スペクトラム (バンド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
スペクトラム
(SPECTRUM)
出身地 日本の旗 日本
ジャンル ブラス・ロックフュージョン
活動期間 1979年 - 1981年
レーベル ビクター音楽産業
事務所 アミューズ
メンバー 新田一郎 Tp. Vo.
兼崎順一 Tp.
吉田俊之 Tb.
渡辺直樹 B. Vo.
西慎嗣 G. Vo.
奥慶一 Key.
岡本郭男 Dr.
今野拓郎 Per.(1980年 - 1981年)
旧メンバー 菅原由紀 Per.(1979年 - 1980年)

スペクトラム(SPECTRUM)は、1979年から1981年まで活動した日本のブラス・ロックバンド、ジャズ・フュージョン・グループ。デビューから解散までアミューズに所属していた。

概要[編集]

  • 伊丹幸雄バックバンド「ロックンロールサーカス」、次にあいざき進也のバックバンド「ビート・オブ・パワー」と経て、キャンディーズのバックバンドとなった「MMP(ミュージック・メイツ・プレイヤーズ)」。そのMMP出身の大半のメンバーと、一足先にMMPを抜けたメンバーが作っていたホーンセクショングループ「ホーン・スペクトラム」の一部とが再集結する形で1979年に結成。同年8月25日にデビュー。同時に『24時間テレビ 「愛は地球を救う」』に出演した。
  • トランペット奏者の新田一郎が中心になって結成されたバンドであり、全編にブラスの音が鳴り響く力強いファンク・サウンドと、新田のファルセットボーカル[1]、ギタリスト西慎嗣のロック系ボーカル、ベーシスト渡辺直樹AOR系ボーカルの3人のボーカルが大きな特徴である。
  • 1stアルバム『SPECTRUM』や2ndシングル「IN THE SPACE」[2]により、当初は吹奏楽に携わる若者や洋楽ファンを中心に、徐々にその存在が知れ渡っていった。コンスタントなライブ活動を続けながら、2ndアルバム『OPTICAL SUNRISE』や3rdアルバム『TIME BREAK』を制作。
  • その一方で、古代ギリシャの戦士を思わせる甲冑や北欧のバイキングをイメージした被りもの付きの派手なコスチュームを着用し、ギター、ベース、トランペット X 2、トロンボーンの5人が最前列に一列に並び、演奏しながら振り付けを合わせて踊るパフォーマンスのインパクトが強く、またメンバーの冗談好きもあって「色物系バンド」と誤解されることもあった。
  • 複雑に絡み合う16ビートのリズムや高度且つ派手なブラスアレンジから「EW&Fもどき」などという批判も起きたが、実際はシカゴブレッカー・ブラザーズクール&ザ・ギャングの影響の方が大きいとみられ、特にリーダーの新田は「シカゴの1stアルバム1曲目である『イントロダクション』を聞いて人生が変わった」とラジオ番組で発言していた。
  • 4thシングル「SUNRISE」は、スタン・ハンセンのテーマとして有名であり[3]、いまだに着メロ等の配信がある。
  • 1981年9月22日武道館ライブを最後に解散。

解散後[編集]

