スベトラーナ・グンダレンコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
スヴェトラーナ・グンダレンコ
基本情報
国籍 ロシアの旗 ロシア
生年月日 (1969-06-23) 1969年6月23日(49歳)
出身地 ロシアの旗 ロシア
チェリャビンスク州チェリャビンスク
身長 192cm
体重 150kg
バックボーン 柔道
テンプレートを表示
獲得メダル
ロシアの旗 ロシア
女子 柔道
世界柔道選手権
1993 ハミルトン 72kg超級

スベトラーナ・アロノヴナ・グンダレンコロシア語: Светлана Ароновна Гундаренко: Svetlana Aronovna Gundarenko1969年6月23日 - )は、ロシアチェリャビンスク出身の総合格闘家柔道家プロレスラー。階級は72kg超級。身長192cm[1]

来歴[編集]

1989年の世界選手権72kg超級にはソビエト連邦代表で出場して5位になった。1992年にはヨーロッパ選手権で優勝するが、バルセロナオリンピックではEUN代表で出場して、準々決勝でフランスのナタリナ・ルピノ大内刈で敗れると、敗者復活戦でもポーランドのベアタ・マクシモフに効果で敗れて7位に終わった[1]。1993年からはロシア代表として世界選手権に出場すると、72kg超級では3位となったが、無差別は5位にとどまった。1994年には地元のロシア国際で優勝を飾った。1995年にはヨーロッパ選手権で2度目の優勝を遂げるが、世界選手権では5位だった。1996年にはロシア国際で2度目の優勝を果たすが、アトランタオリンピックでは準決勝で中国の孫福明に技ありで敗れると、3位決定戦でもフランスのクリスティーヌ・シコ一本背負投で敗れて5位に終わり、メダルを獲得することが出来なかった[1]。1999年の世界選手権無差別では5位だった。引退後はパブを開いたり、大柄な女性向けのファッションショーにも出演した。また、リトアニア人と結婚した。現在は柔道のコーチを務めている[2]

また、柔道で活躍する一方で、1991年から「グンダレンコ・テレチコワ」の名前でプロレス団体FMWに来日。工藤めぐみらと異種格闘技戦と銘打ったプロレスの試合を行った。

1995年、日本では女子初の総合格闘技L-1に参加。決勝で神取忍を破り、優勝した。

戦績[編集]

柔道[編集]

72kg超級での戦績

総合格闘技[編集]

総合格闘技 戦績
8 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
6 0 5 1 0 0 0
2 0 1 1 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
八木淳子 5分3R終了 判定6-0 ReMix GOLDEN GATE 2001 2001年5月3日
× 藪下めぐみ 5分2R終了 判定0-3 ReMix WORLD CUP 2000【準決勝】 2000年12月5日
エリン・トーヒル 1R 2:47 袈裟固め ReMix WORLD CUP 2000【準々決勝】 2000年12月5日
井上京子 1R 3:28 チョークスリーパー ReMix WORLD CUP 2000【1回戦】 2000年12月5日
× 神取忍 1R 4:08 フロントチョーク LLPW: ULTIMATE CHALLENGE '98 L-1 1998年10月10日
神取忍 1R 5:55 ネックロック LLPW: ULTIMATE CHALLENGE L-1【決勝】 1995年7月18日
堀田祐美子 1R 1:17 ネックロック LLPW: ULTIMATE CHALLENGE L-1【準決勝】 1995年7月18日
ミッシェル・アボロ 1R 0:56 ネックロック LLPW: ULTIMATE CHALLENGE L-1【1回戦】 1995年7月18日

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]