらず警報は誤作動だと考え、警報システムをオフにしたこと[5]
  • コックピット内にいた顧客との会話で注意散漫になり、機体が危険な状態に陥っていることに気が付かなかったこと[6][28]
  • 管制官が持っていたストリップには事故機がスホーイ社の軍用機を示すSu-30と登録されており、SSJ-100が旅客機ではなく軍用機だと誤解するようなラベルが付けられていた。SSJ-100の飛行経路上には軍の飛行訓練空域があり、管制官はそこに向かっていると考えた。それにより、管制官はSSJ-100に6,000フィートへの降下許可を出してしまい、本来なら旅客機が飛行するはずのない低高度で飛行してしまったこと[27][29]
  • 操縦士らが行う飛行前のブリーフィングで地上職員からボゴール周辺の地形に関することが議論されなかったこと[27][30]
  • 操縦士らが持っていた航空チャートにはボゴール周辺の地形が詳しく載っておらず、墜落現場となったサラク山も記載がなかったこと[27][31]

映像化[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “Russia's Sukhoi SuperJet-100 goes off radars in Jakarta, hijacking not ruled out”. RT (RT.com). (2012年5月9日). http://rt.com/news/sukhoi-superjet-disappears-radar-838/ 2012年5月11日閲覧。 
  2. ^ a b “'No sign of survivors' at Sukhoi SuperJet-100 wreck site”. RT (RT.com). (2012年5月10日). http://rt.com/news/russian-plane-missing-indonesia-877/ 2012年5月10日閲覧。 
  3. ^ Karlis Salna (2012年5月10日). “No survivors in Indonesia plane crash”. 9 News. オリジナル2012年7月19日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120719015952/http://news.ninemsn.com.au/world/8465016/jet-with-50-aboard-missing-in-indonesia 2012年5月10日閲覧。 
  4. ^ “Relatives of Superjet Crash Victims Observe Recovered Bodies”. RIA Novosti (En.rian.ru). (2012年5月12日). http://en.rian.ru/world/20120512/173408688.html 2012年5月12日閲覧。 
  5. ^ a b Brotak, Ed (2015年7月27日). “What You Don’t See”. Flight Safety Foundation. 2018年5月7日閲覧。 “Six “AVOID TERRAIN” warnings followed. The pilots apparently looked out and saw only clouds. They were not aware of any mountainous terrain and so turned off the TAWS.”
  6. ^ a b Niles, Russ (2012年12月18日). “Superjet Pilots Blamed For Indonesia Crash”. AVweb. http://www.avweb.com/avwebbiz/news/SuperJet_Pilots_Blamed_207862-1.html 2012年12月20日閲覧。 
  7. ^ Aircraft registry Sukhoi Superjet 100. RussianPlanes.net (Russian)
  8. ^ a b c d e f g Hradecky, Simon (2012年5月9日). “Crash: Sukhoi SU95 over Indonesia on May 9th 2012, aircraft impacted mountain”. The Aviation Herald (Avherald.com). http://avherald.com/h?article=44f464f7 2012年5月10日閲覧。 
  9. ^ Russian Sukhoi SuperJet-100 missing on test flight in Indonesia. RT.. (2012年5月9日). 該当時間: 6:07–6:14. https://www.youtube.com/watch?v=JspiKXDyats 2012年5月10日閲覧。 
  10. ^ a b “Latest List Shows 45 People Aboard Crashed Sukhoi Jet”. The Jakarta Globe (TheJakartalobe.com). (2012年5月10日). オリジナル2012年5月14日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120514041947/http://www.thejakartaglobe.com/news/latest-list-shows-45-people-aboard-crashed-sukhoi-jet/517108 2012年5月10日閲覧。 
  11. ^ “Sriwijaya Air: Peter Adler Bukan Karyawan, Hanya Konsultan”. Detik News (Detik.com). (2012年5月10日). http://news.detik.com/read/2012/05/09/191840/1913416/10/sriwijaya-air-peter-adler-bukan-karyawan-hanya-konsultan?9922022 2012年5月10日閲覧。 
  12. ^ Rondonuwu, Olivia (2012年5月11日). “No survivors found after Russian plane crashes in Indonesia”. Reuters. Reuters.com. 2012年5月11日閲覧。