  • 新田はソロ活動(兼崎がサポート)と作家活動と「ホーン・スペクトラム」としてのスタジオワークス(後に芸能プロダクション経営)、渡辺・岡本はAB'Sを結成(2003年再結成)するなど、活躍の場を広げた。吉田はJVCケンウッド・ビクターエンタテインメント青山スタジオのレコーディング・エンジニアに転身した。奥は作・編曲家として、現在に至るまでアニメーション作品を始め、多数の楽曲を発表している。
  • 1991年にオリジナルアルバム全6タイトルがCD化、メンバー自身(特に吉田)が作ったリミックス盤も発売された。
  • 過去何度か再結成の噂が流れたが、解散後全メンバーが揃って公の場に現れた事は一度も無いこと[4]、リーダーだった新田がプレイヤーとしての活動を停止し芸能プロダクションの経営に専念していたことなどから、実際、再結成は困難と見られている。[独自研究?]
  • トロンボーン奏者だった吉田は2006年頃からプレイヤーとしてのライブ活動を再開し、同年12月よりアマチュアミュージシャンを対象とした「"Brass Rock Spirits" Clinic for Rock & Funk Horns」という講習会を企画してスペクトラムの楽曲を実際に指導し、後進の育成にも乗り出している。さらに2007年より「Sax & Brass Magazine」にて連載も開始している。スペクトラムファンおよび元メンバーとの交流に最も熱心な存在となっている。
  • 2006年9月22日、元メンバーの吉田、西、岡本、今野の4人がそのトリビュート・ライブにサプライズ・ゲストとして参加した(のちに元メンバーの吉田、岡本が参加するブラス・ロックバンド「BLUFF」の結成のきっかけになったとされている)。
  • 2009年8月23日、ファンの有志が企画した「デビュー30周年記念祭」というイベントが実施された。
  • 2010年5月9日、兼崎の還暦記念ライブが行われ、元メンバーの吉田、西、岡本、今野、渡辺が参加。スペクトラム時代のナンバーも披露した。
  • 2013年5月28日発売の『サックス&ブラス・マガジン vol.27』(リットーミュージック)において、スペクトラム特集が組まれた。新田、兼崎、吉田の3人のインタビュー記事、使用楽器紹介、ディスコグラフィ、ホーン・アレンジ&奏法分析、セッション参加作品選などの紹介。「トマト・イッパツ」「モーション」「サンライズ」のホーン譜の解説を、スペクター3号・吉田と現在共にブラスロックバンド・“BLUFF”で活躍する松木隆裕が寄稿している[5]
  • バンドが解散して30年以上経っているが、現在でも熱烈なファンが多く、解散記念日である9月22日にはスペクトラムのラスト・ライブの会場であった日本武道館に、毎年全国各地からファンが“お参り”にやって来ていると言う[要出典]
  • それに合わせて、毎年9月22日にはプロのミュージシャンによるトリビュート・ライブが都内で行われている。
2017年9月22日、元メンバーの吉田、岡本が現在所属している“BLUFF”が『BLUFF plays SPECTRUM』と銘打ち、全編スペクトラムの楽曲で構成したライブを新宿BLAZEで行った。BLUFF発足時に参加していた今野多久郎も全曲参加。また、スペシャルゲストに兼崎順一、西慎嗣を迎えて往年の楽曲の数々を演奏した[6][7]

エピソード[編集]

  • スペクトラム解散直前に発表された事実上のラスト・アルバム、『SPECTRUM BRASSBAND CLUB』(1981年)の企画書は、現在は桃太郎電鉄などを手掛けたゲームライターとしての顔が知られるさくまあきらが「綾狩一郎」名義で書いたもの。さくまは作詞の依頼を受けた際にスペクトラムをコミックバンドだと聞いていたため、ギャグ要素を盛り込んだ内容の歌詞を持ち込んだ[8]
    今までのアルバム制作とあまりにも違う突飛なコンセプト内容に拒絶する者とあくまで企画アルバムとしてなら、との意見に分かれた。会議が紛糾した挙句、当時のディレクターによってその場でバンド解散命令が出された。そのため、メンバー全員がスタジオに詰め、楽曲作成してきた過去4作と異なり5作目の本作は、メンバーが個別にスタジオに入り、パートごとに各トラックを録音して製作された。ちなみに翌82年にさくまは新田から楽曲提供を受けてレコードデビューしている[9]

メンバー[編集]

今野は解散後、河内淳一らと共にスタジオバンド「STR!X」に在籍。更に桑田佳祐原由子のサポートメンバーとしても2000年頃まで長きに亘り活動。KUWATA BANDではリーダーを務める。また、いかすバンド天国プロデューサー・審査員としても知られる。
今野が参加するまでパーカッションは、MMPのメンバーでもあった菅原由紀がサポートしていた。

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

トマト・イッパツ(作詞:宮下康仁 作曲・編曲:スペクトラム) 1979年8月25日発売
B面:ロリータ(作詞:宮下康仁 作曲・編曲:スペクトラム)
イン・ザ・スペース(作詞:宮下康仁 作曲・編曲:スペクトラム) 1979年11月1日発売
B面:アクトショー(Live Version)(作詞:宮下康仁 作曲・編曲:スペクトラム)
F・L・Y(作詞:Mabo 作曲・編曲:スペクトラム) 1980年3月5日発売
B面:ミーチャン Going to the Hoikuen(作曲・編曲:スペクトラム)
SUNRISE(作詞:山川啓介 作曲・編曲:スペクトラム) 1980年6月5日発売
B面:SONG(作詞:宮下康仁 作曲・編曲:スペクトラム)
夜明け(アルバ)(作詞:近田春夫、スペクトラム 作曲・編曲:スペクトラム)
セイコー「ALBA」CMソング
1980年11月21日発売
B面:やすらぎ(Love For You)(作曲・編曲:スペクトラム)
Night Night Knight(作詞:巻上公一 作曲:渡辺直樹 編曲:スペクトラム) 1981年6月21日発売
B面:Paradise(作詞:スペクトラム 作曲:奥慶一 編曲:スペクトラム)
In The Space (Super Remix Version)(作詞:宮下康仁 作曲・編曲:スペクトラム) 1991年1月21日発売
cw:Act-Show (Super Remix Version)(作詞:宮下康仁 作曲・編曲:スペクトラム)

