スフィンゴモナス属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
スフィンゴモナス属
分類
ドメ
イン
: 真正細菌 Bacteria
: プロテオバクテリア門
Proteobacteria
: αプロテオバクテリア綱
Alpha Proteobacteria
: スフィンゴモナス目 Sphingomonadales
: スフィンゴモナス科 Sphingomonadaceae
: スフィンゴモナス属 Sphingomonas
学名
Sphingomonas
薮内英子ら, 1990
下位分類(種)
  • R.アグレガツム
  • R.セルロシリティカム
  • R.レグミノサルム

スフィンゴモナス属グラム陰性の非芽胞形成好気性桿菌。スフィンゴモナス科に属し、その基準属である。基準種はスフィンゴモナス・パウシモビリス。属名は細胞壁を構成するスフィンゴ脂質に因む。GC比は59から64。

水中や土壌に生息する。かつてはシュードモナス属に分類されていたが、細胞壁リポ多糖ではなくスフィンゴ脂質でできていることから細分類されて本属ができた。その後系統分析によりスフィンゴビウム属ノボスフィンゴビウム属スフィンゴピクシス属が分離した。スフィンゴ脂質の生産のために産業用に培養されるほか、バイオレメディエーションへの利用が研究されている。