スペースガンダムV

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
スペースガンダムV
各種表記
ハングル 스페이스 간담브이
스페이스 간담V
漢字 -
発音 スペイスガンダムブイ
英語 Space Gundam V
テンプレートを表示

スペースガンダムV스페이스 간담브이스페이스 간담V、Space Gundam V)は、1983年7月大韓民国で公開された劇場用ロボットアニメ。監督は金青基(キム・チョンギ)。タイトルに「ガンダム」と入ってはいるが、日本のロボットアニメガンダムシリーズとは全く関係なく、主人公ロボットのデザインは超時空要塞マクロスに登場するVF-1Jバルキリーに、また同ロボットの登場シーンは勇者ライディーンに酷似しているとされる。[1]

なお、同作品のDVDソフトが韓国国内においてリリースされている[2]

制作までの背景[編集]

1998年金大中大統領に就任するまで、韓国国内への日本文化(映画書籍漫画音楽など)の持ち込みは厳しく規制されており、日本のアニメ制作会社や玩具メーカーなどの正当な権利者(版権者)であれ、自社の作品やグッズを直接持ち込むことはできなかった。

そのような時期、韓国の玩具メーカー「Joons」がタカトクトイスの可変式VF-1J(1/55スケール)の生産ライセンスを取得。玩具の販促を図るため、同ロボットを主人公にした韓国国内向けのアニメーションが製作されることになった。[3]

特徴[編集]

超時空要塞マクロスに登場するVF-1Jバルキリーは純粋な兵器、いわゆる「リアルロボット」として描かれているが、スペースガンダムVは神秘的な力を持つ、「スーパーロボット」として描かれている。また、敵方キャラクターとして巨大化したネズミや羽を持った悪魔などが登場する。

関連項目[編集]

脚注[編集]