アルバム[編集]

ベスト・アルバム[編集]

DVD[編集]

SPECTRUM LIVE AT BUDOUKAN Sep. 22, 1981「NEVER CAN SAY GOOD-BYE」 2003年3月26日発売
1.Never Can Say Good-Bye[10] 2.His Native Place(故郷) 3.サンバ・イン・F 4.メモリー 5.His Native Place(故郷) 6.Longing(思慕) 7.サンバ・イン・F 8.MOTION 9.FIRST WAVE 10.おてもやん 11.QUESTION '81 & '82 12.ROCK'N'ROLL CIRCUS(挿入曲:ピンクパンサーのテーマ) 13.ACT SHOW 14.NIGHT NIGHT KNIGHT 15.IN THE SPACE 16.TOMATO IPPATSU 17.SUNRISE 18.青春とはなんなんだ!
SPECTRUM LIVE TIME BREAK LIVE AT SHIBUYA KOUKAIDOU-SPECTRUM 2004- 2004年1月21日発売
1.MOTION 2.IN THE SPACE 3.侍's 4.ACT SHOW 5.SUNRISE 6.夜明け(アルバ) 7.LYRISCHE SUIT "RESPITE OF A SOLDIER" 抒情組曲"戦士の休息"より REMINISCENCE(回想) 8.LOVE(愛) 9.AN ILLUSION(幻夢) 10.AWAKENING(目覚め) 11.INTERVIEW-1 12.IN THE SPACE(PV) 13.INTERVIEW-2 14.ACTSHOW(PV) 15.INTERVIEW-3 16.トマトイッパツ(PV)

DVD + CD[編集]

SPECTRUM LIVE / TIME BREAK + STUDIO LIVE 1979 2016年3月30日発売(タワーレコード限定[11]
【DVD】SPECTRUM LIVE / TIME BREAK ((1)-(6)LIVE AT 渋谷公会堂〈TIME BREAK TOUR〉(1980)より)
1.MOTION 2.IN THE SPACE 3.侍's 4.ACT SHOW 5.SUNRISE 6.夜明け(アルバ) 7.LYRISCHE SUITE"RESPITE OF A SOLDIER"抒情組曲"戦士の休息"より REMINISCENCE(回想)8.LOVE(愛)〜HIS NATIVE PLACE(故郷) LONGING(思夢) CHILDREN(子供たち) GOD(神) 9.AN ILLUSION(幻夢) 10.AWAKENING(目覚め) 11.INTERVIEW-1 新田一郎 + 大伴良則 12.IN THE SPACE(プロモーション・ビデオ) 13.INTERVIEW-2 新田一郎 + 大伴良則 14. ACT SHOW(プロモーション・ビデオ) 15.INTERVIEW-3 新田一郎 + 大伴良則 16.トマトイッパツ(プロモーション・ビデオ) 17.SUNRISE

【CD】STUDIO LIVE 1979 1979年09月12日ビクタースタジオにおけるライブ録音
1.ACT SHOW(Live)(2016 MIX) 2.トマトイッパツ 3.ロリータ 4.オリジナル侍'S 5.ACT SHOW(ロング・ヴァージョン)

その他[編集]

脚注[編集]

  1. ^ アルバムSPECTRUM FINAL』には「アグネス・チャンみたいな声」と書かれている。
  2. ^ テクニクスのコンポーネントステレオ「SPACE-7」のCMソング。
  3. ^ 実際に会場で使用されたのは、ケニー・ロジャース「君に夢中」との合体版。
  4. ^ ただし、メンバーのうち数人が公の場で顔を合わせた場面は何度もある。
  5. ^ サックス&ブラス・マガジン最新号のご紹介”. サックス&ブラス・マガジン (2013年5月30日). 2017年8月20日閲覧。
  6. ^ LIVE情報”. BLUFF Official Website. 2017年8月20日閲覧。
  7. ^ 松木隆裕Twitter 2017年9月23日付
  8. ^ 2012年9月22日、さくまはその件についてツイッターで「言われるままにギャグ・アルバムを書いただけ」と述べている。
  9. ^ 「燃えよ!フトリッパー」。『Dr.スランプ』でもネタとして使われている。
  10. ^ 実際に使用されているのは「Second Navigation」である。
  11. ^ 伝説のブラスロックバンド・スペクトラム、初メディア化の発掘音源含むDVD+CD発売”. 音楽ナタリー (2016年3月30日). 2016年4月3日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

(※新田・渡辺についてはそれぞれの項目参照のこと)