  13. ^ a b c d Члены экипажа самолёта Sukhoi Superjet-100”. РИА Новости. 2012年9月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年5月9日閲覧。
  14. ^ Johanson, Mark (2012年5月9日). “Sukhoi SuperJet 100 Vanishes Over Indonesia Carrying Russia's Aviation Hopes”. International Business Times (IBTimes.com). http://www.ibtimes.com/articles/339123/20120509/sukhoi-superjet-100-russia-aviation-industry.htm?page=2 2012年5月10日閲覧。 
  15. ^ “Indonesians find wreckage of missing Russian plane”. The Sydney Morning Herald. (2012年5月10日). http://www.smh.com.au/world/indonesians-find-wreckage-of-missing-russian-plane-20120510-1ydw4.html 2012年5月10日閲覧。 
  16. ^ Shirokov, Andrey (2012年5月10日) (Russian). Information Telegraph Agency of Russia. Itar-tass.com. http://www.itar-tass.com/c359/413851.html+2012年5月13日閲覧。 
  17. ^ a b c Mt. Salak: An airplane graveyard Archived 12 May 2012 at the Wayback Machine. thejakartapost.com
  18. ^ “Russian passenger jet reported missing in Indonesia”. BBC News (BBC). (2012年5月9日). https://www.bbc.co.uk/news/world-asia-18004097 2012年5月9日閲覧。 
  19. ^ “Human error, technical failure or weather conditions behind SuperJet-100 crash – experts”. RT (RT.com). (2012年5月10日). http://rt.com/news/superjet-human-error-experts-933/ 2012年5月10日閲覧。 
  20. ^ “Russian plane missing in Indonesia”. CNN (CNN.com). (2012年5月10日). http://edition.cnn.com/2012/05/09/world/asia/indonesia-plane/index.html?hpt=hp_t1 2012年5月10日閲覧。 
  21. ^ 97004 Accident description”. Aviation Safety Network. 2012年5月9日閲覧。
  22. ^ “Indonesia searchers find missing Russia jet wreckage”. BBC News (BBC). (2012年5月10日). https://www.bbc.co.uk/news/world-asia-18015534 2012年5月10日閲覧。 
  23. ^ “Medvedev Sets up Commission to Investigate Superjet Incident”. RIA Novosti (En.rian.ru). (2012年5月10日). http://en.rian.ru/russia/20120510/173346629.html 2012年5月10日閲覧。 
  24. ^ “Расследование причин катастрофы Sukhoi Superjet-100 займет до года” (Russian). Lenta.ru. (2012年5月11日). http://lenta.ru/news/2012/05/11/invest/ 2012年5月10日閲覧。 
  25. ^ Kotarumalos, Ali (2012年5月16日). “Damaged black box key to Russian jet crash mystery”. Associated Press. Christian Science Monitor. http://www.csmonitor.com/World/Latest-News-Wires/2012/0516/Damaged-black-box-key-to-Russian-jet-crash-mystery 2012年5月16日閲覧。 
  26. ^ “Найден параметрический регистратор разбившегося SSJ-100 в Индонезии” (Russian). RIA Novosti. (2012年5月31日). http://ria.ru/inquest/20120531/661170872.html 2012年5月31日閲覧。 
  27. ^ a b c d NTSC Final Aircraft Accident Investigation Report, Sukhoi Civil Aircraft Company, Sukhoi RRJ–95B; 97004”. 2013年1月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年1月23日閲覧。
  28. ^ Indonesia blames pilot, radar for Russian Sukhoi crash”. Reuters (2012年12月18日). 2013年1月7日閲覧。
  29. ^ 最終報告書P,39「Flight Plannning and Coordination」
  30. ^ 最終報告書P,47「Pilot Situation Awareness」
  31. ^ 最終報告書P,ix「INTRODUCTION」,P.47「Pilot Situation Awareness」

参考文献[編集]

外部リンク[編集]